歴史的勝利 2015

2015年09月20日

Rugbyをやった人間として、 日本代表がWorld Cupで強豪国から勝利を挙げることは十両力士が横綱を負かすくらいあり得ないことと思ってきた。それが昨晩、起きた。しかも2度『エリスカップ』を獲得している南アとの試合で。

ロイター電は「史上、最も大きな番狂わせ。」と報じたようである。しかし、私は〝Rugbyに番狂わせは無い!〟と固く信じているので、日本の力が欧州、南半球の伝統国の水準に達したのだと考えている。

ルール改正で今では外人の加入は珍しくなく、体格的に見劣りしなくなったとは言え、一発で倒す低いタックル、堅くパックされたスクラムとモール、80分間変わらなかったスビードとボールコントロール。どれをとっても強豪国の水準に達した。特に自軍と相手のゴールライン付近の攻防は涙が出た。

経験的に、勝ったことのない相手にフロックでは勝てない。ヘッドコーチのもと、相当のトレーニングを重ねたのだろう。「これだけ積み上げたのだから負けるはずが無い。」試合後の選手の表情だった。

"勝ち方"を会得した成果が次のスコットランド戦でどう発揮されるか、楽しみに待ちたい。

仮眠を1時間ほどしてTV観戦したが終わってウイスキーで祝杯を上げてもなかなか寝付かれなかった。

     〜 ラガー等のそのかちうたの短かけれ(横山白虹) 〜

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5206

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)