環島たより -4-

2018年04月06日
台湾の最高峰「玉山」(3,982m)から延びる支脈を『阿里山』と言うのは、 大雪山と同じく総称であってそのような名前の山は無い。 スイッチバッグ式の山岳鉄道は路線補修で3ヶ月間運転休止のため、 嘉義駅から2時間ほどバスで揺られて標高1,200mほどのところにある森林鉄道 阿里山駅に着き、そこから森林鉄道で「神木駅」まで行って太古 が眠るような林を散策した。満員のバスには地元の登山客も。ここにも日本人は自分ひとり。 普段の群れから離れた気分で樹齢2000年の檜群に取り込まれていた。 IMG_20180405_104954.jpg IMG_20180405_115233.jpg IMG_20180405_101830.jpg IMG_20180405_110301.jpg

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9245

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)