« 2013年01月 | メイン | 2013年03月 »

「そらぷちキッズキャンプ」は赤ちゃんでも応援できます

2013年02月21日

活動資金や建設資金などの全てが
大勢の人々や多くの団体の善意で支えられる
そらぷちキッズキャンプ

食堂・浴室棟や宿泊棟も完成し
本格的なキャンパー受け入れの体制が整いつつあります

soraputi6.jpg
左「食堂・浴室棟」 中央「事務棟」 右「医療棟」

soraputi2.jpg
渡り廊下の左が宿泊棟


この施設に難病とたたかう子どもたちを受け入れ
医師や看護師、カウンセラーなどボランティアスタッフの下
自然体験プログラムを提供するのが「そらぷちキッズキャンプ」

この活動を途切れなく継続するには
今までにも増して
安定した活動資金の確保が欠かせないのです


その資金の一つに
ユニチャームさんが3つのドラッグストアさんと共同で企画してくれた「おむつチャリティーキャンペーン」が・・・

soraputi1.jpg


曰く

赤ちゃんがムーニー・ムーニーパンツを使ってくれると
1パックにつき30円がそらぷちキッズキャンプに寄付されるのだとか

次のドラッグストアさんでこのキャンペーンを行っていま~す

● サッポロドラッグストアー(期間2013.1/16-4/15)@本社北海道

● どらっぐぱぱす(期間2012.12/20-2013.3/20)@本社東京

● マルエドラッグ(期間2012.11/23-12/31 2013.2/1-2/28)@本社群馬


この機会に
かわいい赤ちゃんにも「そらぷちキッズキャンプ」を支援して貰っちゃいましょ!!


この他
キッズキャンプを支援する方法は幾つもありまーす

因みに
私も「会員」「寄付」「そらぷち森人」などで少しだけ支援させて貰っています

でも
おむつチャリティーでの支援はちと無理か・・・


着々と「そらぷちキッズキャンプ」

2013年02月20日

自然豊かな丸加高原で活動する「公益財団法人そらぷちキッズキャンプ

昨年夏に完成した施設群は真っ白な雪に覆われて素晴らしい眺めです

soraputi0.jpg


雪深いキツツキの森には
車いすで利用できるツリーハウスも完成し
初めての冬越えです

soraputi5.jpg


真冬にあっても難病の子供たちがここに集い
思う存分に自然を楽しみながら
安心して様々な体験ができるようにと
スタッフの方々の奮闘が続きます

次のウインターシーズンに向けて
真冬に快適な生活を送るためには何が必要か?
落雪などの危険な個所はないか?
・・・

新しい施設をより安全なものにするため
そして快適な環境をつくりだすために

傍目には判りませんが
地に足をつけた地道な活動が
厳しい自然環境の中で日々続けられているのです

soraputi3.jpg
毎朝の除雪シーン

色とりどりの紙袋ランターン

2013年02月17日

11年目を迎えた
滝川の真冬の風物
紙袋ランターンフェスティバル

暗闇にぼうと浮かぶ
色艶やかな紙袋ランターン

rantan1.jpg


雪山の白に映える
園児たちの紙袋ランターン

rantan2.jpg


雪の街に無数に灯る
市民手づくりの紙袋ランターン

rantan4.jpg


ひと時の華を咲かせる
色とりどりの紙袋ランターン

のそのそとエゾタヌキ

2013年02月14日

小鳥たちとの出会いは良くあるものの
雪の中での小動物との出会いは
なかなか叶いません

何とか叶えたいと思い
一心不乱にその姿を追い求めます

遥か彼方に
ぴょんぴょんと身を翻す白い姿が・・・

写真に収める余裕はありませんが
紛れもなくエゾユキウサギ

近づいてみると
大急ぎで逃げ去った幅広な足跡

yukiusagi1.jpg


周りには
餌を探して歩き回る小幅なウサギの足跡も

yukiusagi2.jpg


更に歩を進めれば
木々の奥にエゾタヌキと思しき茶褐色の動く影

こちらは
の~んびりと餌を食み

こちらの存在に気がつくと
ノソノソと立ち去っていきました

tanuki.jpg


今日は
収穫の多い一日でした

森の小鳥たち

2013年02月07日

パウダースノーの軋む音が支配する
ひとけのない森

少し離れた梢には
せわしなく動き回るシマエナガの姿が・・・

もこもこの綿毛
嘴の横にポチッと鎮座するまん丸な目

可愛いでしょ

enaga.jpg


幹の後ろでコツコツと木を啄いていたコゲラも
ようやく顔を覗かせてくれました

kogera.jpg


コゲラとの競演とはいきませんが
枝先に留まって遠くを見つめるアカゲラの姿も

akagera.jpg


今日は
多くの鳥たちとの出会いの日です

クマゲラとの出会い

2013年02月03日

バサバサバサッと大きな羽音
キョーン キョーンと妙な鳴き声

真っ黒な体はカラスに似ていますが
波打つようなツーンツーンとした妙な飛び方・・・

hisyou1.jpg


逆光に邪魔されて判然とはしませんが
これは紛れもなくクマゲラ

スノーシュートレッキング中の突然の出会いで~す


間合いを取りながら様子を見ていると
少し離れた木の幹をバサバサと渡り歩きます

kumagera.jpg


後頭部の赤い羽毛
長く太い嘴に真ん丸な白ブチの目

真っ黒な羽根と思いきや
その一部には茶褐色の羽が・・・

予備知識にはない
新たな発見かも?!


しばしのバードウオッチングは

大きな羽音を残し
キョーン キョーンの谷渡りで儚く終了で~す

hisyou2.jpg

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー