『イギリス海岸』

2015年09月02日

花巻に『イギリス海岸』があります。行って見ると北上川でした。宮沢賢治がドーバー海峡に似ているので名付けたとかで、よく散歩していたそうです。

イギリス海岸解説.jpg

イギリス海岸.jpg

 

確かに渇水時の写真には茶色と白の縞模様の河床が現れていて、ノルマンディー海岸の潮の満ち引きに似ているかもしれません。

盛岡から25Kmほど〝快晴ツーリング〟して来て訪ねた時は豊かな水量で、それはそれで心を落ち着かせる風景でした。

花巻市内に入って適当な野営地が見つからず、『イギリス海岸』に辿り着く直前にY.Hに電話したばかりでした。しまった!ここにすれば良かった!広々とした河川敷の干し草はベッドのようです。

今夜は満天の星を望めそうだ。宿をキャンセルしようかなと思いましたが止めました。ユースのおばさんの「イギリス海岸を回ってから来て下さい。待っていますよ。」の言葉が耳にこびりついていたからです。

山の別荘を転用したユースでおばさんは姿を見せませんでした。きっと、息子さんが経営し、おばさんが賄いをしているのでしょう。

頼んだ夕食は1,000円でしたが、私一人のために申し訳ないくらい手の籠もった美味しいものでした。星空もいいけど来て良かった!会わず仕舞だったおばさんと『イギリス海岸』がゆったり重なって目にこびりついています。

 ならの里ユース.jpg

                              27.8.20

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5103

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)