« 何が何でも | メイン

やはり温泉でしょう

2013年05月03日

米どころ秋田のもう一つの楽しみといえば
いぶりがっこに秘湯の湯

花見の後は乳頭温泉郷でのーんびり

誰ーれもいない
雪深いブナ林の中の露天風呂で命の洗濯で~す

P1090118.jpg


この一角に秘湯は数あれど
代表格は鶴の湯温泉

ここから2.5キロも奥まった山奥に鎮座します

P1090190.jpg


向かって左
茅葺屋根の本陣は
佐竹藩主の護衛者の詰め所だったのだとか

歴史を感じさせる温泉宿です

P1090181.jpg


あー
いい湯!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20566

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー