« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

TPPの勉強会に参加でーす!!/安全・安心の日本はどこに・・・

2011年02月28日

消費者の一人として
輸入関税がかからない安価な商品やサービスを手にいれることができたら・・・

誰もが望むことではありま~す


でも
海外から「安全安心」を無視した商品やサービスが入ってくることを防げるのでしょうか?!
輸入牛肉のBSE問題が記憶の中によみがえりま~す

私たちの命をつなぐ農産物や魚介類、肉や乳製品などの国内生産は守られるのでしょうか?!
食糧の安保保障という概念も脳裏を駆け巡りま~す


そんな漠とした考えで捉えていたTPPの一大騒動
マチナカで行われた少し固い講演会に顔を出すことに・・・

%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%95%99%E6%8E%88%28407x305%29.jpg


主催者や後援団体が「農業」を生業としている人々中心なので
内容はどうしても「国内の農業が守られなくなったならば・・・」の前提に立ち
農業大国アメリカやオーストラリアが手厚い保護をしているという事実にスポットを当てますが・・・

%E8%B3%AA%E7%96%91%E5%BF%9C%E7%AD%94%28407x305%29.jpg


どっこい
消費者の側にいてもやばい話が


TPPに加盟したならば
関税の撤廃のみならず
日本の輸入障壁になっているさまざまな規制の緩和や撤廃も


例を挙げれば

「輸入の際の安全検査を緩和せよ」とか
「有機農産物の殺虫剤や除草剤の残留を認めろ」とか
「食品添加物の表示をやめろ」等など


実直にコツコツと取り組み
つくりあげてきた日本の「安全・安心」が
どこか吹っ飛んでなくなってしまいまーす!!


更に申せば
「労働者の移動の自由化」や「医療の規制緩和」
「公共事業への参入の自由化」等々

私たちの暮らしに
どのような「好まざる影響」がでるのでしょうか?!


一人一人がしっかりと判断し
参加か不参加を表明する必要がありますね


因みに
私は不参加を表明しまーす

ニューツーリズムモニターツアー/定員まであと5名とか

2011年02月23日

道新ブログ仲間の阿部さおりさんが
ご自身のブログ「Luxury(ラグジュアリ-)に乾杯!」のなかで既に紹介されていますが・・・

%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%97%28407x305%29.jpg

モニターツアー募集25人の枠は残り僅か5人だとか


滝川を代表してお客さまをお迎えするステージは


滝川市文化財「太郎吉蔵」
紙袋ランターンなどをご用意してお待ちしまーす


食事処はホテル三浦華園「イル・チエロ」

%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A8%E3%83%AD%E5%BA%97%E5%86%85%28407x271%29.jpg

彫刻家 五十嵐威暢氏の作品を展示して雰囲気を盛り上げています


大自然を堪能するのであれば
やはり丸加高原
手づくり「かんじき」を履いての早朝ウオークでひと汗流しましょう

%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%98%E3%81%8D%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%28407x270%29.jpg


小出さんちの納屋で食すワイルドな朝食
ちょっと驚きかも・・・


腹ごなしには
農園の周囲を巡る馬そりや引き馬


こちらも楽しそー!!
盛りだくさんな企画でーす

わが家のあかりものがたり/ほんの少しの紙袋ランターンでーす

2011年02月22日

マチナカの感動を江部乙丘陵地にも・・・

%E5%BA%AD%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%28407x270%29.jpg

遠景の町の灯りも綺麗でしょ?!


五十嵐威暢さんの思いに触れ
江部乙にもほのあかりが少しでも増えたらと

DSC_0080%20%28407x197%29.jpg

庭先に灯してみましたー


この地の気候風土を賛美したいと

%E3%81%88%E3%81%B9%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%28407x259%29.jpg

こんなデザインも登場で~す

あかりものがたり/思いがかたちに・・・

2011年02月19日

厳冬のマチナカに出現した紙袋ランターンのほのあかり

%E9%A7%85%E5%89%8D%E4%BC%9A%E5%A0%B4%28407x270%29.jpg

DSC_0037%20%28407x270%29.jpg

%E9%A7%85%E5%89%8D%E3%81%AE%E5%B0%8F%E8%B7%AF%28407x270%29.jpg


素朴で質素ながら
幻想的な美しさへの感動の輪が広がりまーす


大勢の幼稚園児やお年寄りまでもがランターンづくりに加わり
自らの手でローソクに火を灯します

%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%82%B9%E7%81%AF%28407x270%29.jpg

%E3%81%8A%E5%B9%B4%E5%AF%84%E3%82%8A%E3%81%AE%E7%82%B9%E7%81%AF%28407x270%29.jpg


雪のちらつく会場で
飛び跳ねてはしゃぐ子供が

DSC_0031%20%28407x270%29.jpg


作品を愛でる人が

%E8%A6%AA%E5%AD%90%E9%80%A3%E3%82%8C%28407x270%29.jpg


太郎吉蔵会場の入口にも
ほのあかりの雪の門が

%E9%9B%AA%E9%96%80%28407x270%29.jpg


出迎える雪灯篭が

%E9%9B%AA%E8%A1%8C%E7%87%88%28407x270%29.jpg


わずか数時間の
はかない光の
すてきな物語でーす!!

大事件/ことしもやってしまいました

2011年02月17日

去年とは様子が異なる屋根の雪
煙突にもたれかかるような形で厚みを増します

気にかけていた矢先
ズズズズズーン

去年と同じように腹の底に響くような音とともに落下しましたー

結果
ことしも大事件発生でーす

P1020465%20%28407x305%29.jpg

ストーブの煙突が見るも無残に
さー大変


原因も場所も異なりますが
風除室の雨どいも少しのダメージを受けていまーす

P1020467%20%28305x407%29.jpg


凍れては緩み凍れては緩みの繰り返しが
こんな結果を招くのでしょうか?!


屋根のこう配がきつく
とても屋根に乗って雪下ろしができる状態ではありませーん

さーどうする・・・

あかりものがたり/準備は順調のようです

2011年02月13日

あと1週間に迫った「第9回紙袋ランターンフェスティバルinたきかわ」
副題は「あかりものがたり」

%E3%81%82%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%8A%28407x305%29.jpg


メイン会場の「太郎吉蔵」中庭に
除雪の響きと人の声です

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E6%95%B4%E5%82%99%28270x407%29.jpg


ボランティアの面々が雪をはね
雪の壁とかまくらの下地を形づくりまーす


雪国暮らし1年目の国学院短大生は
少し大きな除雪機に興味津津

%E9%99%A4%E9%9B%AA%E6%A9%9F%E6%8C%87%E5%B0%8E%28407x270%29.jpg


操作を習い機械を繰っての雪はねに挑戦
地元民との会話もはずみ楽しそうでーす


でも
ちょっと心配・・・
デザイナーさんの意図が会場に反映されるのでしょうか?!

まー
取り越し苦労をせずに当日を楽しみにしましょう


オープンセレモニーや設置場所などの詳細は
紙袋ランターンフェスティバル公式ブログ」をご覧あれ

驚きの手綱さばき/はじめてのホーストレッキングでーす

2011年02月11日

たきかわお試し暮らし
体験ツアー第二弾

愛媛からのお客さまをお迎えして
えべおつ馬倶楽部が雪中でのホーストレッキングをプレゼントでーす

平地の練習場で10歳のぽん太くんを操るその手綱さばき

P1020414%20%28407x305%29.jpg


とてもはじめての体験とは思えません


慣れたところで
峠までの散策と洒落こみましたー

%E6%96%B0%E5%8D%81%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E3%81%AE%E5%B3%A0%E9%81%93%28407x305%29.jpg


眼下に石狩平野の雪原をみおろす峠道
気持ちよさそうでしょう?!


道すがら
ポン太くんは家路を急ぎたいらしく

%E3%81%BD%E3%82%93%E5%A4%AA%E5%90%9B%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A9%9F%E5%AB%8C%28407x305%29.jpg


乗り手の意向を無視して
取って返す素振りも・・・


くつわに引き綱をつけられて
しぶしぶ人に従いまーす


もう少し頑張るか・・・
聞こえてきそうな振舞いで~す

愛媛からのお客さま/冬のお試し暮らし

2011年02月09日

南国からのお客さまをお迎えして

%E4%B8%B8%E5%8A%A0%E9%AB%98%E5%8E%9F%E7%89%A7%E9%87%8E%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%28407x270%29.jpg

厳冬の丸加高原をスノーシューで散策で~す


滝川市が募集する「冬のたきかわお試し暮らし

%E5%86%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%A9%A6%E3%81%97%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%28407x305%29.jpg

9泊10日の雪国暮らし
その半日を割いてのスノーシュー体験です


ご案内するのは「江部乙丘陵地のファンクラブ」の面々
マイブログでしばしば取り上げる「フットパス」で元気な地元の民間団体です


抜けるような青空には程遠く
ときたま雲間から明りが差し込む程度の雪空
一行は林間コースを元気に行軍です

%E6%9E%97%E9%96%93%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%28407x270%29.jpg


牧野の一角
キツツキのえさ場と思しき
立ち枯れた古木に興味を示す旅人がいます

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E8%B7%A1%28407x270%29.jpg

その足元には
つい先ほどつつき落としたと思われるウッドチップが・・・


丸加の豊かな自然を肌で感じて貰えたことでしょう?!

真冬に春のわ・だ・い/菜の花まつりのお話しでーす!!

2011年02月07日

この地では3ヶ月以上先のイベントですが
降雪量の少なさと温かさから雪融けが早まるのではという声に押され

暫く前から実行委員会の活動が・・・

%E3%80%8C%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E5%8B%95%E3%81%8D%28407x305%29.jpg
実行委員会準備会を取り上げた昨年12月4日の新聞記事


ナタネ油の生産現場が会場の「たきかわ菜の花まつり」
開催にはいろいろな制約や課題が・・・

よって早めの企画と様々な調整が必要なのでーす
この2ヶ月間がその期間
凡その方向が固まりましたー


一方
旅行会社への宣伝やアピールは前広に行う必要があります

わが街の老舗旅館
ホテル三浦華園さんではこんな呼びかけも

%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%AA%98%E3%81%84%28407x305%29.jpg

お客さまを迎えいる準備を着々と進めていま~す


今は雪に埋もれる菜の花畑も
雪解けとともに新芽が伸びはじめ
それは見事な幸せ色を運んで来てくれるでしょう


その時期に石狩川から立ち昇る霧と
協奏曲を奏でることも

%E5%B9%B8%E3%81%9B%E8%89%B2%E3%81%A8%E9%9B%B2%E6%B5%B7%20%28407x305%29.jpg


去年出会った
素晴らしい景色でーす

厳冬の丸加/ダイナミックで牧歌的な光景が

2011年02月05日

冬の丸加
白銀に木々と牧柵だけが点々と

%E4%B8%B8%E5%8A%A0%E3%81%AE%E7%89%A7%E9%87%8E%28407x272%29.jpg


振り向けば
眼下にダイナミックな光景も・・・

%E7%89%A7%E9%87%8E%E4%B8%8A%E6%96%B9%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%9C%BA%E3%82%81%28407x271%29.jpg


石狩平野に広がる水田からは
遠くに暑寒

%E6%B0%B4%E7%94%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%9C%BA%E3%82%81%28407x270%29.jpg


近くに丸加

%E6%B0%B4%E7%94%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%B8%B8%E5%8A%A0%28407x270%29.jpg


ヤッちゃん作
最新デジブック「白銀の世界」をご覧あれ!!


厳しい季節に出会う
わが街の自慢の景色の一つでしょう

たきかわ観光マップ/凡その方向性が・・・

2011年02月02日

ひと月強をかけた妥協なき協議の結果
凡その方向性が・・・

サイズはA5変形
ページ数28

菜の花畑を表紙に配し
「滝川色彩街道」をタイトルに戴き

P1020401%20%28407x305%29.jpg

出逢いをキーワードにしたマップが姿を現しましたー


中身を覗けば
滝川の四季のイメージカラーが

P1020402%20%28407x305%29.jpg


そして食の代表格との出逢いが

P1020405%20%28407x305%29.jpg


負けじと
ご推奨の食やスイーツも
更には農産物や特産品も・・・


暑寒に沈む夕日や石狩平野に出現する雲海までもが
ビュースポットの一つとして登場する予定でーす


まだまだ改善の余地は多々ありますが
乞うご期待!!

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー