台湾自転車旅 - 道路事情 - 

2018年05月19日

台湾の道路は島を一周していて、街の中も郊外もバイク・自転車走行レーンがセパレートされているのでとても走りやすい。

右側通行なので街の中の左折は横断歩道を使って直進し、右側レーンで向かいの信号が青になるのを待つ。

バイクは横断歩道は使わないが基本的に同じ動きなので一緒に流れに乗ることが多かった。というよりも、バイク、スクーターの数が凄いのでその中に取り込まれてしまう。

最初は怖くて戸惑ったが直ぐに慣れてしまった。彼らは運転が上手いので危険を感じたことは無かった。

郊外はバイクの数も減るので"貸し切り"だった。だだ、街の中から出る時に高速道とバイクの走れない一般道に入り込まないよう注意しなくてはならない。

兎に角バイク、スクーターについて行くと間違わないで済む。所謂サイクリング道路というものは無かったが、国中の道路がサイクリングロードで羨ましい限りだった。

IMG_20180407_175539.jpg

      街中のバイク軍団  台南市内


IMG_20180408_124920.jpg

    広々としたバイク・自転車専用道  高雄→墾丁国立公園

IMG_20180404_135844.jpg   自転車の絵が描かれているところも・・ 嘉義市郊外 

IMG_20180404_093354.jpg  自転車をそのまま積める台湾鉄道普通列車 台中市→嘉義市

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9378

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)