« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

江別にトンデンファームあり/その心がいいですねー

2010年06月26日

今年の3月まで一緒に活動していた仲間2人が
とある事情からトンデンファームでわらじを脱ぐことに・・・

「ミニ菜の花まつり」の成果を携え
6月のガーデンセールで賑わう江別の夢工房を訪問でーす

着くや否や
わが友佐々木さんが創業者の松山さんを紹介してくれましたー

%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg


問わず語りに聞くところ
牧場経営に憧れて北海道を目指し
酪農学園大学を卒業して養豚場に従事し
昭和50年にトンデンファームを創設したのだそうです

その心は自然回帰
理不尽なほど効率を求める現代の生きざまに警鐘を鳴らし
「七代先のために今日を行動しなさい」というアメリカインデアンの言葉と生活に感銘を受けて
大地を慈しみ、自然と共生する生き方をしているのだとか

同じテーブルには
乳牛10頭で放牧酪農を成り立たせている月形の酪農家
べこ屋の久保さんも・・・

牛にストレスを与えず
のんびりゆったり
良質の乳をつくりだすのだそうです

牛を飼うことが目的ではなく
幸せを求めることが目的だとも・・・


まったく同感でーす!!

トンデンファームの一角には
ものづくり集団「風の仲間」が運営する「大地の学校」が・・・


ひときわ目立つ風貌の大龍我さんが
江別縄文土器の話しや野焼き土燈(どとう)の話を
そして野焼き窯の話を・・・

半ば強引に
松山さん(オーナー)の敷地内にある
野焼き窯の現場を強襲でーす!!

%E9%87%8E%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%81%AE%E7%AA%AF.jpg

これが縄文時代に使われていたと思しき野焼きの現場


薪を下部と周囲に配して土器を置き
奥にある木の衝立で風をコントロールして
器を焼くのだそうです

見て下さい

%E6%B1%9F%E5%88%A5%E7%B8%84%E6%96%87%E7%84%BC%E5%9C%9F%E5%99%A8.jpg


炎の広がりで
木の衝立が焼け焦げているでしょ?!


わが街の自慢はこれ/涼しげで非日常的でもう最高~

2010年06月24日

西1丁目から西6丁目にまたがる石狩川の名ごり
ラウネ川と呼ばれる三日月湖をフィールドにして
滝川市B&G海洋センターが活動していま~す

%E6%BB%9D%E5%B7%9D%E5%B8%82%EF%BC%A2%EF%BC%86%EF%BC%A7%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg


対象者は小中学生を含む一般市民や域外の方々に及び
カヌーやローボート、一人乗りの小型ヨットなど海洋性レクリエーションが楽めるのです
体を鍛え、個人の技量を高め、石狩川の生い立ちや今を知らしめ
団体行動などをも体験することができる施設なのです


夏の短い北海道にあって
ここ7年間はその利用者数において「特Aランク」をキープし
道外からも人々が研修に訪れるのだとか

1年をとおして夏の気候が宿る沖縄などに混じっての快挙なので~す


施設は充実し、安全面にも気が配られていまーす

%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%82%84%E6%95%91%E5%8A%A9%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88.jpg


見て下さい
繋留されている監視や救助用のボート
監視員が陸上から海洋からと終始目を配っています


ライフジャケットも
小さいものから大人用まで

%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88.jpg


きっちりと揃っていまーす


真夏の太陽の下
川面を渡る清々しい風を頬に受けながら

シット・オン・トップ型のカヌーや

%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A0.jpg

コクピットがあるシングルカヌーなどをお楽しみになりませんか?!

となり町の陶器市/昨年もとりあげたテーマですが・・・

2010年06月22日

去年は土砂降りの雨に見舞われた陶器市ですが
今年はスッキリとした青空

というよりも少し蒸し暑い
北海道らしからぬ体感でーす


%E3%83%A6%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2%EF%BC%9A%E6%96%B0%E5%8D%81%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E9%99%B6%E5%99%A8%E5%B8%82.jpg


写真を見ただけで伝わるでしょ?!
10時オープンですが早めにお買いもの!
まだ朝の9時半ですよ


会場を一目見渡すと
そこここに知った顔が・・・

%E5%B1%B1%E9%BA%93%E9%81%8A%E7%AA%AF.jpg


1年間の活動の成果なのでしょう


砂川陶器市「ゆう」で出会った工房風音さんも出品されていて


%E5%B7%A5%E6%88%BF%E3%80%80%E9%A2%A8%E9%9F%B3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81.jpg


妻がお気に入りのひと品をゲットしましたー

終焉から1週間/「菜の花畑の小さな駅」は今?!

2010年06月21日

ご来場者数1万7千5百人
ボランティアスタッフ延べ人数167人
ご来場者の方々からの温かいご寄付3万2千464円

「大大大感動!!」「富良野や美瑛に負けていないね!」「素晴らしい景色をありがとうございます!」「来年もまた来まーす!!」・・・

数々の感嘆の声や励ましのお言葉

まつりの仕掛け人としては
まつりを支えた会のメンバーや多くのボランティアさんも
とても充実した楽しい日々を過ごさせて頂きましたー


そのメイン会場となった「菜の花畑の小さな駅」の現在は・・・

%E3%80%8C%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%AE%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E9%A7%85%E3%80%8D%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E8%B7%A1.jpg


農家さんの手によってすっかりと生産現場の顔に戻り
カッコーが鳴く自然の中でひっそりと太陽の光を浴び・・・


天の恵みを大地に受けて
一日、日一日と逞しくその実を大きく膨らませていまーす!!

%E6%88%90%E9%95%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%8D.jpg

見る人に幸せを運ぶ黄色いジュータンから
農家さんに稔りをもたらす緑色のジュータンへと姿を変えながら
そして私たちに黄金色の自然の恵みをもたらすために・・・


お隣にあった葉っぱばかりのハルユタカ小麦の畑にも大きな変化が

ほら
雑草と化した菜の花の姿はすっかりと消え
白味を帯びた若葉色の穂が顔をのぞかせ

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E6%A8%AA%E3%81%AE%E9%BA%A6%E7%95%91.jpg

その景色を一変させていまーす

わが家の庭は草ぼうぼう/やっとまつりから解放されそー?!

2010年06月19日

12日間のロングランイベント
老体には相当にこたえましたー

やっとデータや会計の整理が済み
近々、会への報告ができそうです


フッと庭先に目を落とせば
そして家庭菜園を見れば草ぼうぼう?!

%E8%8D%89%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E8%8F%9C%E5%9C%92.jpg

カッコーが鳴いても枝豆の苗の姿はどこにもありませ~ん
トホホホ・・・


その横にはトマトや黒サンゴ、ピーマンやしそなどが

%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%E3%81%AE%E8%8B%97.jpg


まつりの合間を縫って妻がしっかりと世話をしていまーす


わがブルーベリーはといえば

%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F.jpg


手入れも草刈もなーんにもしていないのに
大粒の実を結びはじめていまーす


その横の木の葉は毛虫に食い荒らされ
丸裸に近い状態?!


さー
しっかり防除して苗木を守りまーす!!

ミニ菜の花まつりにも余韻が・・・/まだまだ楽しめそー?!

2010年06月13日

一万人を優に超えるご来場者に喜んで戴けた「ミニ菜の花まつり」も今日が最終日

遅れたとはいえ咲き始めが早かった平地の菜の花畑では
菜の花は殆ど散り落ち

%E5%AE%9F%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%91%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91.jpg

こんな感じになっていま~す


私たちの目を楽しませてくれた黄色一色のジュータンは
実を成長させるために緑色のジュータンへと姿を変え
収穫の秋にむけて褐色へと変身していきます


みて下さい!!

%E5%AE%9F%E3%81%AE%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%82%92%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%81%AE%E9%9E%98.jpg


緑色の鞘の中には小さなナタネらしきものの影が・・・


「菜の花畑の小さな駅」は平地よりも標高が高い分
成長が少し遅れ気味

%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%80%8C%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%AE%E3%80%8D.jpg


よって、今でも黄色いジュータンが広がっていまーす


まつりは終わりですが

あと数日は楽しめそうですね?!

心強い助っ人現る!!/肝心な商品は品薄だなー

2010年06月12日

菜の花畑の中でのまつりに
ナタネ油が品切れでーす?!

%E5%93%81%E8%96%84%E3%81%AA%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%8D%E6%B2%B9.jpg


菜の花オニオンソースは既に品切れ?!

お客さまからは
冗談交じりではありますが
がっかりした様子が伺えます

よそをご紹介しようと「道の駅」や「菜の花館」「ふれ愛の里」などに問い合わせるのですが
やはり品薄で何時底をつくか判らない状況とのこと


品切れになるほどお買い求めいただくのは有難いと思う半面
生産が追いつかない現状に情けなさを感じてしまいまーす


一方
捨てる神あれば拾う神あり


十兵衛さんの「菜の花ラーメン」「菜の花天ぷら」「アスパラ天ぷら」
ヴルストよしださんの「本場の味が楽しめる焼きソーセージ」
それにソンブレロアランさんの「タコス」が仲間入りでーす


%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3.jpg
     %E3%83%B4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%A0.jpg
          %E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%B9.jpg


何とか、お客さまのご要望の一部を叶えることができそうで~す

今日も絶好の天気に恵まれ
大勢のお客さまに喜んでいただいていまーす

市民が企画した手づくりのまつり/おかげさまで大好評?!

2010年06月11日

「ミニ菜の花まつり」
今日(11日)のNHKで地域の週末イベント情報として紹介されてしまいましたー

このまつり
実は行政の支援や補助金などは一切入っていない
たった一つの小さな市民団体の仕掛けによるものなのでーす

耕作者の江崎さんや小出さん、それにナタネ生産組合の皆さま方の
血に汗にじむ
涙なくては語れないほどの真摯なご協力と

%E7%94%9F%E7%94%A3%E8%80%85%E3%81%95%E3%82%93%E7%B4%B9%E4%BB%8B.jpg


まつりの軍資金を稼ぎ出して貰っているボランティアスタッフの売り子さん
会場整備や交通整理に係わる市民のみなさん

そして新鮮野菜や旨いものを提供して下さっている方々のご厚意

%E5%95%86%E5%93%81%E6%8F%90%E4%BE%9B%E8%80%85%E3%81%95%E3%82%93.jpg


スポンサーさんとして資金援助をして下さる
私たちがご推薦するレストランさんやパン屋さん

%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93.jpg

多くの方々の温かい励ましや
裏方さんとしてのご支援などもこのまつりの源泉なのです

心の底から感謝でーす!!


ご来場者の方々からも温かい励ましの言葉が
そしてご寄付が・・・

%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E7%AE%B1.jpg


はじめたばかりで存続の話もありませんが・・・

圃場の補償はもとより
駐車場の整備から仮設トイレの設営やその処理に至るまで
何から何まで資金をねん出しなければなりませんので・・・


その結果

ご来場者の方々にえも言われぬ大感動を憶えていただき
菜の花畑という人工美の中で大自然の息吹を感じていただき
この地の心意気や素晴らしさに触れていただき

%E5%AF%9B%E3%81%90%E5%AE%B6%E6%97%8F.jpg


このように
菜の花を愛でながら
のーんびりと憩うて戴けるので~す

余すところ明日(12日)と明後日(13日)のあと二日
観光客の皆さんまのためにも頑張るぞー!!

観光バスまでが ・ ・ ・/映像の力って凄いなー!!

2010年06月09日

ジャーン!!
本チャンの「たきかわ菜の花まつり」は3日前に終了し
水曜日の朝であるにも拘わらず

%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%90%E3%82%B9%E8%A5%B2%E6%9D%A5.jpg

みて下さ~い
「菜の花畑の小さな駅」オープン前から
な、な、何と観光バスが2台も同時に・・・


農産物や地産品などの販売を開始する前から

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%B2%A9%E6%89%80.jpg


買い物に意欲を示す方々が・・・
観光地で良く見かける風景でーす


朝も10時を過ぎるころには
わが菜の花畑の散策路に大勢の人の歩く姿が

%E9%81%8A%E6%AD%A9%E9%81%93%E3%81%AE%E6%95%A3%E7%AD%96.jpg

菜の花の色や香りを楽しみながら
犬などを連れてのーんびりと散歩を楽しんでいまーす!!


たきかわ観光協会の会長さんの話によれば
電話がじゃんじゃんと鳴り響き
事務所内はパニック状態だとか・・・

お問い合わせの皆さま
繋がりにくくなっていてごめんなさーイ

素晴らしい映像の世界/その裏側は?

2010年06月08日

あの「おはよう日本」
私たちにとってもそれは感動ものでしたー!!

その裏側を覗けば
映像ディレクターさんが全体を取り仕切り

%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg


「菜の花の海」や「暑寒をバックの遠景」はこの10mクレーンが

%E6%92%AE%E5%BD%B1%E7%94%A8%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3.jpg


花粉までが映しだされる接写映像はこのカメラが

%E6%8E%A5%E5%86%99%E6%98%A0%E5%83%8F.jpg


そして現場をリポートしてくださる増子アナは
撮影の合間にスタッフのみなさんと
雄大な風景を背にのんびりと寛ぐ姿も

%E5%A2%97%E5%AD%90%E3%82%A2%E3%83%8A.jpg


大勢の方々の緻密な計画や打ち合わせと
一糸乱れぬ連携が
かの映像を創り上げているのです


その基になる菜の花畑は
ちょっと緊張気味に語られていた農家さん達が
倦まず弛まずにつくりあげて下さっているのです


感謝!感謝!!

菜の花畑は今が最高ー!!/公共性の高い電波にも・・・

2010年06月07日

菜の花まつり実行委員会が主催する「たきかわ菜の花まつり」は昨日一日でしたが
笛や太鼓が全くない
わが「ミニ菜の花まつり」は今もひっそりと続けていまーす

少し前にも書きましたが
菜の花の満開時期はいっときではないのです

天候さえ良ければ
今がそしてこれからが最高でーす!!


それを知ってか知らずか
公共性の高い電波を使った生中継の準備作業が

%E4%B8%AD%E7%B6%99%E8%BB%8A%E3%81%AE%E4%B8%80%E5%9B%A3.jpg

わがフィールドの最高地点で進んでいま~す

風の噂に聞けば
番組のタイトルは「おはよう日本」
あす朝に道内と全国放送があるのだとか・・・


また、別のエリアではこんなショットも

%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%A7%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88.jpg

まばゆいほどの菜の花をバックに
なにやら録画取材のようでーす


お客さまも心得たもので
昨日の雑踏を意識して避け
平日の今日、静かになった江部乙丘陵地を訪れてくれているのです

%E5%B9%B3%E6%97%A5%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F.jpg


みてください!!

そんなお考えの方々がこんなにも大勢

菜の花まつりは雲海つき/それは素晴らしい景色でーす

2010年06月06日

菜の花まつりの早朝は
ひんやりとした霧に包まれていましたが・・・

7時を過ぎる頃には日が差して雲海に変わり

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%A8%E9%9B%B2%E6%B5%B7.jpg

こんなに見事な風景が至るところで出現してまーす


この時期
しばしばみられる気象現象で
ドキッとした感動に包まれること請け合いです


我がミニ菜の花まつり会場では
今日一日 交通渋滞回避のために
自動車乗り入れ禁止です


これは昨日の風景ですが

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%AE%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E9%A7%85%E3%81%A8%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%B9.jpg


札幌からお越しのフットパスツアーの方々が
わが会のガイド役の案内で会場前を通過しているところです

皆さん
とっても楽しそー!!

お越しくださるお客さまのために・・・/重労働でーす

2010年06月05日

朝のうちは雨が残っていましたが・・・
降水確率30%‐10%‐30%

昨日の天気予報でーす

菜の花が満開を迎えているので
遠方からお越しの観光客も多くいらっしゃると思い

早朝から農家さんに「もみ殻」を手配していただき
え~んやこらー!!

%E5%9C%83%E5%A0%B4%E3%81%AE%E6%95%B4%E5%82%99.jpg

元気で馬力のがある我が会の会長さんとえーんやこらー!
300坪の敷地に蒔くのは重労働でーす

別の農家さんが助っ人に現れ
ぬかるんだ足元を何とかきれいに確保することができましたー


このまつり
市民が企画した手づくりのお祭りなので~す
会場の整備を見ればお判りでしょ

%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%A8%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A.jpg


会場入り口には
恥ずかしげもなくこんなポスターが・・・

%E5%AF%84%E4%BB%98%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.jpg

別に顔を売りたくて背景に使っているのではありませ~ん
元モーグル オリンピック選手山崎修さんのジョークなのです

おー恥ずかしー?!

滝川菜の花畑の取材が目白押し/ひえーっ!!

2010年06月04日

昨日のDoshin動画Newsにも上空からの動画で紹介されていますが
ここ滝川は今まさに満開でーす

%E8%BB%8A%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%8B%E3%82%89.jpg

我が「ミニ菜の花まつり」の会場は標高が少し高いので
満開というには少し早い気がしますが・・・


満開時期をひとくされ

菜の花は桜などと違って一気に散ってしまうものではありませ-ん
茎の先端が成長しながら花芽をつけ
次から次に花を咲かせて上に上に伸びるのです
背丈は人の頭をゆうに超える程

下の方は受粉して実を結び
ナタネが入った鞘ができ始める頃が見頃だとおっしゃる「その道のつう」もいまーす


話は戻りますが
この時期、観光客の方が我が滝川(実はその多くが江部乙地区)に大勢いらっしゃいます
そして新聞社さんやテレビ局の方も

色々なチャンネルを使って我が「ミニ菜の花まつり」にもアクセスして来られまーす

そして
現場ではこんなシーンも・・・

%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%95%E3%82%93.jpg


どの局の、どんな番組を制作しているのでしょうか?!


撮影の際
時としてこんな方法でも・・・

%E6%98%A0%E5%83%8F%E5%8F%96%E6%9D%90.jpg


最初の写真は
筆者がワゴン車のルーフに乗らせて貰い
撮影したものでした!!


そういえば
6月8日に
そして6月9日にも

テレビ取材が入っていまーす

合間合間には新聞取材も・・・

ひえーっ!!

お客さんの出足は快調/さー頑張るぞー!!

2010年06月03日

とっても有難い悲鳴でーす?!

15町歩のミニ菜の花まつり会場への初日の入り込み数は・・・
平日にもかかわらず乗用車で百数十台
観光客数で凡そ450人かな?!

%E3%83%9F%E3%83%8B%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E9%81%A0%E6%99%AF.jpg

普段は入ることができないエリアで
こんな形で「おまつり」をさせて戴いていまーす
ナタネ生産者さん(江崎さん&小出さん)のご理解と強力なバックアップがあればこそ・・・


この時期だけ、この場所だけの限定ではありますが
十分に菜の花を堪能して下さーい!!

この辺りを上空から見れば

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%80%80%E4%B8%8A%E7%A9%BA%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

菜の花畑の周囲や畑の間に畦道がクッキリと見えるでしょ


この畦道に足を踏み入れれば

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%B2%B3.jpg

見て!見て!
こーんな景色が広がるのです

名付けて「菜の花の大河」
撮影者も名付け親も山崎修さん
元モーグルのオリンピック選手で
私たちを様々な形で支援してくださる夫婦揃ってのお友達でーす


ちょっとキモイかも知れませんが

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%A8%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%81%95%E3%82%93.jpg

「えべおつ菜の花畑」を背景に
ツーショットで~す

菜の花畑の小さな駅/えべおつ菜の花畑の看板ってかわいー

2010年06月02日

今日は「菜の花畑の小さな駅」のオープン日です

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%AE%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E9%A7%85.jpg

これが今朝の風景です

華々しいセレモニーはありませんが
小鳥のさえずりと畑を吹き抜ける風の音が
雰囲気を盛り上げまーす

会場の一角には
ほほえみ工房さん製作のかわいい看板が
お客さまを出迎えてくれまーす

%E3%81%88%E3%81%B9%E3%81%8A%E3%81%A4%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91.jpg

リンゴと羊をあしらった「えべおつ菜の花畑」
この地の名前を広く知らしめたいと
妻がこっそりと製作依頼していたのでーす

素晴らしいできじゃありませんか!!


この写真を見ていただくとお判りかと思いますが

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%AE%E4%B8%98.jpg

ナタネの生産現場にこんな形で入り込めるなんて!!
企てた私ですら信じられませ~ん?!

上空からの第二弾/地上でも着々と・・・

2010年06月01日

またまた「たきかわスカイパーク」の日口さんから上空写真でーす
大勢の人々が「菜の花フライト」を楽しまれていると漏れ聞こえてきます
頑張ってくださ~い!!

DSC06866.JPG


只今、筆者は取込み中なので・・・
残念ですがグライダーに乗ることができませ~ん


地上では
「ミニ菜の花まつり」のメイン会場作りが着々と進み

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg

展示販売用のテントもご覧のように
準備できはじめています
その名は「菜の花畑の小さな駅」


一方、お客さまが菜の花畑の中を散策し、まじかで触れ合っていただくために
遊歩道マップをご用意いたしましたー

%E9%81%8A%E6%AD%A9%E9%81%93%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97.jpg

私の手づくりなので洒落たことはできませんが・・・
どこを歩けるのですか?
距離はどのくらいありますか?

の質問に答えられる程度の情報は含まれていまーす!!

このマップ、現地で配布させて頂きます

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー