『福井・能登ツーリング』 ひとつの反省 10/9-10

2013年10月23日

立て続けに台風が発生している。能登半島の日本海側から内浦の富山湾に]向かっていた9日に24号だったのが2週間で28号までになった。

今回の旅でひとつ反省がある。それは温帯低気圧に変わったと言えども強い風と波の押し寄せる海岸線を〝北海道に戻って手伝うことがある〟との一心で予定どおりの日程で走ったことだ。

悪天候で遭難事故を起こした山岳トラベルツアーと状況は同じだ。事なきを得たが、調整日を入れるなどの余裕を持った行動を心がけなければならないと反省している。

 

台風走行.jpg

《半島の日本海側にある「時国家」から富山湾側の宇出津(ウシツ)に抜ける山道入り口で空はかき曇り、九十九湾では強風と潮で下車・手押し。去った10日以降も海岸には波濤、山道は小枝の山でした。》

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1350

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)