« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

丸加で初ラウンド/ひぃぇー!

2010年04月30日

標高180m近傍に展開する丸加高原カントリークラブは
われら丸加同好会のホームコース

昨29日は今シーズンのオープン日
同好会コンペが開催されましたー

早朝から雨模様の暴風が吹き荒れていまーす
下から見上げると残雪もありそうで
恐る恐るコースに向かいます

融雪剤散布など、コース整備の甲斐あって
9ホールがプレイ可能な状態に


でも・・・
20m/secになんなんとする暴風がコースを吹きぬけます

%E6%9A%B4%E9%A2%A8%E4%B8%8B%E3%81%AE%E5%88%9D%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89.jpg

見てください
ウインドブレーカーがパンパンに膨らんでいるでしょ?!


この風に向かってティーショット

%E9%A2%A8%E4%B8%8A%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%89%93%E3%81%A6.jpg

帽子などかぶっていられませ~ん
みてみて!!髪の毛が吹き飛ばされそうでしょ?!


ギブアップあり、ダブルスコアあり
散々なラウンドでしたが

春到来のプレー初日は
楽しくもあり
清々しくもありましたー

文明より文化を/考えさせられるフレーズです?!

2010年04月27日

マルさんから嬉しいお小言を頂いたので
今日は格調高く、「絵画」と「文」の話題と参りましょう
これなら腹には堪えないでしょうから

滝川市では、岩橋英遠さんや一木万寿三さんのお弟子さん達が、更に次のお弟子さん達を育て上げ
立派な絵画の世界を築きあげていま~す
その裾野が公民館などを拠点に行われているグループサークル活動


活動現場を覗かせていただきたくて「虹の会」の教室を訪問です

%E6%96%87%E5%8C%96%E5%9B%A3%E4%BD%93%E3%80%8C%E8%99%B9%E3%81%AE%E4%BC%9A%E3%80%8D.jpg


先生からご指導の方針をお聞きし
会員の方々のお話を伺い
実技を拝見させて頂いた貴重なひと時です


早弓さんのスケッチブックには

%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF.jpg


日曜日を除く毎日、時間単位でご指導の予定がびっしりと
その熱意が熱く熱く伝わってきます

ご自身曰く
基礎を習わずに独学で苦労しながら油絵を学んだので
生徒さんには基本をきっちり押さえて欲しいのだとか
ご指導ぶりにも熱いものが感じられます


教室を出て廊下を行くと
永六輔さんの書が

%E6%B0%B8%E5%85%AD%E8%BC%94%E3%81%AE%E6%9B%B8.jpg


「文明より文化を」のひとフレーズに

全く同感でーす!!

文化を尊ぶ事って崇高なことだと思うのです


移住 満1年を記念して/地元の食材って最高ー!!

2010年04月24日

移住 満1年と妻の誕生会をかねて
マチナカでディナーで~す

たーっぷりとワインなどを嗜みたくて
今日は妻の運転に身を委ねます

新山ふぁーむさんのラム肉をメインに
採れたての雪割りなばなや
ハルユタカを使ったパスタなどが供されます

素材の多くが地元産
嬉しいかぎりで~す


はじめに登場するのはラム肉の刺身

%E3%83%A9%E3%83%A0%E8%82%89%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%BF.jpg

モモ肉のルイべ風で
モンゴル産岩塩や生姜、香草などが添えられています
やわらかーい子羊のモモは岩塩にぴーったり!!
癖なんか全くありませ~ん
米酢漬けのトマトのピクルスも刺激的で美味しいのです


次なるはホタテとなばなのタリアティレ

%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%88%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%A6%E3%82%BF%E3%82%AB%EF%BC%86%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%8A%EF%BC%89.jpg

ハルユタカ小麦を使った手打ち生のパスタにホワイトソースがぴーったり
むろん雪割りなばなはいうことなし
ホタテも新鮮そのものでした~


締めは何と言ってもラム肉のステーキ

%E3%83%A9%E3%83%A0%E8%82%89.jpg

なにはさておき
美味しかったーーー!!
柔らかいのなんのって
ジューシーな焼き加減もばっちりですよ


ビスコッティあり
オリーブとローズマリー仕立てのサラダあり
デザートあり


アッという間の数時間でしたー


場所は、最近マイブログにしばしば登場するラ・ペコラさん

オーナーシェフの奥方が
マイ妻の同好会仲間(大先輩)なのでーす!!

菜の花の作付面積にっぽん一~~~/少し遅めかなー!!

2010年04月22日

畑の雪は完全に融けてなくなり
去年の晩夏に作付して越冬したキザキノナタネが
こーんな感じで
あちらこちらに顔をだしていま~す

%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%AD%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%8D.jpg


でも例年に比べると・・・
生産農家さんの顔が曇りまーす

満開時期は5月の**日かな
6月に入るのかなー
地元でも見解が分かれています

何故かって?!
同日のほぼ同時刻に別の場所で撮った写真がこんな風景なのですから・・・
いまだに雪の下でひっそりと眠るキザキノナタネも多くいるのです

%E9%9B%AA%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%A7%E7%9B%AE%E8%A6%9A%E3%82%81%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%8D.jpg

ここ滝川では平野から丘陵地にかけて標高差で90mの範囲に
それも南北11Kmもの長ーいエリアに作付されているので
雪どけ(≒開花)の時期が場所によって週間オーダーで異なるのです


されば、全容を把握して開花時期や満開時期をマイブログで発信しちゃおうじゃありませんか
早速、地図を片手に畑の中を走り出しましたー

何といっても「菜の花 作付面積日本一!!」なのです
私のゼンリン住宅地図にはオレンジ色がアッというまに増えていきます

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91%E3%81%AE%E5%88%86%E5%B8%83%E5%9B%B3.jpg

ほんの一部のエリアしか表示できませんが
ここが今年の作付エリア な・の・で・す
因みに黄色は去年の作付エリア


ここに至るまでには
生産農家さんやナタネ生産組合長さん
JAたきかわの皆さん

多くの方々のご指導があったればこそ
一人じゃとっーても掌握しきれませ~ん

この情報
菜の花シーズンに観光協会で作成する菜の花マップのお役に立てばと
秘かに思いめぐらしていまーす!!

地域の盛り上がりと文化の伝承/絶対に実現したーい!!

2010年04月20日

去年の今日(4月20日)今ころ
最後の荷出しを行って最終確認のためにバタバタしていたことを思い出しました

それから早1年
今年の初夢に見た内容も徐々に実現に向かいつつありま~す

この1年間で目にし、耳にし、味わい、身をもって体験して感じたこと
それは特筆すべき様々な活動

%E7%89%B9%E7%AD%86%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8D.jpg


そして素晴らしい景観

%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E6%99%AF%E8%A6%B3.jpg


歴史文化や芸術が根付く気候風土

%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%AE%B6%E3%81%9F%E3%81%A1.jpg


果樹やナタネ、アスパラなどのそれは美味しい農産品

%E7%89%B9%E7%94%A3%E5%93%81.jpg


これらの全てがこの地における貴重な財産であることを
そしてこれらを活かし保存し続けることを
これからの私のライフワークにしたいと思うのです・・・


そのイメージは
朽ち果てそうな農業遺産の再利用や

%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%AE%A4%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8.jpg


人工美あふれる丘陵地での自然散策などを使った

%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%B9%E4%BA%8B%E6%A5%AD.jpg


観光振興による地域の盛り上がりと
気候風土に根差す歴史と文化の伝承なので~す!!


地元FM局に登場/あーしんど?!

2010年04月18日

この地への移住希望者として
飛び入りのゲストで登場したことは2回ほどあるのですが・・・

番組の進行役としてマイクの前に立つのは初めてでーす

本番前の記念撮影でヘッドホーンを付け
マイクを前にリラックスした表情ではありますが

%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%89%8D%E3%81%A7.jpg

心の中を覗いてみると
平常心は何処へやら

本来ならば生放送ですが
全くの素人なので時間の使い方に不安があり
無理を言って録音に切り替えて貰っていたので~す

事前準備と関係者の皆さまの温かい支えがあったので
何とか一発で収録を終えることができました

%E6%9C%AC%E7%95%AA%E3%81%AE%E9%8C%B2%E9%9F%B3%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg

でも、その緊張ぶりは伝わってくるでしょ?!

筆者が一番奥に鎮座しているのはお判りのことと思いますが・・・
市役所の方々にも緊張感が伝わってしまったのでしょうか
ごめんなさーイ

放送局はエフエムなかそらち
またの名を77.9MHz FMG′sky

FMGsky%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB.jpg


パーソナリティーさんは
空手道を極めるあけみさんでーす

%E3%81%82%E3%81%91%E3%81%BF%E3%81%95%E3%82%93.jpg


この放送は滝川市の広報番組で
タイトルは「みんなのタキカワ」

コーナーは「聞いて納得!たきかわ」
行政が伝えたいことを市民目線に置き換えて聞き出しちゃうっていうコンセプト!!

今回のテーマは4月1日にオープンした「まちづくりセンター」でした~

私の担当は月2回
第二と第四金曜日の12時15分が多くなりそうです

次回は4月30日
コーナーは「ぶらり!滝川探訪」

今度こそは生放送
さて、どうなりますやら・・・

春の嵐の今日だからこそ/美っつくしー!!

2010年04月16日

とてつもなく美しー夕やけが現われましたー!!
朝焼けと見紛うばかりの紅黄金色

%E6%97%A9%E6%98%A5%E3%81%AE%E5%A4%95%E7%84%BC%E3%81%91.jpg

荒れ模様の今日だからこそ
などと勝手な理屈をこねての掲載でーす

何ということはありません
単なるネタ切れー?!

友からの便りはマガンの乱舞/すっげー!!

2010年04月14日

朝一番に届いた友からのメールの中に
雨竜沼に飛来している鳥たちを紹介する一文が・・・

防寒着を着るももどかしく
カメラひとつで飛び出していく私がいました


確かに大軍団!!

白鳥は雨竜沼に羽を休め

%E6%B2%BC%E3%81%A7%E7%BE%BD%E3%82%92%E4%BC%91%E3%82%81%E3%82%8B%E7%99%BD%E9%B3%A5.jpg


マガンは大空を乱舞しているではありませんか

%E9%B4%A8%E3%81%AE%E4%B9%B1%E8%88%9E.jpg


畦道に注意を払えば
少し花びらが開いたフキノトウが

%E7%95%A6%E9%81%93%E3%81%AB%E3%81%AF%E8%95%97%E3%81%AE%E5%A1%94.jpg

春の嵐が運ぶ粉雪をまといながら
黄色味を帯びた若緑色をその寒風に晒していました!!


わが家から車で5分の
石狩平野の早春の
田んぼの中での一コマです

「雪割りなばな」のガーリックソテー/旨かったー!!

2010年04月12日

holosukuさんのリクエストにお応えして
今日は雪割りなばなのオンパレード~~~

今が最盛期の雪割りなばな
レストランでもスーパーでも

%E4%B8%AD%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%9B%AA%E5%89%B2%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%B0%E3%81%AA.jpg


中野さん家(ふぁーむ)を訪問しなくても
何時でもどこでも中野さんとご対面でーす


今日は、マチナカのラ・ペコラさん

%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%B3%E3%83%A9%E7%9C%8B%E6%9D%BF.jpg

このレストランは羊がトレードマークなのです
何故かって?!

オーナーシェフ河内さんは若いころにモンゴルを旅し
羊一頭丸ごとを料理する技を身につけてしまったのです

そのシェフが、今か今かと待ち侘びた雪割りなばな
中野さんに初出荷の日を何度も確認していたようです


この時期は、その雪割りなばなのメニューがずら~り

%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%80%80%E6%97%AC%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC.jpg


その横には滝川産(新山ファーム)ラムスジ煮込みの文字も・・・


ラムスジ煮込みにも目を奪われるのですが
今日のテーマは雪割りなばな
私のチョイスは勿論「雪割りなばなのガーリックソテー」でーす

%E9%9B%AA%E5%89%B2%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%AE.jpg

ガーリックが効いたオリーブオイル炒めは、塩味が絶妙で歯応えサックリの春の贈りもの


そして、軽くいただく昼食は「雪割りなばなと小エビのクリームグラタン」

%E9%9B%AA%E5%89%B2%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%A8%E5%B0%8F%E3%82%A8%E3%83%93%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%B3.jpg


とおーってもおいしいホワイトソースとコンガリチーズが嬉しい
緑色も鮮やかななばながたーっぷりと入った
表現のしようもない逸品でしたー!!


このように書くと
毎日がレストランと思われてしまいそうですが

わが家の食卓には
頻繁に雪割りなばなが登場しているのですよ?!

菜の花めぐりフットパス/とっても清々しそー!!

2010年04月10日

道内のバスツアーを検索していたら
な、何と!!

「作付面積日本一!滝川の菜の花畑・・・」の文字が・・・
関東・東京23区を出発地とするパッケージツアーが大々的に企画されているんでーす
たまげた~

そういえば
わが町の中でもあちらこちらに「菜の花めぐりフットパス」のポスターが・・・

%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%B9.jpg


江部乙丘陵地の美しい田園や自然の中を
歴史や文化、小鳥や小動物などの話を聞きながら
のーんびりと散策するのでしょう

菜の花シーズンでは5月の15日と23日にツアーが企画されているとか

畑の中のあぜ道を草いきれを感じながら歩く感触
遠い昔を思い出させる
懐かしいふるさとの風景ですよね?!


菜の花畑 春夏秋冬シリーズ/今年のビューポイントは?!

2010年04月06日

菜の花まつりのはなしは時期尚早ですが
そろそろ実行委員会にも動きがでる季節になりました

そうそう
去年の夏ころに「ナタネの刈り取り」記事でお約束していた
「菜の花畑」の春夏秋冬シリーズ
ご開帳してみたいと思います


今シーズンの真冬の朝方

%EF%BC%91%EF%BC%95%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%86%AC.jpg


朝日の差し込む薄紅色の暑寒別を背景に
石狩川から立ち昇る朝霧と淡雪に覆われた畑です
あと数年は、この畑で菜の花を見ることはないでしょう


秋口の景色は、生憎、写真に収めていませんが
輪作のための土づくりや大豆などの種蒔き、自生ナタネの防除などが行われていたのでしょう


少しさかのぼれば
既にお伝えしているナタネの収穫風景です

%EF%BC%91%EF%BC%95%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%A4%8F.jpg


そして菜の花が盛りの5月の風景

%EF%BC%91%EF%BC%95%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%98%A5.jpg


季節によって
こんなに風情が変わってしまうのですね


今年は積雪量が多かったので
菜の花のピークは5月下旬から6月上旬と見る向きが大勢を占めています

果たして何時頃に、何処で
このような景色を見ることができるのでしょうか


早目に現地を調査して
このブログで皆さんにお伝えしたいと思いまーす

満開の桜/チューリップの新芽/そして夏タイヤ

2010年04月04日

千鳥ヶ淵のソメイヨシノが満開に咲き誇り
お濠の水面に漂うピンクの花びらが
ニュースで繰り返し映しだされています


わが町の田畑では冬の冷気と春めいた陽気が交錯するなか
少しでも雪解けを促そうと
融雪剤で雪の表面を黒く染め上げています

%E8%9E%8D%E9%9B%AA%E4%BD%9C%E6%A5%AD.jpg

広大な田畑では機械による作業が行われていますが
人手による作業は昔の風情を醸し出してくれます

いっときでも早く黒土が顔をのぞかせてくれたら
やった甲斐があるというもの・・・


わが家の庭の花壇では春めいた変化が・・・

%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E8%8A%BD.jpg

今なお消えぬ雪を少し強引に取り除いてみると
去年の秋口に植えたチューリップの新芽が
黒土の中から顔をだしているではありませんか


春は、そこまで来ているんでしょうね?!


そういえば
お隣さんがスノータイヤを外していま~す
そろそろ夏タイヤの季節にさしかかっているのでしょう


残しておきたいこんな遺構/身勝手かもしれませんが・・・

2010年04月02日

かつては江部乙リンゴで名を馳せたわが丘陵地は
今ではその大半が畑作にとって代わられ
英遠画伯が描いた「道産子追憶の巻」の風景を彷彿とさせるリンゴの園の景色は消えかけています

時の流れにあって
春先には日本一の菜の花畑が出現し
あちらこちらに素晴らしい景観が蘇ります

その景色を引き立たせ
この地の文化を今に伝えるリンゴむろ

11丁目では
雪を冠したピンネシリを背景に
真っ白な畑のなかでポツンと佇むレンガ色のリンゴむろを見ることが・・・

%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%AE%A4%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg

菜の花の黄や小麦の若緑色のジュータンが波打つ景色の中にも際立つ
希少価値のある遺構なのです


少し離れた広葉樹林の端にも
人目に触れることなく

%E5%8D%8A%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%AE%A4.jpg

地中に埋まってひっそりと機能するコンクリートムむろが


町はずれの19丁目では
荒れ果てた緑地の中で

%E6%9C%BD%E3%81%A1%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%AE%A4.jpg

使われないままに朽ち落ちてしまいそうなアーチ状のレンガむろも・・・


今では用を成さず
荒廃するに任せきりになってはいますが

この地域の遺産として
何とか修復して役立てることができたならばと
勝手に思うのであります

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー