« 丸加高原で丸加ジンギスカン | メイン | 店長になっちゃいました~?! »

丸加サフォークの誕生

2012年06月17日

肉質の良さを追い求め
独特の飼育方法を編み出している新山ファーム

首都圏では高値で取引されているのですが
地元で安価にサフォークラムを提供したーい!!


新山夫妻が手塩にかけるそのサフォークを
私達は「丸加サフォーク」と命名しました

ピンク色の丸加サフォークラム
鉄板で焼いてモンゴル岩塩、ブラックペッパー、レモンをかけてお召しあがり下さ~い

%E4%B8%B8%E5%8A%A0%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%84%BC%E8%82%89.jpg


厨房では

生産者と調理師、解体職人の3者が額を集め
枝肉と正肉の品評会が

%E4%B8%B8%E5%8A%A0%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%9E%9D%E8%82%89.jpg


そして
枝肉からの骨外し作業が・・・

%E7%BE%8A%E8%82%89%E8%A7%A3%E4%BD%93.jpg


他の羊肉との混ざつのリスクを排除したいとの思いが
そして
丸加高原で生まれ育った丸加サフォークをこの地で供したいとの思いが

このような加工形態と焼肉レストランを誕生させたのです

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/18370

コメント

サフォークですか?
食べたいですね~
以前、十勝に居たころにサフォークを飼育している人と知り合い食べたのが最初でした。
羊でなく牛肉のようでした。

adachiさん

ヘルシーさから云えば、羊肉の勝ち。ストレスをかけず、健康管理に留意した飼育法のサフォークは、牛肉にひけをとりませんよ。手前味噌かも知れませんが。

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー