名古屋港到着

2017年04月08日

マッチするつかのまの海に霧ふかし身すつるほどの祖国はありや ―寺山修司―

ふと思い浮かんだ。苫小牧西港を出て、二日目の朝。渥美半島の沖合いに来た。フェリーに就職、進学の新しい人生を踏み出す若者の姿は無い。そんな悠長なことをしていられない。

仙台港の一時下船を利用して、港から15分の店で『牛タンめし』を食べた。珍しい"つくね"、"ソーセージ"、"スープ"付き。仙台銘店には載っていないが私にとっては味も価格も申し分なかった。

"ベロメーター"も霧深し。

IMG_20170407_112509.JPG 苫小牧西港 2017.4.6 19:00 IMG_20170408_055049.JPG