ルーツの花巻、自転車旅

2015年08月11日

14日からの先祖の地、岩手県花巻市への自転車旅の準備も大体、整った。明治の末期に今の旭川市に移住する前の居住地がおおよそ分かったので訪ねたい。

荷物は出来るだけ少なく、軽く。とは言っても安上がりの野宿を多くしたいので、テント一式、シュラフ、エアマット、コッヘル、バーナー、非常食は必需品となる。

去年は靑森ねぶたを跳ねて向かうつもりが台風で中止したので、今年は何とか晴れて欲しい。取り敢えず八戸からの数日間は大丈夫そうだ。

自転車のフェリー料金は意外と高い。車体の姿のままだと車輌甲板に運び、人の運賃の1/2〜1/3程度だ。場所も取らず重量も軽いのに。

車輪を外して輪行バッグに入れ、手荷物扱いにすると割安になるが、客室付近の通路、デッキまで運ばなければならない。混雑しているときは大変だ。輪行バッグに入れても入れなくても運賃変わらずのガッチリした会社もある。

昨年は夜間ダイヤを利用したが今年は2等室5,000円が早朝2割引となる朝の9時発、18時着とした。

到着して24時間休憩ルーム付きの温泉施設まで5Kmほど走るので自転車はそのままの状態で積み込むことにした。9時間、何をしようかな。荷物になるけど本を読んでごろごろかな。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4983

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)