『円』 -素の自然-

2013年12月10日

『リニアは必要ですかね。』との問いに、所ジョージさんが『えいッ!と行きたい人がいて、えいッ!と作って自慢したい人がいるからねぇ。』とラジオで軽妙に答えていた。

旅の始まりは歩くということだろうけれど、自転車旅をしていると景色の流れと気持ちの流れがほど良く重なって心地よい。

10月に能登一周をした時に富山湾側の氷見から良寛の新潟・出雲崎まで"鈍行列車"に乗ってみた。走りたかったけれど「親不知海岸は道路が狭く、特にトンネルは危険。」との忠告に従った。

氷見線、北陸線、信越線、越後線を乗り継いで5時間の旅をした。楽しみだった親不知海岸は道路の構築物が景色を遮り、鈍行列車でもアッ!という間の通過だった。残念と思いつつも〝素の自然〟を護り、それに触れることの大切さと贅沢さを自転車は教えてくれた。

 

親不知.jpg

《親不知海岸は道路トンネル・橋脚の隙間からパラパラマンガのように流れていました。列車の窓ガラスの曇りは日本海の潮? 25.10.11》

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1657

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)