"熊の入った家"

2017年08月15日

                                                           IMG_20170809_135118.jpg

その昔、知床の民家に羆が入り込んで冷蔵庫のものを食べたというニュースを見て〝知床イコール羆〟が刷り込みされた。調べてみると事件は昭和61年というからもう30年も経っている。

知床自転車旅でズバリ"熊の入った家"の横にあるライダーハウス「雑魚寝処」に泊まってみることにした。ウトロから峠を越えて羅臼市街に下り、道道87号を相泊方向に5Kmほど走ったところにあった。直ぐ横には羆の入った先代の家が残っている。中には今も熊の爪痕が残る冷蔵庫などがそのままに置かれているらしい。

この日は15Km先にある瀬石温泉と相泊温泉に寄って夕方に受付すると、京都からハーレーの先客が1名、午後7時過ぎに埼玉からの中年ライダーが来て3名になった。15名定員なのでゆったり寝ることが出来た。

部屋は2階なので熊が周りに寄ってきても大丈夫だねと軽口を叩いて話が弾んだ。羆は道路も途絶えている半島の先のエリアに多いそうだが翌日に寄ったウトロの「フレペの滝」の周辺散策路で出没情報を目にした。"目をそらさず、背中を見せず、あとづさり・・・"。

ライダーハウスはバイクやチャリのツーリストが利用する簡易宿で、予約無しの飛び込みOKの所が殆どだ。寝袋持参の素泊まりスタイルだが、自炊、洗濯設備があり旅人の交流、情報交換の場になる。「雑魚寝処」は布団と食堂付きで素泊まり1,000円と格安だった。

通常の旅行では経験出来ないワイルドさと"一期一会"の旅の醍醐味があって自転車旅の楽しみになっている。    

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   IMG_20170809_134818.jpg 

2階が食堂                   29.8.9  

位置図.png                                                                                                       

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8396

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)