« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

来る年の春に向けて

2012年08月31日

来春の「菜の花まつり」に向けた
具体的な動きが丸加高原で・・・

市とナタネ生産組合が役割分担して
菜の花畑の整備に取り組んでいまーす

7月5日の燃料抜き取り事件が解決したか否かは知る由もありませんが
除礫後の畑に土壌改良材を散布し

%E7%9F%B3%E7%81%B0%E6%95%A3%E5%B8%83.jpg

有機肥料を撒き

%E9%B6%8F%E7%B3%9E%E6%95%A3%E5%B8%83.jpg


陽が落ちても
作業は続きまーす

%E6%95%B4%E5%9C%B0.jpg

とは云え
作業効率が悪くて時間が掛っている訳ではありません

自らの農作業と折り合いをつけ
バトンタッチをしながらの作業なのです

よって
トラクターも農夫も異なるでしょ!


やっとのことで
翌朝にナタネを蒔くことができましたー

種まき機のアップ写真がこれ
肥料と種を同時に撒く機械だそうですよ

%E7%A8%AE%E3%81%BE%E3%81%8D.jpg

トラクターの色にも注目してくださいね?!

逃走ひつじ

2012年08月27日

夕暮れ時の丸加高原

目を凝らさずとも
視野に飛び込む驚きの光景が・・・

十数頭のひつじ達が
駐車場を闊歩しているのデース

%E9%80%83%E8%B5%B0%E3%81%B2%E3%81%A4%E3%81%98.jpg

それも
芝生をむしゃむしゃと食い散らかしながら・・・

どうやら
奥に見える白い牧柵の大きな穴から外に逃げ出したのでしょう

というよりも
駐車場の芝生が
普段の牧草よりも美味しそうに見えたからかも知れませんね

%E8%8A%9D%E7%94%9F%E3%82%92%E3%82%80%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%80%E3%81%97%E3%82%83.jpg


新山ファームの大事な羊たち
自動車にでも跳ねられては一大事


シープドッグの気持ちになりながら
右に左にと羊たちを追い立てます

凡そ30分の取りもの劇を演じた結果
やっとのことで牧柵内にご帰還を果たすことができましたー

%E3%81%94%E5%B8%B0%E9%82%84%E3%81%B2%E3%81%A4%E3%81%98.jpg

宿儺(すくな)かぼちゃ

2012年08月25日

ヘチマと見紛う宿儺(すくな)かぼちゃ
飛騨高山の丹生川地区で門外不出に育てられていたもののようです

そのかぼちゃが
江部乙東19丁目の苅田農園で
こんな風に実っていまーす

%E3%81%99%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%BC%E3%81%A1%E3%82%83.jpg


未だ熟していないので薄緑色ですが
熟すと灰緑色で縦じまがくっきりと浮かび上がるのだとか

ホクホクした食感で甘みに特徴があるそうでーす

地元の食材に拘る焼肉レストラン「グリーンヒル丸加」

食材として提供して欲しいとおねだりしたら
何とOKを頂戴してしまいましたー

熟すまでにしばらくの時間は要しますが
地元野菜の盛り合わせに加えたいと思います

若人の祭典

2012年08月21日

新たなスタイルの新しい取り組み

「プレーヤー」と「聴衆」の枠組みを取り払い
渾然一体になっての7時間

音楽会場にはアウトドア用のテントが張られ
プレーヤーの家族や友人たちが
飲み物や食べ物を持ちこんで日がな一日楽しんでいまーす

%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E5%BD%93%E6%97%A5%EF%BC%95.jpg


プレーヤーと聴衆の距離は目と鼻の先
と言うよりもプレーヤーの記録係りといった風情です

%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%96.jpg


出番を待つ間
そして出演後の時間を使って
聴衆然とした立ち居振る舞いで
他者のプレーを楽しむこともできま~す

%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E5%BD%93%E6%97%A5%EF%BC%92.jpg


見てください
ステージの下では
若者と赤ちゃんのコラボレーションが・・・

%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E5%BD%93%E6%97%A5%EF%BC%94.jpg


ステージそっちのけで
聴衆の視線を集めていま~す

若者達の胎動

2012年08月18日

人気の絶えた丸加高原に
若者たちの息吹が蘇りました~

音楽イベントを明日に控え
音響装置の設定やテント張りに余念がありません

%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%91.jpg

何時
使われたのかと問われても
直ぐには答えが返ってこない野外ステージ


江部乙在住の若者たちがパフォーマンスを繰り広げようと・・・

%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%882.jpg


ないものを嘆くよりも
有るものを有効に活用しながら

何かを生み出そうとしているのでしょう


こんな景観の中で
のびのびと実力を発揮して欲しいものです

%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%BA%83%E5%A0%B4.jpg


グリーンヒル丸加の味付ジンギスカンを使った
ジン丼も振舞われるようでーす

秋の気配

2012年08月16日

外気温20℃

今しがた
目にした温度計の値デース

猛暑に苦しむ本土の方には
申し訳ない気もしますが・・・

と言うことで
目でも季節を感じて頂ければと

丸加高原に咲く
コスモス畑でーす

%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%A3%85%E3%81%841.jpg

コスモスロードには
ススキが咲き乱れ

%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%A3%85%E3%81%84%EF%BC%93.jpg


一輪のコスモスもひっそりと

%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%A3%85%E3%81%84%EF%BC%94.jpg


紅葉を楽しむには
まだ早いとお思いでしょうが

どっこい
しっかりと愛でることが出来るのですよ

%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%A3%85%E3%81%84%EF%BC%95.jpg

いただきます

2012年08月12日

定植後
4年目のひめかみりんご

去年は辛抱して収穫を諦めましたが

妻の手入れの甲斐あって
順調で~す

今年こそは・・・

%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%82%81%E3%81%8B%E3%81%BF%EF%BC%89.jpg


手間要らずのプルーン

%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%93.jpg


葉摘みが過ぎた梨も
順調に生育しています

%E6%A2%A8.jpg


稔の時が待ち遠しいー

黄昏どき

2012年08月09日

地球の自転を肌で感じる
そんな時が黄昏どき


まさに陽が沈まんと・・・

%E3%81%9F%E3%81%9D%E3%81%8C%E3%82%8C.jpg


少し時を戻せば
茜に染まる縞の紋様

%E3%81%9F%E3%81%9D%E3%81%8C%E3%82%8C%EF%BC%92.jpg


更に巻き戻せば
オレンジが支配する僅かな時間

%E3%81%9F%E3%81%9D%E3%81%8C%E3%82%8C%EF%BC%93.jpg


背中をグイと引かれるような
そんな感覚に襲われる

夕暮れ時のひと時です

乳白色のそばの畑

2012年08月07日

「幸せ色の丘」は
そばの花が満開でーす

ここは
一昨年にミニ菜の花まつりを開催した『あの場所』

見覚えはありませんか?!

畑には可憐な花をつけた
そばの花が咲き乱れています

%E5%B9%B8%E3%81%9B%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%81%B0%E7%95%91.jpg


近寄れば
こんな感じに

%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%AE%E8%8A%B1.jpg


少し離れれば
こんな感じにも

%E5%B9%B8%E3%81%9B%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%81%B0%E7%95%91%EF%BC%92.jpg


幸せ色の丘を埋め尽くす
乳白色の世界でーす

今年のブルーベリー畑

2012年08月04日

定植して3年目の今年

雪解け後の施肥までは相応の手入れをしていましたが

かわいらしい花の時期は
忙しさにかまけて見逃し

6月中の追肥は時期を逃し

その後の世話も手抜きでしたが・・・


生命力の逞しさのおかげで
見事に実が熟しはじめていまーす

とはいえ
少し成らせ過ぎの感があります

%E7%A8%94%E3%82%89%E3%81%9B%E9%81%8E%E3%81%8E.jpg

すこし俯瞰すれば

手前のブルーレイなどは
葉が極端に少なく
実だけがびっしりと・・・

%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%95%91.jpg


手入れの拙さを指摘されているようです

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー