中之島のこと。

2016年04月05日
昨日、鹿児島から指宿に来た。曇り空だったが越冬明けの50kmのツーリングは気持ちが良かった。トカラ列島・中之島から鹿児島に戻る時にハプニングがあった。定時は11:15。直前に乗り場に着くと、人も船も汽笛も無い。しまったぁ、油断して乗り遅れた!次の船は2日後だ。こりゃキャンプでもして、観れなかったトカラヤギの生息地巡りとトカラ富士と呼ばれる御岳登山をするか、と気を取り直しながらひとまづ宿に向かって走っていると、来る時のフェリーで一緒だった工事関係者の人に出会った。「ああ、フェリーは12:05到着予定との放送がかかっていましたよ。いつもそうみたい。」良かったあぁ~。前夜、宿のおばさんに「医者の巡回が月1回あるかどうかというのも心配ですね。」と聞いたら、「何も心配でないさ。こんなものと思っているから。」温泉で会った島のお年寄りは皆さん元気だった。達観と居直りにも似た強さは小学校制度が本土に遅れること50年だったという忘れられがちだった歴史と無関係ではないように思えた。のんびり生きることもまた大切であることを目にした。 DSC_0139.jpg DSC_0168.jpg

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6264

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)