不可思議な"方針"

2018年03月12日

森友学園への国有地払い下げを担当していた近畿財務局の方が自殺するという痛ましいことが起きてしまった。慎んで哀悼の意を表したい。

今日(3/12)、財務省が現時点の調査結果を国会に報告して事態がどう動くか、大きな局面を迎えた。決裁済みの文書を修文することはあり得ないので余程の大きな力が担当部署に降りたということだろう。

財務省は辞めた元・理財局長以下、全ての真実を洗いざらい明らかにすることが亡くなられた方へのせめてもの責務ではないかと思う。

役所は文書が全て。多くの人間が一言一句を吟味する。外部へのものの言い方も同様だ。

財務省が"方針"なるものを決めたということが流れている。方針は何か目標があって、そこへ至る幾つかの方策から選ぶものだ。今回のことは真実は何かということであって、方針を決めるような事柄ではない。

その"不可思議な"方針なるものが、「書き換えを認める。」ではなく、「書き換えがあったことを認める。」という言い回しになっている。

どのような意味を持つのだろうか。調査中なので「何のために」、「いつ」、「誰が」、「どのように」が関係職員からの聴取で詰め切れていないからなのか。

よもや「変更した時期もあった。」と言い張るとは思えないが、事ここに至って財務省は言葉を弄んで無駄な時間を費やさないで欲しい。

野党は政治家の責任を深追いして本質を見失ったまま幕が下ろされるという最悪の結末だけは避けて欲しい。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9158

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)