« ニューツーリズムモニターツアー/定員まであと5名とか | メイン | 五十嵐アート塾/最近の仕事とこれから »

TPPの勉強会に参加でーす!!/安全・安心の日本はどこに・・・

2011年02月28日

消費者の一人として
輸入関税がかからない安価な商品やサービスを手にいれることができたら・・・

誰もが望むことではありま~す


でも
海外から「安全安心」を無視した商品やサービスが入ってくることを防げるのでしょうか?!
輸入牛肉のBSE問題が記憶の中によみがえりま~す

私たちの命をつなぐ農産物や魚介類、肉や乳製品などの国内生産は守られるのでしょうか?!
食糧の安保保障という概念も脳裏を駆け巡りま~す


そんな漠とした考えで捉えていたTPPの一大騒動
マチナカで行われた少し固い講演会に顔を出すことに・・・

%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%95%99%E6%8E%88%28407x305%29.jpg


主催者や後援団体が「農業」を生業としている人々中心なので
内容はどうしても「国内の農業が守られなくなったならば・・・」の前提に立ち
農業大国アメリカやオーストラリアが手厚い保護をしているという事実にスポットを当てますが・・・

%E8%B3%AA%E7%96%91%E5%BF%9C%E7%AD%94%28407x305%29.jpg


どっこい
消費者の側にいてもやばい話が


TPPに加盟したならば
関税の撤廃のみならず
日本の輸入障壁になっているさまざまな規制の緩和や撤廃も


例を挙げれば

「輸入の際の安全検査を緩和せよ」とか
「有機農産物の殺虫剤や除草剤の残留を認めろ」とか
「食品添加物の表示をやめろ」等など


実直にコツコツと取り組み
つくりあげてきた日本の「安全・安心」が
どこか吹っ飛んでなくなってしまいまーす!!


更に申せば
「労働者の移動の自由化」や「医療の規制緩和」
「公共事業への参入の自由化」等々

私たちの暮らしに
どのような「好まざる影響」がでるのでしょうか?!


一人一人がしっかりと判断し
参加か不参加を表明する必要がありますね


因みに
私は不参加を表明しまーす

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/15002

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー