ツーリングの帰りに、もつ蕎麦

2017年07月04日

月形皆楽公園から帰る途中にどうしても寄ってみたい所があった。"鳥もつの入った手打ち蕎麦"で有名な「K」だ。この取り合わせは珍しい。

岩見沢の4条通りを札幌方向に3kmほど行った右手にある。12時半頃には5〜6人が並んでいて、店内には14時終了とある。夕方は5時からで品切れ終了。

鳥もつは今はもう見かけなくなった黄身が幾つか連なった古典的なものが使われている。伝統的な蕎麦の出汁に鶏ガラのコクが適度に絡んで評判どおりの美味である。

地場産の太打ち蕎麦に、じっく煮込まれたもつと鶏肉が乗っている。もつだけで一品であり、両方とも好物なのでまさに"二度美味しい"。

岩見沢駅前の有名焼き鳥店「M」は、予め頼んでおくと鶏ガラスープの蕎麦を出してくれる。蒸したもつを使う「美唄ヤキトリ」は〆で蕎麦に入れて味わうのが定番。空知勤務時代の思い出だ。

かつて地域の経済を回した炭鉱マン、国鉄マンが鋭気を養った素朴な食べ物がいつまでも残っていて欲しいものである。自転車ツーリングでちよっと寄り道。           

もつ蕎麦 岩見沢『希林』.jpg          29.7.2   12:45    早い!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8201

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)