地殻の歪み

2017年07月03日

IMG_20170702_062714.jpg

1〜2泊の道内自転車ツーリングは温泉が近くにあって、海か湖沼の傍の落ち着いた芝生のキャンプ場が多い。大沼、洞爺湖、金山湖,焼尻島などが気に入っている。

マップを眺め、実際に走って、キャンプしてリピートする場所が決まってきた。月形町の皆楽公園キャンプ場もそのひとつだ。6月末から7月初めが気温も上がり始め、まだ蚊もいない。

家からいくつかのルートがあり、恵庭〜長沼〜南幌〜栗沢〜岩見沢〜北村の田園地帯を縫うと70Km。朝の涼しい時間に出発すると昼過ぎには到着する。月形"ゆりかご"温泉まで歩いて3分。

温泉はごく薄い茶色のアルカリ性で湯量が豊富だ。大相撲の部屋が夏合宿をしていたこともあった。石狩川の河川改修により残された三日月湖は柳などの樹木に囲まれ、へら鮒釣りの人が周囲に溶け込むような落ち着いた佇まいが好きだ。

周辺には月形監獄記念館、囚人が望郷の念で植えた北限の杉の美林があり、週末は札幌周辺からの家族づれキャンパーで賑わう。

7月1日もそんな日だったが、夜中に安平町を震源とする地震で目が覚めた。テントの中で地面の揺れを直に感じたのは初めてのことだった。地球がゆらゆらと生きていて、それに乗っているんだなと思った。

月形町の震度3-4?はいつも体感する揺れより軽いように感じた。構造物は震動を増幅するのかもしれない。それが脆弱であればあるほど。

短い揺れが収まって、明日(7/2)の都議会選挙では社会という地殻に急速に溜まっている歪みがどう出てきて安倍政権という虚構の造物を揺さぶるのか、そんなことを考えていてやがて寝入った。

IMG_20170702_065429.jpgIMG_20170702_070146.jpg            へら鮒     29.7.2  6:30

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8198

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)