« 一足先の花巡り | メイン | やはり温泉でしょう »

何が何でも

2013年04月30日

あー辛っ
それでも花見花見

転勤で数年間を過ごし
移住先にノミネートしたこともある愛しき秋田

何処に行けば花見ができるかは推察がつきます

と言うことで
刺巻湿原の水芭蕉や八津鎌足のカタクリ群生地を訪問で~す

水芭蕉はご覧のとおり見事です
満足満足

P1090140.jpg
刺巻湿原の水芭蕉


でも
栗林に広がるカタクリはチラホラ
南東に広がる傾斜地に少しの花をつけるのみ

P1090161.jpg
八津鎌足のカタクリ群生地


こうなったらやけっぱち
日本海沿いの仁賀保を目指します

突っ走った甲斐あって
やっとのことでソメイヨシノに出会うことが

P1090216.jpg
金浦 勢至公園の桜

あー良かった!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20546

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー