« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

持ち込み野菜 サンマルツァーノ

2012年09月27日

焼肉レストラン「グリーンヒル丸加」の野菜盛り

自家製や地の物を少しでも加えようと
経営者やスタッフが
そして近隣の農家の人が店に持ち込みま~す

時として
少し変わった野菜が盛られることも

%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8E.jpg

今日のメインは
真っ赤に熟したイタリアントマト サンマルツァーノ

畑ではこんな姿で稔っていま~す

%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88.jpg


実は
生食用というよりも加工用のトマト

でも
焼き野菜には適しているのです


このトマト
河内シェフの自家菜園で大切に育てられ
トマトソースに化ける予定のものなのでーす


春先の定植をお手伝いしたご褒美かも

当時を思い返せば
こんな小さな苗だったのです

%E5%AE%9A%E6%A4%8D.jpg

支え合う

2012年09月25日

北海道の秋と呼ぶに相応しい
紺碧の大空の下

軽装にウォーキングシューズ姿の老若男女が
支え合いと健康増進を求めて伝習館前に集まっていまーす

その数凡そ400人

「そらぷちキッズキャンプ」の広報・PR活動と銘打った
「第2回そらぷちウォーク」の開催です

%E9%96%8B%E4%BC%9A%EF%BC%92.jpg

標高差60メートルの5.5キロコースと
標高差160メートルの10キロコースを目指し
澄んだ空気を胸一杯に思い思いの速度でスタートを切ります

%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%B7%E3%81%A1%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%EF%BC%91.jpg


目的地は
お隣のそらぷちキッズキャンプ


オープンしたての施設を見ながら敷地内を通過し

%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%86%85.jpg


できたばかりのツリーハウスを横目で眺め

%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%90%8A%E3%82%8A%E6%A9%8B.jpg


急な草地を声を掛け合いながら這い上がり

%E8%8D%89%E5%8E%9F%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF.jpg


コスモスが咲く
ゴールへとなだれこみます

%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg


折しも
丸加高原にもコスモスの花が

%E5%85%A5%E9%81%93%E9%9B%B2%E3%81%AB%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9.jpg


心軽く
晴れやかな一日でしたー

そらぷちウォーク支援事業

2012年09月22日

今夏
グランドオープンした「そらぷちキッズキャンプ

この活動を支援しようと
滝川青年会議所が主催して行われる「第2回そらぷちウォーク

丸加の再生を目指す再生協議会も黙っちゃいられませーん

ということで
ひっそりと「そらぷちウォーク支援事業」を仕掛けちゃいました~

事業と言えば大ごとに聞こえますが
やることと言えばルート上の草刈

折しも
雲海に恵まれた
素晴らしい景観を眼下にしながらの作業です

%E9%9B%B2%E6%B5%B7%E3%81%A8%E8%8D%89%E5%88%88.jpg


ここは標高250m

高原の特性が見事に発揮され
時として俄かに暗雲が立ち込めて大粒の雨が私たちを襲います

%E6%9A%97%E9%9B%B2.jpg


襲うといえば
この時期に活動を活発化させているスズメバチ

ウォーキングの最中に参加者が襲われないようにと
下見も兼ねての草刈な・の・で・す


そんなことを知ってかしらずか
放牧されている牛たちは

すぐ横でのーんびりと草を食み
胃に貯めた草を反芻しています

%E3%81%99%E3%81%90%E6%A8%AA%E3%81%A7%E3%81%AF.jpg


のどかで牧歌的な丸加

こんな景色の中を
仲間たちとウォーキングしませんか?

「第2回そらぷちウォーク」は
明日9月23日に伝習館からスタートです

足元を見つめて元気な東川

2012年09月15日

先進事例地として選定した東川町

一大イベント初日で休日の週末にも関わらず
町役場のご担当が私たちを暖かく迎え入れてくれましたー

それも
様々な部署のキーマンの方々です

という訳で
こんな設えの中でレクチャーは始まります

%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC.jpg


席についた私たちの手元には幾多の資料が
そして特産品の天然水や米缶も・・・

%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%B3%87%E6%96%99.jpg


語らずとも
その心意気が伝わってきまーす


レクチャーが済み
エントランスホールに出れば

デザイナーと木工の匠が手を結び
特産の木工品に思い出と付加価値を彫り込んでいまーす

%E5%90%9B%E3%81%AE%E6%A4%85%E5%AD%90.jpg


ここにも地元の産業に新たな価値を見いだし
しっかり支えようとする職員達の心意気が


足元をしっかり見つめ
地に足をつけた取り組みが
元気な東川町を支えているのでしょう

くつろぎ空間『鶴沼ワイナリー』

2012年09月02日

ヴィンヤードを解放した
鶴沼ワイナリー主催の年に一度のワインフェス

広い草地のメイン会場も楽しいのですが
垣根式のブドウ畑にも寛ぎの空間が・・・

%E3%81%B6%E3%81%A9%E3%81%86%E7%95%91%EF%BC%91.jpg

好みのワインを手に入れて
ぶどう畑と語り合いながらの
の~んびりとしたひと時を過ごすことができるのです

%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%8A.jpg


一方では、
顔見知りのシェフ達が額に汗して頑張っていまーす

神内ファームの赤毛和牛サガリステーキ

%E9%A1%94%E8%A6%8B%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95.jpg


新山ファームの羊の丸焼き

%E7%BE%8A%E4%B8%B8%E7%84%BC%E3%81%8D.jpg


ひと時も休むことがなさそうですが
おかげさまでワインにぴったりのおつまみが

%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%BF.jpg


今年も鱈腹
飲んで食べちゃいました~

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー