『福井・能登ツーリング』 友人宅訪問 10/5-6

2013年10月17日

10年に一度の勢力とされる台風26号の被害が大きい。福島原発施設への影響はどうなのだろう。何もなければよいが。

10月3日から13日迄の『福井・能登ツーリング』で後半の9日から11日に、半島の富山湾側で台風24号(温帯低気圧)に遭遇した。

楽しみだったキャンプは途中で諦め、用具一式を宅送したので宿泊は予定の友人宅、漁師民宿、YHに加えて観光温泉ホテル、古民家旅館とバラエティに富むものになった。

福井県在住の友人を訪ねるのは2年前からの約束だった。元の職場の同期で、学生時代から北海道で過ごしていたが、完全退職を機に故郷の福井県に40年振りに戻ったのだった。

テーブルには移住された奥様が3年で修得した心と手間のこもった山菜の煮物と押し寿司などの郷土料理。そして友人が酒飲みの私のために揃えてくれた地酒の数々。苫小牧東港から敦賀港に一昼夜をかけて着き、翌日、117Km離れた約束の地に無事到着した安堵感を包んでくれた。

『もてなし』とは旅人への暮らしに根づいたねぎらいか。次の旅のことも考えずに夜更けまでお互いの日常を語り合った。

 

吉田宅 押し寿司&地酒.jpgのサムネイル画像

 《通称〝油桐〟の葉で包んだ鱒の押し寿司。鱒が優しい。美味!》  

 《福井県の地酒の数々。近所の酒屋のおばぁちゃんのイチオシも!》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                          

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1314

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)