« 色とりどりの紙袋ランターン | メイン | 「そらぷちキッズキャンプ」は赤ちゃんでも応援できます »

着々と「そらぷちキッズキャンプ」

2013年02月20日

自然豊かな丸加高原で活動する「公益財団法人そらぷちキッズキャンプ

昨年夏に完成した施設群は真っ白な雪に覆われて素晴らしい眺めです

soraputi0.jpg


雪深いキツツキの森には
車いすで利用できるツリーハウスも完成し
初めての冬越えです

soraputi5.jpg


真冬にあっても難病の子供たちがここに集い
思う存分に自然を楽しみながら
安心して様々な体験ができるようにと
スタッフの方々の奮闘が続きます

次のウインターシーズンに向けて
真冬に快適な生活を送るためには何が必要か?
落雪などの危険な個所はないか?
・・・

新しい施設をより安全なものにするため
そして快適な環境をつくりだすために

傍目には判りませんが
地に足をつけた地道な活動が
厳しい自然環境の中で日々続けられているのです

soraputi3.jpg
毎朝の除雪シーン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20133

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー