「春の嵐」の開聞岳山麓

2016年04月07日
開聞岳山麓キャンプ場は、台風のような風が吹き、山岳用テントのポールがしなっている。熊本では瞬間風速が30mを越えたようだ。中に吊るしたランプが大揺れだ。前夜に風の当たらない炊事場に移設していたが押し潰されそうになるのは初めての経験だ。幸い焼肉の重たい鉄網があり、ロープのアンカーにして落ち着かせ、朝昼兼用の食事を摂った。「風でテントが平たくなるんだよね。」来年の北極点踏破に向けてカナダ、グリーンランドで1000kmのトレーニングをしている荻田康永さんを思い出した。3月10日にスタートしてほぼ1ヵ月、ゴールまでの半分くらいは行ったのだろうか。さて、この地の滞留も3日目になった。明日は天草方向に出発だ。足腰を伸ばそうとテントの外に出て、この強風にも散らずに咲いている桜にびっくりした。小鳥も盛んに鳴いている。"自然の住人達゛に力の差を感じる。 DSC_0234.jpg

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6276

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)