メイン

やはり温泉でしょう

2013年05月03日

米どころ秋田のもう一つの楽しみといえば
いぶりがっこに秘湯の湯

花見の後は乳頭温泉郷でのーんびり

誰ーれもいない
雪深いブナ林の中の露天風呂で命の洗濯で~す

P1090118.jpg

続きを読む "やはり温泉でしょう" »

何が何でも

2013年04月30日

あー辛っ
それでも花見花見

転勤で数年間を過ごし
移住先にノミネートしたこともある愛しき秋田

何処に行けば花見ができるかは推察がつきます

と言うことで
刺巻湿原の水芭蕉や八津鎌足のカタクリ群生地を訪問で~す

水芭蕉はご覧のとおり見事です
満足満足

P1090140.jpg
刺巻湿原の水芭蕉

続きを読む "何が何でも" »

一足先の花巡り

2013年04月26日

ゴールデンウイークの混雑を避けて
一足先の桜見物!!

企画そのものは良かったのですが
ちと時期を読み違え

寒さのおかげで硬い蕾が風に揺れるだけ
トホホホホ

P1090206.jpg
角館 武家屋敷の桜の蕾

続きを読む "一足先の花巡り" »

根室海峡の流氷が見たくて

2013年03月10日

根室海峡に押し寄せているという流氷が見たくて
オオワシやオジロワシに会いたくて

凡そ400キロ先の納沙布岬を目指します

二日目の朝
ようやく岬を埋め尽くすやせ細った流氷に出逢うことが

nemuro2.jpg

続きを読む "根室海峡の流氷が見たくて" »

温泉通いダー

2012年12月28日

寒冷地ならではのトラブルは
幾つか経験してはいましたが

氷点下21度を記録したその朝
風呂場から水蒸気がモクモクと・・・



なんと

混合水栓の一部が破裂して
お湯が吹き出ているではありませんか

P1080519.jpg

続きを読む "温泉通いダー" »

「えきに」でいか釣り~

2012年12月10日

「えきに市場」でいか釣り~

P1080421.jpg

続きを読む "「えきに」でいか釣り~" »

維新

2012年12月08日

二大政党による国盗り
衆院解散後の新党乱立や離合集散
TPP賛成・反対
「日本維新の会」への儚い期待
そして第46回衆議院選挙告示後の喧騒・・・


徳川幕府と諸大名による封建国家から
近代日本への扉を開いた明治維新


その内戦に敗れ去った榎本武揚や
箱館戦争の最中に一本木関門で銃弾に散った土方歳三


近代日本史に疎い私であっても
弥が上にも興味の沸くテーマで~す


ということで
改革前夜から箱館戦争の終結までを
少しだけ調査しました


%E6%88%8A%E8%BE%B0%E6%88%A6%E4%BA%89.jpg

続きを読む "維新" »

榎本武揚上陸の地

2012年12月06日

潮の香りに癒され
潮騒に心和み
遠景の箱館山をのんびり眺めた後


P1080390.jpg

続きを読む "榎本武揚上陸の地" »

土方歳三が入った湯船?!

2012年12月05日

道すがら
知識豊富な添乗員さんの語りには

「国縫(くんぬい)」「シャクシャインの戦い」「山越内関所跡」「夜泣き石」あり

「森町鷲ノ木」「榎本武揚上陸の地」「箱館戦争」あり

「湯の川温泉」「湯の浜ホテル」「土方歳三が入った湯船」あり


先ずは
土方歳三に興味をそそられて
しおさい漁火露天風呂へ

P1080404.jpg

続きを読む "土方歳三が入った湯船?!" »

はこだてクリスマスファンタジー

2012年12月03日

富良野発
ご当地通過
某旅行会社のツアーに参加で~す

向かうは370キロ先の函館
赤れんが倉庫群の一角

「2012はこだてクリスマスファンタジー」初日

P1080376.jpg

続きを読む "はこだてクリスマスファンタジー" »

紅葉を求めて大雪へ

2012年10月09日

この秋一番の冷え込みと
霜情報に誘われて大雪を目指します

勿論
紅葉の黒岳情報や
「大雪なたまごのオムカレー」にも心を奪われてのことですが・・・

%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E3%81%AE%E9%81%A0%E6%99%AF.jpg
ファーマーズ・カフェ風土」の敷地内から見る畑越しの大雪山系

続きを読む "紅葉を求めて大雪へ" »

先進事例地の視察候補ひがしかわ

2012年07月21日

日本都市計画学会の助成事業としてはじまった
「江部乙まちづくり研究会」

産学官民が
江部乙にある素材を活かして地域を元気にするにはどうしたら良いか・・・

既に江部乙地区視察会や連続フォーラムなどを開いていますが

次なる企画は「先進事例地視察」

通過型の観光客として気にかけていた「東川町」を推薦しようと
事前調査を開始しましたー

アポなしで町役場に飛び込み、教育委員会にアタックし、文化ギャラリーでは「写真の町課」を襲撃しながらの難業苦行でーす

この建物が文化ギャラリー
この一角に「写真の町課」があったのです!!

%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC.jpg


「写真の町宣言」をして条例を作ったり
「写真甲子園」で名を馳せる人口8,000人弱の自治体です

続きを読む "先進事例地の視察候補ひがしかわ" »

「幸せ色の丘」の今

2012年05月22日

江部乙丘陵地

またの名を「幸せ色の丘」

その丘が
レモンイエローに輝きはじめていま~す

%E8%A6%8B%E3%81%94%E3%82%8D%E3%81%AE%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91.jpg

続きを読む "「幸せ色の丘」の今" »

モクモク何でも造っちゃお!!

2012年05月17日

銘柄豚「伊賀豚」の誕生と
ブランド化への取り組みからスタートした「ハム工房モクモク」

自らが一次産品に付加価値をつけるその流れは
25年の歳月の中でファミリーや視察者の足を引きつける「訪れることが目的の場所」へと発展し

六次産業の最先端を突っ走るモクモク手づくりファームへと成長しているので~す

その象徴がここ
畜産農家の農場を彷彿とさせるでしょ

%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF.JPG

続きを読む "モクモク何でも造っちゃお!!" »

モクモク視察は事務所での説明会から

2012年04月19日

4月6日以降
話題が跳んでしまいましたが
話をモクモクに戻しましょう


ファームゲートで視察プランの受付を済ませると
さっそく本部事務所でレクチャーです

それも何と2時間もの長丁場で~す

%E6%9C%AC%E9%83%A8%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80%E3%81%AB%E3%81%A6%28407x305%29.jpg

続きを読む "モクモク視察は事務所での説明会から" »

セントレアにひとっ飛び

2012年03月31日

観光旅行とは違いますが
人気が高い先進事例の視察となると・・・

それも
三重県を目指す旅で~す


早朝に家を飛び出し
空知川に写る朝焼けに見送られ・・・

それは最高の滑りだしでーす

%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91%E3%81%AE%E7%A9%BA%E7%9F%A5%E5%B7%9D%28407x305%29.jpg

続きを読む "セントレアにひとっ飛び" »

どこにあるの?「就実の丘」

2012年02月11日

旭川市西神楽地区にあるといわれる幻の?「就実の丘」

訪ね歩いて(実は車)辿り着くは
二文字の素朴なバス停

%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%28284x407%29.jpg

続きを読む "どこにあるの?「就実の丘」" »

異次元の然別湖コタン

2012年02月07日

然別湖コタンの造形は
層雲峡氷瀑まつりとは異なり
氷結した湖面の分厚い氷を切り出して造り上げるのでーす

その湖面には
アイスロッジや氷上露天温泉が浮かび

%E7%84%B6%E5%88%A5%E6%B9%96%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%28407x281%29.jpg

続きを読む "異次元の然別湖コタン" »

冬のファンタジーさがし その3

2012年02月05日

七色の光りを浴びる氷像やアイスドームは
漆黒の闇に夢幻の世界を浮かびあがらせ
時として舞い散る雪も華を添えます

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%86%85%E3%81%AE%E9%9B%B0%E5%9B%B2%E6%B0%97%28407x270%29.jpg

続きを読む "冬のファンタジーさがし その3" »

冬のファンタジーさがし その2

2012年02月03日

石狩と十勝の分水嶺にあたる
石狩岳(標高1967メートル)の西斜面を源流とし
大雪湖に流れ込む幾本もの川の流れを集めた石狩川

その河川敷に広がる氷の造形は
旅館関係者などが川の水をポンプで汲み上げ
木組みの土台に放水銃で水を吹きつけて作りあげるのだとか

%E6%B0%B7%E3%81%AE%E6%AE%BF%E5%A0%82%28407x270%29.jpg
(奥が河川敷に広がる氷像、手前が石狩川の流れ)

続きを読む "冬のファンタジーさがし その2" »

冬のファンタジーさがし その1

2012年02月02日

白銀に支配される
厳しい寒さのモノトーンの世界にあって

極寒の中のファンタジーを探しに
少し遠出をしてみましたー

%E5%A4%9C%E3%81%AE%E6%B0%B7%E7%80%91%28407x270%29.jpg

続きを読む "冬のファンタジーさがし その1" »

たきかわ菜の花まつり当日

2011年05月21日

平成23年5月21日(土)
今日から
新聞やメディアを賑わせていた「たきかわ菜の花まつり」の9日間がオープンです

と云いたいところですが
雨と泣く子には勝てぬ?!のことわざどおり


昨夜来の大雨
昨日早朝の大雨
二日か三日おきに降る雨の影響で


11丁目サブ会場の遊歩道には水溜りが・・・

P1030130%20%28407x305%29.jpg

数日の間
会場整備やその段取りで過ごしてきましたが


菜の花まつり初日は雨で中止でーす


まつりの準備/マチナカのしつらえも・・・

2011年05月16日

ビューティフルなチラシが・・・

その一部をご覧いただきましょう

P1030098%20%28406x407%29.jpg


まつりの準備も佳境のようで~す

実行委員会の資料を覗けば
会場のしつらえや
まつり当日の作業項目とその手順が・・・

第四コーナーを回り
直線コースの追い込みといった風情です

P1030099%20%28407x305%29.jpg


目を転じて
駅前広場を眺めれば

P1030037%20%28407x305%29.jpg


ここにも菜の花のしつらえが・・・

数日前に
市役所の職員さん達が
セッセセッセと忙しなく
駅前ロータリーの花壇を飾りつけていましたー!!

山本コウタロー・トーク&ライブatたきかわ菜の花まつり

2011年04月28日

今日は
ホットニュースをお伝えしましょう


昨日
滝川市役所で行われた定例の記者懇談会という会合で
菜の花まつり実行委員会の方から「山本コウタロー・トーク&ライブatたきかわ菜の花まつり」の話題が・・・


「2011たきかわ菜の花まつり」の趣旨にご賛同をいただき
「岬めぐり」や「走れコウタロー」でお馴染みの山本コウタローさんが

DSC_0006%20%28277x407%29.jpg


一昨年に続いて「たきかわ菜の花まつり」に二回目の登場なのでーす

前回は
丸加高原伝習館特設会場でのライブでしたが

今年は
ラウネ川のほとりに佇む
天然温泉がこんこんと湧き出る「ふれ愛の里」の敷地内にできる
ふれ愛の里特設会場だとか

入場料は無料ですが
是非とも義援金箱にお志を・・・
とのこと

皆さん
一緒にライブを楽しみませんか
そして温泉を満喫しませんか?!

洗面道具とお財布を持って
ご参集くださーい!!

ロスと札幌からの助っ人/「たきかわ菜の花まつり」公式ホームページリニューアル

2011年04月02日

立ち上げてからさほど時間も経っていなにのに
なぜという声が聞こえそうですが・・・


「幸せ色の丘」をもっと幸せ色に染めあげたいと
ロス在住のウェブデザイナー「岡野祥子さん」がボランティアを買って出て下さったのです!!

実は
岡野さんの作品は多くの人の目に触れているのでーす
それは
ホテル三浦華園「イル・チエロ」のホームページでーす。


おかげさまで
岡野さんの感性あふれる
すばらしいホームページに衣替えすることができました~

P1020631%20%28407x305%29.jpg


実を申せば前にも書きましたように
私たちには資金がなく無料サイトで手づくりのホームページを立ち上げざるを得なかったのです


実情を察知し
東日本大震災の復興支援への切なる思いを私たちに託して
ご多忙を割いて全力投球してくださったのです


無論
その思いがお互いに呼応して
こんな形に現れましたー

P1020637%20%28407x311%29.jpg


そーです
東日本大震災チャリティーと銘打ってのイベントにするのです


いま一つの力強い助っ人といえば
ジャジャジャーン

P1020633%20%28407x297%29.jpg


ぼくは「ナッピー」
菜の花の妖精達(家族)の長男坊で~す
たきかわ菜の花まつり」のゆるキャラを務めるんだって!!

ちょっと
憎可愛い感じでしょ?!

ぼくの生みの親は
グランパカナイさん」

北海道で田園幻想画を描き続ける
有名なアーティストなんだッ!!

TPPの勉強会に参加でーす!!/安全・安心の日本はどこに・・・

2011年02月28日

消費者の一人として
輸入関税がかからない安価な商品やサービスを手にいれることができたら・・・

誰もが望むことではありま~す


でも
海外から「安全安心」を無視した商品やサービスが入ってくることを防げるのでしょうか?!
輸入牛肉のBSE問題が記憶の中によみがえりま~す

私たちの命をつなぐ農産物や魚介類、肉や乳製品などの国内生産は守られるのでしょうか?!
食糧の安保保障という概念も脳裏を駆け巡りま~す


そんな漠とした考えで捉えていたTPPの一大騒動
マチナカで行われた少し固い講演会に顔を出すことに・・・

%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%95%99%E6%8E%88%28407x305%29.jpg


主催者や後援団体が「農業」を生業としている人々中心なので
内容はどうしても「国内の農業が守られなくなったならば・・・」の前提に立ち
農業大国アメリカやオーストラリアが手厚い保護をしているという事実にスポットを当てますが・・・

%E8%B3%AA%E7%96%91%E5%BF%9C%E7%AD%94%28407x305%29.jpg


どっこい
消費者の側にいてもやばい話が


TPPに加盟したならば
関税の撤廃のみならず
日本の輸入障壁になっているさまざまな規制の緩和や撤廃も


例を挙げれば

「輸入の際の安全検査を緩和せよ」とか
「有機農産物の殺虫剤や除草剤の残留を認めろ」とか
「食品添加物の表示をやめろ」等など


実直にコツコツと取り組み
つくりあげてきた日本の「安全・安心」が
どこか吹っ飛んでなくなってしまいまーす!!


更に申せば
「労働者の移動の自由化」や「医療の規制緩和」
「公共事業への参入の自由化」等々

私たちの暮らしに
どのような「好まざる影響」がでるのでしょうか?!


一人一人がしっかりと判断し
参加か不参加を表明する必要がありますね


因みに
私は不参加を表明しまーす

ニューツーリズムモニターツアー/定員まであと5名とか

2011年02月23日

道新ブログ仲間の阿部さおりさんが
ご自身のブログ「Luxury(ラグジュアリ-)に乾杯!」のなかで既に紹介されていますが・・・

%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%97%28407x305%29.jpg

モニターツアー募集25人の枠は残り僅か5人だとか


滝川を代表してお客さまをお迎えするステージは


滝川市文化財「太郎吉蔵」
紙袋ランターンなどをご用意してお待ちしまーす


食事処はホテル三浦華園「イル・チエロ」

%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A8%E3%83%AD%E5%BA%97%E5%86%85%28407x271%29.jpg

彫刻家 五十嵐威暢氏の作品を展示して雰囲気を盛り上げています


大自然を堪能するのであれば
やはり丸加高原
手づくり「かんじき」を履いての早朝ウオークでひと汗流しましょう

%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%98%E3%81%8D%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%28407x270%29.jpg


小出さんちの納屋で食すワイルドな朝食
ちょっと驚きかも・・・


腹ごなしには
農園の周囲を巡る馬そりや引き馬


こちらも楽しそー!!
盛りだくさんな企画でーす

真冬に春のわ・だ・い/菜の花まつりのお話しでーす!!

2011年02月07日

この地では3ヶ月以上先のイベントですが
降雪量の少なさと温かさから雪融けが早まるのではという声に押され

暫く前から実行委員会の活動が・・・

%E3%80%8C%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E5%8B%95%E3%81%8D%28407x305%29.jpg
実行委員会準備会を取り上げた昨年12月4日の新聞記事


ナタネ油の生産現場が会場の「たきかわ菜の花まつり」
開催にはいろいろな制約や課題が・・・

よって早めの企画と様々な調整が必要なのでーす
この2ヶ月間がその期間
凡その方向が固まりましたー


一方
旅行会社への宣伝やアピールは前広に行う必要があります

わが街の老舗旅館
ホテル三浦華園さんではこんな呼びかけも

%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%AA%98%E3%81%84%28407x305%29.jpg

お客さまを迎えいる準備を着々と進めていま~す


今は雪に埋もれる菜の花畑も
雪解けとともに新芽が伸びはじめ
それは見事な幸せ色を運んで来てくれるでしょう


その時期に石狩川から立ち昇る霧と
協奏曲を奏でることも

%E5%B9%B8%E3%81%9B%E8%89%B2%E3%81%A8%E9%9B%B2%E6%B5%B7%20%28407x305%29.jpg


去年出会った
素晴らしい景色でーす

新たな空知を創ろう!/熱気漲る懇親会でーす

2011年01月21日

マイブログにコメントをくださる「温泉マン」さんからのお誘いをうけ
「空知シ―ニックバイウエイ構想」勉強会に参加しましたー

サブタイトルは
空知のヒト、モノ、アイデアをつないで、新たな空知を創ろう!

%E7%A9%BA%E7%9F%A5%E3%82%B7%E2%80%95%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A1%28407x305%29.jpg


景観や自然、歴史遺産や地域文化などを紡ぎ合わせ
観光や地域活性化に取り組む民間団体所属の50人ほどが一堂に会し

%E4%BC%9A%E5%90%88%E9%A2%A8%E6%99%AF%28407x265%29.jpg


空知エリアに観光ルートをつくり出したい
そして観光客に滞在して欲しいと意欲的です


シ―ニックバイウエイ北海道の理事さんや
支笏洞爺ニセコルートで活動する団体の責任者の方からは
全道的な取り組みと活動事例のレクチャーが

そして講義の後には熱気漲る懇親会が・・・


テーブルには空知産のワインや地元食材を使ったオードブルが並び

%E3%82%B7%E2%80%95%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E6%87%87%E8%A6%AA%E4%BC%9A%28407x305%29.jpg


参加者が持ち寄った地域の特産品やご推奨品も

%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%81%AE%E7%94%A3%E7%89%A9%28407x305%29.jpg


わが街からは道の駅たきかわ 北海カクテキが登場していました~

P1020351%20%28407x305%29.jpg


中原さん家の「きゅーりのビール漬け」もお薦めだよなー
でも時期が違うかもねー


たきかわ観光マップの作成委員/サンプルカタログの素晴らしい景色に・・・

2010年12月26日

観光協会の会長さんから
観光MAP作成委員会への参加の要請が・・・


地域活性化策の一つとして私が主張する「観光振興」の
大事なツールでもあります
お受けするしか選択肢はありませ~ん

8人の委員会メンバーは
年の瀬が押し迫るなかで会議に臨みます

P1010973%20%28407x305%29.jpg


観光客の立場になったときに手を伸ばしたくなるような小冊子をめざし
大きさや形はどうの
地図のスタイルや表記はこうの
掲載する内容や選別基準はこうあるべきだの・・・


今ある観光ガイドやマップ
サンプルとして持ち寄ったいくつもの観光カタログなどを目の前に並べて
侃々諤々の議論が熱を帯びます

P1010977%20%28407x305%29.jpg


限られた僅かな時間内に方向性を決め
小さな紙面に入るように掲載する内容を絞り込み
写真素材や情報を集め・・・


週刻みのタイトなスケジュールで作業は進みます


時として
サンプルカタログの素晴らしい景色にため息を洩らしながら

P1010979%20%28407x305%29.jpg


このテーマも
不連続に続きます

こんなツアー楽しいかも?!(5)/着地型観光 売れるモニターツアーになったかな?!

2010年12月01日

ジャジャジャ-ン
ついにアウトプットが完成でーす

%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%28305x407%29.jpg


テーマは「ほっこり」

その心は
 カフェオルノの『リンゴスイーツ』でほっこり

 パワースポット?の『照光寺さん』でほっこり

 道の駅たきかわで『おばちゃん』と出会ってほっこり

 えべおつ温泉の『りんご風呂』でほっこり


季節限定の団塊世代をターゲットにした
リーズナブルで素敵な商品


まっ赤なリンゴで目をくぎ付けにし
インパクトの強いプレゼン資料に仕上がったでしょ?!


これ
アイデアの殆どは女性のもの

私なんか右往左往
ブログネタの取材ばかり

ご迷惑をお掛けしましたー


研修会の最後は
当然のグループ発表とその審査

%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E9%A2%A8%E6%99%AF%28407x305%29.jpg


審査員からもビシビシと指摘が

%E8%AC%9B%E8%A9%95%E9%A2%A8%E6%99%AF%28407x305%29.jpg


おかげさまで
わがチームえべおつに軍配が上がりましたー

あっちゃん、サチさん、かずさん、テツさん、かとちゃん
素晴らしい商品と素敵なプレゼンテーション

ありがとうございましたー!!


本シリーズおわり

こんなツアー楽しいかも?!(4)/着地型観光 観光プログラムの作成でーす

2010年11月28日

フィールドワークの後は
観光プログラムの作成でーす


現場でかき集めた
さまざまな資源をカード化します
タイトルをつけ、キーワードを書き、場所を記し、写真を貼り付けて解説文を書き、補足説明も書き足します

これはサンプル

%E8%B3%87%E6%BA%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%28407x305%29.jpg


平行して
観光ツアーのテーマや副題を決め
対象とする客層を絞り
凡その季節や時期を定め
所要時間や価格を設定し・・・

%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%B1%BA%E3%82%81%28407x305%29%20%282%29.jpg

侃々諤々ならば良いのですが
ツアーのテーマで煮詰まって固まってしまいま~す

中身をどのように表現するか
インパクトあるフレーズは・・・


気分転換にと
席を離れて他のチームの進捗を確認したり
写真の出力に気を紛らせたりとうろうろ

凡その方向性が見え始めると
議論も作業もはかどりはじめます

どうです
活気づいた雰囲気が伝わるでしょ

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%BA%83%E5%9F%9F%28407x305%29.jpg


わがチームのプレゼン資料をつくる作業
ちょっと覗いちゃいましょう

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%A2%A8%E6%99%AF%28407x305%29.jpg


らしくなってきているではありませんか・・・


不連続につづく

こんなツアー楽しいかも?!(3)/着地型観光 フィールドワーク後半

2010年11月27日

早めの昼飯と食の取材を済ませ
果樹園の今を取材に出発でーす


歩くこと5分
一木万寿三画伯の生家に着きます

イチイの垣根越しのりんご園
収穫も終わり冬支度といった趣です

%E4%B8%80%E6%9C%A8%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%9C%92%28407x305%29.jpg

この近辺はリンゴ有り、さくらんぼ有り、プルーン有り、ブドウ有り、梨ありの果樹園地帯だとか
ただし、高齢化と後継ぎ不足で風前の灯火とも・・・


JR江部乙駅を目指すつもりでスタートし
支所で方向転換した一行は
駅とえべおつ温泉が気懸かりなご様子

2Km以上の道のりを20分そこそこの速足で歩きます


途中の麹屋さんをちらりと覗き

%E9%BA%B9%E5%B1%8B%E3%81%95%E3%82%93%28407x305%29.jpg


レトロな板壁の民家を素通りし

%E6%9D%BF%E5%A3%81%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%81%AA%E5%AE%B6%28407x305%29.jpg


「ハンガイ通り」の突き当たりにある駅に到着で~す


リンゴ問屋の看板と駅名の横にあるまっ赤なリンゴに往時を偲び

%E9%A7%85%E3%81%AE%E7%9C%8B%E6%9D%BF%28407x305%29.jpg

リンゴ箱に札束が溢れるほどの栄華を夢想しつつ
えべおつ温泉の門をくぐります


生憎
入浴客がいましたのでここでの写真はお・あ・ず・け


入口にある不思議な広告塔を写真に納め

%E3%81%88%E3%81%B9%E3%81%8A%E3%81%A4%E6%B8%A9%E6%B3%89%E5%BA%83%E5%91%8A%E5%A1%94%28407x305%29.jpg


迎えのバスに乗り込んで
研修会場にご帰還です


更につづく

こんなツアー楽しいかも?!(2)/着地型観光 フィールドワークのご紹介

2010年11月25日

現地調査は昼食を入れて4時間足らず
「道の駅たきかわ」に到着するや

%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E5%88%B0%E7%9D%80%28407x305%29.jpg


矢継ぎ早の情報収集でーす
ガイドブックを手にし
直売所のお客さんに話をお聞きし

思い思いに展示コーナーや紹介スペースを覗き

%E4%B8%80%E6%9C%A8%E4%B8%87%E5%AF%BF%E4%B8%89%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%28285x214%29.jpg
       %E6%A1%88%E5%86%85%E6%9D%BF%28285x207%29.jpg
              %E5%B2%A9%E6%A9%8B%E8%8B%B1%E9%81%A0%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%28285x214%29.jpg


江部乙のあらあらを把握します


キーワードは何をさておき「りんご」では?!

%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%28407x305%29.jpg


遠路はるばるの常連客を持つ江部乙リンゴにアップルソフト
そして一木万寿三の野太いリンゴの木・・・

気にならない筈はありません


モデルツアーの起点終点を決め
ルートの想定をするために
次は江部乙支所に乱入でーす

%E6%B1%9F%E9%83%A8%E4%B9%99%E6%94%AF%E6%89%80%E3%81%AB%E7%AA%81%E5%85%A5%28407x305%29.jpg


ここで貴重な情報を手に入れ
カフェ・オルノの方角を目指して進軍開始で~す


道すがら霊感スポットと思しき照光寺に足を踏み入れ
菜の花畑を遠望し
灌漑溝の横をすり抜けます


暫くすると雑木に囲まれた落ち着いた建物が・・・

ここが陶居&カフェオルノ
少し早目のランチをとります

%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%81%AE%E6%98%BC%E9%A3%9F%28407x305%29.jpg


大野耕太郎さんの作品を愛でながらの憩いのひと時でもあります

%E5%A4%A7%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81%20%28407x305%29.jpg


でも
取材を怠るわけにはいきません
何せ
全てはモデルツアーの素材になのですから


つづく

こんなツアー楽しいかも?!(1)/着地型観光への意識の切り替え研修会です

2010年11月24日

怖ーい面々の
固ーい研修会と思いきや

%E3%80%8C%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E3%83%BB%E7%A9%BA%E7%9F%A5%E8%A6%B3%E5%85%89%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E3%80%8D%20%28407x305%29.jpg


時間的にタイトで
作業的にもハードな研修会ではありましたが

とっても楽しい
充実した一日を過ごすことができましたー


今日のテーマは

%E3%80%8C%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E5%86%8D%E7%99%BA%E8%A6%8Bin%E6%BB%9D%E5%B7%9D%E3%80%8D%20%28407x291%29.jpg


マチナカに飛び出し
来訪者目線で滝川の街をウオッチし
地域資源を見直して観光プログラム(モニターツアー)を提案するというもの


挨拶もそこそこに
総勢27人の参加者がグループ分けと担当エリアの抽選を行い


大型バスに乗ってマチナカに移動でーす

%E5%A4%A7%E5%9E%8B%E3%83%90%E3%82%B9%E3%81%A7%EF%BC%A7%EF%BC%AF%28407x305%29.jpg


私が所属する「チームえべおつ」は6人
自分の町を担当することに相成りました~


つづく

美瑛の「青い池」/多様なる紅葉やアカゲラまでも観賞できましたー

2010年10月22日

マチナカを出発地とした「秋の紅葉~富良野・美瑛ツアー」は
紅葉の「美瑛の青い池」がメインディッシュ


息が詰まるまっ赤な紅色というよりは
淡い黄が山肌を飾る
パステルカラーといった趣でーす

%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%B4%85%E8%91%89.jpg


青い池は今年一番の美瑛ブルーを満々とたたえ
神秘的な景観を惜しげもなく晒します

%E9%9D%92%E3%81%84%E6%B1%A0%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%84%E6%9E%97.jpg


その入口には
キラキラと陽に輝く薄黄を纏う白樺や

%E7%99%BD%E6%A8%BA%E6%9E%97.jpg


葉を枯らし始めたカラマツの林立する浅灰色の林が

%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%84%E6%9E%97.jpg


そして
まっ赤に染まるカエデのひと葉が

%E7%B4%85%E8%91%89%E3%81%AE%E7%B4%85.jpg


眼を凝らせば
青い池に広がる朽ちたカラマツの幹には

%E9%9D%92%E3%81%84%E6%B1%A0%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9.jpg

サルのコシカケの下で餌をつつきだす
アカゲラの姿も・・・


多様なる紅葉と自然を満喫する
素晴らしい一日でしたー!!

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー