証人喚問を実現すべし

2018年02月06日

国会中継を見ていると意味深長なやり取りがある。ちよっとした"質問の前振り"に大きな事柄が潜んでいる。

2月5日の衆議院予算委員会で福田昭夫議員(無所属)が質問に当たって次のような事を述べた。

・・・「来年10月に本当に消費税を10%に上げるんですか。アベノミクス応援団にも反対している人が多い中で、早々と決めたのはどうもおかしいと思っているんです。本当にやるんですか。」

総理答弁はいつものアベノミクスの自画自賛。

「穿った見方をすると、もしかすると森友問題で昭恵夫人、安倍総理をかばって貰う代わりに財務省に約束させられたのではないかという疑いを持っているんです。本当でなければ良いのですが。まぁその辺にしときますが。」

質問は消費税から税制改革に移った。

国税庁長官人事、イタリア大使館一等書記官人事は巷間言われていることがすんなりと落ちるが、福田議員の消費税アップに関する見立てには正直びっくりした。なかなか国会でここまでは言わないと思う。

3つのことが繋がりを持っているとしたら腐った政・官の癒着であり、将に"国難"である。真実は当事者に聞く以外に明らかにならないと改めて思ったシーンだった。経済、社会保障も大事だが担う政治が危うい。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9013

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)