« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

丸加の牧野は冬の準備

2011年10月31日

冬の雪原で邪魔者扱いをされないように
そして春先の雪の重みで柵が壊れないようにと

丸加高原では
牧柵や鉄条網の撤去作業が進んでいまーす

%E5%86%AC%E6%BA%96%E5%82%99%E3%81%AE%E4%B8%B8%E5%8A%A0%E9%AB%98%E5%8E%9F%28407x305%29.jpg


夏の間
広々とした牧草地で草を食んでいた牛たちは
既に山を下りていますが

羊の館で冬を越す羊たちは
今もコスモス畑の先でのーんびりと・・・

%E8%8D%89%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%82%80%E7%BE%8A%E3%81%9F%E3%81%A1%28407x305%29.jpg


ふと
ひと月前の「たきかわコスモス祭り」を思い出しまーす

確か
コスモスの花は満開に程遠く
何分咲きといった風情だったのでーす

振り向けば
満開を過ぎたとは云え花に埋もれる「羊の館」が

%E7%BE%8A%E3%81%AE%E9%A4%A8%E3%81%A8%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E7%95%91%28407x305%29.jpg


初冬の青空に揺れる
今を盛りのコスモスの花も・・・

%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%81%A8%E9%AB%98%E5%8E%9F%28407x305%29.jpg


人目に触れることなく
ひっそりと咲き乱れていまーす!!

霧と虹

2011年10月26日

放射冷却で冷え込む朝

石狩川に沿って
帯状に漂う霧の姿がクッキリと

%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E5%B7%9D%E3%81%AB%E6%B2%BF%E3%81%86%E6%9C%9D%E9%9C%A7%28407x135%29.jpg


荒れ模様の朝

陽をうけてその上に現れる
七色の大きな虹の輪がただひとつ・・・

%E8%8D%92%E3%82%8C%E6%A8%A1%E6%A7%98%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%81%AE%E8%99%B9%28407x270%29%20%282%29.jpg


自然が紡ぎ
庭先に展開される
壮大なる景観で~す

赤の饗宴

2011年10月21日

身の周りにある多彩な色合い・・・

今日は
秋の夕陽を映す赤をテーマにしてみましたー


春に可憐なつぼ形の花を咲かせ
初夏にブルームを纏う青紫の果実を恵み
秋に紅葉を楽しませてくれるブルーベリー

%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%28407x270%29.jpg


夏に真っ白い小さな花を咲かせ
その実を濃いオレンジに染め上げて
一粒一粒に夕陽を写すナナカマド

%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%BE%E3%81%A9%28407x270%29.jpg


お隣の庭に実る林檎は
濃い赤紫のその表面に夕陽を映し
収穫の時を待ちまーす

%E3%81%B2%E3%82%81%E3%81%8B%E3%81%BF%28407x270%29.jpg


モノトーンの冬をまじかに控える
あでやかな初冬の夕暮れの赤の饗宴でーす!!

渡り鳥南行 庭の雪虫

2011年10月19日

遥か彼方に聞こえる鳥の声・・・

目を凝らせば
西の空にコハクチョウと思しき南行のV字隊列が

DSC_0001%20%28407x260%29.jpg


増毛山地を眼下に
真一文字に飛ぶ姿も

%E7%9B%B4%E7%B7%9A%E3%81%AE%E9%9A%8A%E5%88%97%28407x270%29.jpg


目を転じれば
わが家の庭に舞う雪虫の姿

%E9%9B%AA%E8%99%AB%28407x291%29.jpg


深まる秋の
夕刻の一シーンでーす


菜の花畑はどこに?!

2011年10月17日

この時期
来春に向けて行う大事な作業があるので~す

それは
ナタネの作付場所を確かめること

P1040300%20%28407x305%29.jpg


何故かと云うと
菜の花まつり会場の候補先を見つけだすため・・・


地図を片手に
東西5キロメートル南北10キロメートルの範囲を隈なく走破し

畑の大きさや周辺の道路事情
ロケーションや近隣情報を収集するのでーす

所在を地図に落とし込み

P1040314%20%28407x305%29.jpg

写真を撮って記録を残します


種まきの後の大雨で播いた種が流されたり
畑が冠水して発芽ができなかったりと
痛ましい畑を目にすることも・・・

P1040301%20%28407x305%29.jpg


でも安心してください
ほら

P1040310%20%28407x305%29.jpg


こんなに元気にキザキノナタネは育ってまーす!!


パステル色の紅葉

2011年10月14日

家の周りのまっ赤に色づく七竈をしり目に
山並みに秋色をたたえるエルム林道に分け入って見ましたー

針葉樹と広葉樹が織りなす
しっとりとした秋景色あり

%E7%B4%85%E8%91%89%EF%BC%91%28407x270%29.jpg


黄金色に染まる峠あり

%E7%B4%85%E8%91%89%EF%BC%93%28407x270%29.jpg


紫煙にけむるパステルの饗宴あり

%E7%B4%85%E8%91%89%EF%BC%96%28407x270%29.jpg


明るい光を帯びた深紅の紅葉とは一味違う
丸加やイルムケップの紅葉でーす

果樹園は災難続き/でもブドウ狩りはやめられなーい

2011年10月11日

貴腐ワインやヴァイスワインの収穫には時期尚早というこの時期に
葡萄棚にはしわしわになったブドウが・・・

%E8%90%8E%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6%28407x270%29.jpg


聞けば
甘味が乗って食べごろになった矢先に
にっくきスズメバチの攻撃を受けてしまったのだとか

ほら
こんな風に蜜を吸ってまーす

%E8%9C%82%E3%81%AE%E8%A5%B2%E6%92%83%28407x264%29.jpg


少し前に別の果樹園を訪れた際にも
熟しはじめたプルーンが見事なまでにスズメバチの攻撃を受け
見るも無残な状況になっていましたー

今年は
スズメバチの当たり年なのでしょうか?!


でも
めげてなんかいられません

スズメバチと共存しながら
セッセセッセとブドウ狩りをする集団がいまーす?!

DSC_0064%20%28407x270%29.jpg


ピンポーン!!
江部乙丘陵地を巡る
秋満喫のフットパスのひとコマなのです

爽やかな秋空のもと/地域の歴史文化に触れてみました

2011年10月09日

暫くぶりでフットパスに参加でーす

DSC_0007%20%28407x260%29.jpg


今日のルートは「丘の辺コース」

なだらかな起伏の江部乙丘陵地を巡り
歴史や文化を辿る凡そ8キロメートルのルートなので~す

Cut2011_1009_0841_28%20%28407x287%29.jpg


道すがら
屯田区画の名残を歩測や目視で確認し
入村当時やその後の歴史に想いを馳せながらわいわいガヤガヤ

Cut2011_1009_0822_40%20%28407x330%29.jpg


ルート沿いに佇む岩橋英遠画伯の生家に立ち寄り
「道産子追憶の巻」を想起した部屋のことや庭にある赤松の剪定の逸話を聞き・・・

DSC_0021%20%28407x270%29.jpg


灌漑溝に架かる橋に「いわはしばし」の名を見つけて
わけもなく納得したりして?!

DSC_0027%20%28407x270%29.jpg


何とものんびりとした
歴史と文化を感じるひと時でーす!!

所属する市民団体が・・・/「日本まちづくり大賞」を受賞

2011年10月06日

これが「日本まちづくり大賞」の表彰状で~す

既に「優秀まちづくり賞」も受賞しているので
ダブル受賞ということになりますね!!

P1040286%20%28289x407%29.jpg


道内の団体が日本都市計画家協会の大賞を受賞した実績を見れば
帯広の「北の屋台村」などを運営する団体の取り組みただ一つ

我が街ではアートチャレンジ滝川が準大賞を受けて以来の快挙なのでーす

それも
私たちの活動に興味を抱かれた道工大都市計画研究室の先生が推薦して下さった他薦なのです

よって当の本人達はポカーン?!
一体何が評価されたのでしょうか?


10月2日に埼玉大学で行われたプレゼンテーションを覗いてみましょう

これがプレゼン風景
プレゼンターは我が事務局長のカッちゃん

s-P1090629%20%28407x305%29.jpg


そのタイトルは

Cut2011_1006_0752_20%20%28407x308%29.jpg


受賞発表の講評を聞けば
地域活性化や地域コミュニティ再構築に役立つ「農村と都市を緩やかに結びつける活動」「地域活動のプラットホーム的な存在」「他団体との連携」「発展性のある会運営」なのだとか


フットパスを通じての農家と来街者との交流

Cut2011_1006_0753_47%20%28407x304%29.jpg


フットパスルートと周辺の協力者群

Cut2011_1006_0757_28%20%28407x306%29.jpg


活動の理念や目標

Cut2011_1006_0755_51%20%28407x305%29.jpg


他団体との連携や更なる発展の可能性・・・

Cut2011_1006_0800_31%20%28407x307%29.jpg


これらの全てが評価の対象なのでしょう


過疎化や高齢化に危機感を覚え
一方では景観や気候風土の素晴らしさを実感する地元民の

身の丈に合った
少しの背伸びをする活動なのでーす!!


10月8日と10月30日
江部乙丘陵地のファンクラブ」主催のフットパスがありますよー

そして10月30日には道工大の先生の受賞記念講演会も行われまーす

里にも初雪/雪虫の飛翔を見る前に・・・

2011年10月03日

入道雲にも似た雲の切れ目から
暑寒別岳や増毛山地の初冠雪を確認したのは昨日の朝のこと

2011.10.2%E3%81%AE%E6%9A%91%E5%AF%92%E5%88%A5%E5%B2%B3%28407x270%29.jpg


早朝の江部乙には早くも初雪が・・・

去年よりひと月以上も早く
そして雪虫の飛翔を見る前に!!

2011%E9%87%8C%E3%81%AB%E5%88%9D%E9%9B%AA%28407x270%29.jpg


お隣の庭のまっ赤なリンゴも
少し寒そうに白い綿帽子を冠っていまーす

2011%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%81%A8%E5%88%9D%E9%9B%AA%28407x270%29.jpg

一木万寿三とその時代展

2011年10月02日

道新や地元紙から情報を得て
暫くぶりに「坂の上の美術館 ギャラリー チョウタラ」を訪問でーす

お目当ては
「一木万寿三とその時代展」

Cut2011_1002_0835_36%20%28283x407%29.jpg


一木画伯の未発表作品を中心に据えた
お弟子さんが開催する展覧会なのだとか


私の好きな野太いリンゴの絵はありませんが
どこかで目にしたことのある絵の下絵が・・・

P1040242%20%28407x305%29.jpg


近寄れば
クラーク、 ダン、ベンハローを描いた札幌農学校の開設に尽力したとうい史実に基づく記録画ではありませんか

P1040243%20%28407x305%29.jpg

この油絵は
確かエドウイン ダン記念館に・・・?!

Cut2011_1002_0938_06%20%28407x308%29.jpg


他にも見覚えがある下絵が何枚も・・・


この展覧会
今日10月2日までが会期でーす

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー