真のエリートの問いかけ

2017年07月11日
旅先のカーラジオで断片的に国会中継を聴いていた。晴れ渡った旭岳とは違って、深い闇はそのままだ。救いは「まだ」と言ったら失礼だけれど、霞が関に良い意味でのエリートがいることを再確認出来たことだった。エリートとは、国民を良い方向にリードする選ばれた人財と言う意味においてである。「弁が立ち、筆が立ち、までは掃いて捨てるほどいるが、最後は人だ。そして何より健康。酒も強くなくては勤まらない。」とは事務次官になる人物像として公務員の世界で言われていたことだった。かつて道農務部次長は農水省の指定席とされ、2名の次官が出ている。身近に見聞きし、指導も受けて巷間言われていたことは事実と思ってきた。登り詰めた時、周りに同期はいない。仕事をし易くする配慮が天下りシステムを生んだ。仲間の面倒も見なくちゃいけない。いみじくも文科省前次官前川氏が良いも悪いも全てを体現している。辞めても「あるものを無いとは言えない。」と立ち上がったエリートをエリートたらしめんとするかどうかは国民次第、と問われている気がした。森友、加計は"役所の中の役所"と言われた旧大蔵省で次官と同様の人物を就けるべき人事案件がいとも簡単に〝人物不在の政治〟によって行われていることも明らにした。世論を正しい方向に大きく動かすきっかけとなった前川氏の勇気に真のエリートの姿を見た。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8232

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)