« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

青く染まる雪野原

2011年11月28日

荒れ模様の天気は少し和らぎ
雲ひとつない青空が天空を覆います

その青を写す雪は
畝の姿を透かして見せてくれます

%E8%97%8D%E3%81%AB%E6%9F%93%E3%81%BE%E3%82%8B%E9%9B%AA%E5%8E%9F%28407x255%29.jpg

畑を守る防風林は
葉を落として太陽を透かし
その影は青を濃い藍に変色させます

%E9%9B%91%E6%9C%A8%E6%9E%97%28407x184%29.jpg


丘陵地の雪野原でl繰り広げられる
光りと影の七変化で~す

田園幻想画家 金井英明さん

2011年11月21日

北海道の田園風景と
そこでのびのびと遊び暮らす子供達・・・

I-062%20%28407x283%29.jpg

その景観や子供の表情などをアクリル絵具で細密に描き続ける画家
金井英明さん

昨日(20日)の某TV番組『D!アンビシャス』に
見慣れたお顔が映し出されましたー

D%21annbisyasu%20%28407x287%29.jpg


実は
たきかわ菜の花まつりのロゴマークやキャラクターを創作していただいたのが金井先生

でも
創作現場を拝見したのは今日がはじめてで~す

%E9%87%91%E4%BA%95%E3%81%95%E3%82%93%E5%89%B5%E4%BD%9C%E9%A2%A8%E6%99%AF%28407x305%29.jpg


我が家には
田園幻想画のポストカードやカレンダーが・・・

%E3%82%8F%E3%81%8C%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%28305x407%29.jpg

ほのぼのとした温かさの作品に囲まれて生活していまーす!


『D!アンビシャス』といえば
今年の5月29日に「地域の絆が生んだ日本一の“菜の花畑”」で菜の花まつりを取り上げて頂いたことも

D!はドリームの頭文字
北海道の「夢のある人や取り組み」を紹介する番組でーす

あわわ~!大雪!!

2011年11月17日

北海道の冬を甘く見ちゃいけないのですねー

あわ雪と思っていたら
あわわ~!!

本格的な雪景色になっちゃいましたー

DSC_0014%20%28407x270%29.jpg


3日続けて降ったり止んだりですが
積雪量は20センチを超えたでしょうか

除雪の手が入らない脇道には車の轍がはっきりと・・・

DSC_0019%20%28407x270%29.jpg


未だ
スノータイヤに交換していないので
少しの坂道やゆるいカーブでも車がスリップします


早くスノータイヤに交換しなくっちゃ!!

あわ雪

2011年11月15日

雪の予報は見事に当たりましたが・・・

明け方のしばれも
降る雪のサラサラ感も
北海道らしくありませ~ん?!


未だ雪囲いを施していないブルーベリーは
まっ赤に紅葉した葉にあわ雪を纏い

%E5%BA%AD%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8F%E9%9B%AA%28270x407%29.jpg


梨の木は
その枝に淡雪を戴いていまーす

%E6%A2%A8%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8F%E9%9B%AA%28407x270%29.jpg


ご近所では
既に雪囲いなど冬の準備を済ませていますが


はてさて
わが家では、いつ、着手しようかなー

あんず栽培

2011年11月09日

庭木の何本かを整理してみましたー

目的は
花と果実を楽しむためのスペースづくり


この辺では見かけたことがない
あんずの試験栽培に着手で~す

%E6%9D%8F%E3%81%AE%E8%8B%97%28407x305%29.jpg


寒冷地に適しているとは云え
この土地や気候に適合してくれるのでしょうか?!


取りあえず2本を植えて
様子見といきましょう

キツツキの森のツリーハウス/いよいよ制作

2011年11月04日

初冬のスッキリした青空の下
キツツキの森には風のざわめきと木工作業の音だけが聞こえまーす

P1040361%20%28407x305%29.jpg


昨年の「マイブログ」で予報したツリーハウスの制作が
沢から組み上げられた高い足場の上で
こんな感じで進められていますョ

足場が外されると
三本の太い木の上に乗った姿になるのだとか・・・

P1040349%20%28305x407%29.jpg


制作の開始時期は少し遅れましたが
工事は順調でーす


ボランティアグループ「そらぷちの森人」に参加しているワタクシですが
体調不良であったり他の行事と重なってしまったりと
今年の活動に全く参加できていません

ツリーハウス制作に少しでも関わることができればと念じていましたが
残念!!


イメージ図を見れば
森の妖精でも棲んでいそうなツリーハウスが・・・

Cut2011_1104_0848_54%20%28304x425%29.jpg


できあがりが待ちどおし~いぃ!

そして
キャンパーに楽しんでもらいたーい!!

受賞記念の講演会/重たい荷物を背負うことに?!

2011年11月02日

江部乙丘陵地で行われた「日本まちづくり大賞受賞記念」の講演会

%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%28407x305%29.jpg


私たちの活動に
まちづくりやコミュニティー再構築の可能性を感じ取られた道工大の先生が
その想いを「今後への期待」として語られました

%E8%AC%9B%E6%BC%94%28407x272%29.jpg


演題は
「フットパスを起点にした地域づくり~江部乙丘陵地のファンクラブの実践から~」


久保先生は都市計画がご専門で
数年前までは中心市街地をメインに研究されていらしたようですが

平成の大合併を契機に
自律した農村を取り込んだ都市のあるべき姿を研究テーマにされるようになったのだとか


40年前に農村部と都市部が合併した滝川市では
既に課題は出尽くしているとの見立てでーす

%E8%BE%B2%E6%9D%91%E9%83%A8%E3%81%A8%E9%83%BD%E5%B8%82%E9%83%A8%E3%81%AE%E5%90%88%E4%BD%B5%28407x305%29.jpg


出尽くした課題に対して
『克服する努力をしたであろう』にも係わらず
都市部も農村部も疲弊し続けている現状を打破するために

滝川市と江部乙地区に
新たな道筋を提案しているのです

『江部乙地区をどう利用できるのか?』
『江部乙地区のブランド化』を図っては?と・・・

%E6%B1%9F%E9%83%A8%E4%B9%99%E3%81%AE%E5%B0%86%E6%9D%A5%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%28407x305%29.jpg


これらを具現化する第一歩は
オープンな場で徹底的に議論しろ!
その上で凡その方向性を共有しろ!
方向性に沿って皆で行動しろ!
と・・・

%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%BD%A2%E6%88%90%28407x305%29.jpg


40年間果たし得なかった大命題
重たい荷物を背負うことに・・・

でも
疲弊する我が街に活気を取り戻すためには・・・

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー