今年も 『ツール・ド・北海道』

2017年09月08日

『ツール・ド・北海道2017』が今日(8日)から始まった。数えて31回目の今年は道南(渡島、檜山)で3日間のステージレースが組まれている。海外チームは大体がプロ、国内はプロ、クラブ、大学のチームが参戦する。

最終日の10日にステージレースとほぼ同一の68Kmのコースで開催される市民レースの"サグ審判"で今年も参加だ。

サグ審判は遅い選手の競技を停止させる辛い役回りだ。公道を使える時間が決められているので仕方がない。ヨーロッパのレースでは審判車に帚を立てたりする。

車の窓からタイム情報を伝え、励まし、意向を聞き、決められた時刻にゴール出来ないと判断された場合は心を鬼にして?後続の収容バス、機材運搬トラックのお世話になってもらう。

選手のプライドを傷つけず、警察から怒られないように業務をこなすことがサグ審判の務めであり面白みのあるところでもある。皆さん、サグのお世話にならないよう頑張って!!

DSCN2206.JPG

            9月10日 市民レースコース図(ステージレースとほぼ同一)

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8497

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)