荻田さん南極単独歩 -8-

2017年12月29日

幻灯.pngたった一人で食料、燃料などの補給を受けずに南極点を目指している荻田泰永さん(鷹栖町 40歳)の支援事務局(東京)からワッペンが届いた。

僅かばかりだったが支援に対するお礼とのことで、正月の5日〜10日頃に無事、到達すれば自分にとっても良い記念、チャレンジすることの励みになるので、防寒着の裏に縫い付けて貰った。

DSCN2364.JPG

日本時間の28日の交信によると、10日間ほどをかけて最大の難所のティール山脈を登り、南緯88度の南極高原に到達した模様だ。

標高2,603m、残り距離212Kmの平坦地に居る。食料等が減る分、ソリは軽くなるので、これからは「ゆるゆると登ったり下ったり」の行程になりそうだ。

「ゴールが見えてきたが、慢心しないで進む。」との落ち着いた声だった。新年早々に「成功!」の声が届くことを楽しみにしている。

幻日.jpg

【幻日】極地において氷晶による光の屈折で起こる現象。一見、別の太陽のようとか。

南極平原.jpg

【南極高原】平坦で風紋も殆ど無い。気温-18℃

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8865

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)