« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

菜の花タクシー最終便

2009年05月31日

16日からお目見えした菜の花畑を巡回する「菜の花乗合ジャンボタクシー」は、今日31日が最終日です

005%E3%80%80%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5.jpg


生憎の雨模様に、お客様の数はお湿りのご様子

それでも15人がご利用され、2週間の延べ人数では530人以上のお客様をご案内したようです

今年が初めての企画で、来年以降も企画は継続されるようです


最終日の最終便には、妻と私が特別招待を受けました!!

とは云っても、ちゃーんと料金をお支払いしてのこと ・ ・ ・

他にお客様がいらっしゃらなかっただけでした~?!


010%E3%80%80%E6%9C%80%E7%B5%82%E4%BE%BF%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%96%E5%87%BA%E7%99%BA.jpg


定刻を少し過ぎて、最終便の出発で~す

時間キッチリに出て、乗り遅れのお客様がいらしては申し訳ないとの運転手さんのお心遣いに、こちらも納得


4ヶ所の停留場に止まっては、車外に降りてのご案内つき

013%E3%80%80%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5.jpg

「菜の花」と「なばな」では、灰汁の多さと柔らかさが大きく違うこと

輪作の作物が、この辺りでは菜の花→蕎麦→小麦→大豆→菜の花であること

菜の花が土の栄養を沢山必要とするので土地が痩せる傾向にあり、また、連作によるアブラナ科特有の病気の発生を抑えるために輪作するとのこと

そのためには、イネ科や蕎麦(タデ科)が適しているのだとか ・ ・ ・

黄色いジュータンにばかり目がいく私ですが ・ ・ ・奥が深いですねー?!


雨にも拘わらず、ビュースポットには観光客の車がちらほら


011%E3%80%80%E9%9B%A8%E3%81%AE%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5.jpg


24日の「菜の花祭り」では、車が溢れんばかりとご報告しましたが ・ ・ ・

盛りを過ぎた雨の日曜日にも、遠来のお客様がいらっしゃるのです!!


有り難いですねー


嬉しいですねー!!

初挑戦!!

2009年05月28日

「道の駅たきかわ」では、色々な種類の苗や種が、農家さんから持ち込まれています

ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、トマト、パプリカ、茄子 ・ ・ ・

並べる先から、飛ぶように売れていきます


028%E3%80%80%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E3%80%80%E8%8B%97%E3%81%AE%E5%A3%B2%E3%82%8A%E5%A0%B4.jpg


苗を植えるのに最適な時期が到来したのでしょう


5月初めに土起こしを行い、石灰や堆肥をすき込んで土づくりを行いましたので、これからは妻の手による苗の植え付けです

とは云え、土づくりが上手くいっているか否かは知りませ~ん?!


世に云う「野菜に聞いて下さ~い」です


妻は、ご近所さんから肥料や必要資材などを伝授して頂き、花・野菜技術センターでの講習会を思い出しながら苗を選び、おもむろに野良仕事の身支度をしています・ ・ ・

いざ!!野菜づくりに出陣です?!


3週間近く前に植えたジャガイモは、可愛らしい新芽が土の上に顔を覗かせています


037%E3%80%80%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%8A%BD.jpg


今日、植えたパプリカや茄子、ミニトマトなどが菜園に姿を現しています


作物にいこいや湿気を与える養生ビニールに見守られながら ・ ・ ・


風防の上から覗いた可愛らしい6年生の苗達です


036%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AB.jpg


038%E3%80%80%E3%81%AA%E3%81%99.jpg


全体像はおろか、植えた苗の全容もお見せすることはできませんが ・ ・ ・

部分的には、尚且つ、初めての菜園いじりにしては ・ ・ ・

てな、評価でしょうか?!

039%E3%80%80%E8%8B%97.jpg

これを機に、どんどん腕を磨くのではないでしょうか?!


ご期待くださ~い?!


手作りパンと新作ハスカップジャム

2009年05月26日

恵庭と札幌から、妻のお友達が遊びにきました

遠来のお客さま第一号で~す!!

お目当ては、満開の菜の花畑と、丸加高原

長ばなしと美味しい食べ物は、いわずもがな


こんな景色をご案内しました
017%E3%80%80%E4%B8%B8%E5%8A%A0%E9%AB%98%E5%8E%9F%E3%82%88%E3%82%8A.jpg


015%E3%80%80%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91.jpg


こんなお店にもご案内しましたョ~

以前、ご紹介した「ママズキッチン」さん

そう!!

スープカリーと釜めしの、お味 雰囲気 保証付きのファームレストランさんで~す

044%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.jpg


お友達二人が、愛情た~っぷりの焼きたて手作りパンをお土産に持ってきてくれました

ほどよく焼かれたミルクボール、玉ねぎの甘さを存分に引き出す玉ねぎパン、見た目もきれいな渦巻きチョコパン

本職まがいの見栄えとお味です


002%E3%80%80%E6%9C%9D%E9%A3%9F%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88.jpg

おかずには新鮮卵と採れたてアスパラを配した、今朝の朝食です

美味しそうでしょう?!


本職が手塩にかけて作った新作ハスカップジャムとパンの相性はバッチリ

北海道産に拘る「フォレストさん」の渾身作がそれです

千歳産のハスカップ、道東産のピートグラニュー糖、レモン果汁のみで作った混ざり気なしの純粋ジャム

ハスカップは滝川産を所望されているのですが、生産者が判明しないとのこと

探してみたいと思いまーす


009%E3%80%80%E6%89%8B%E4%BD%9C%E3%82%8A%E3%83%91%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0.JPG

プレーンヨーグルトにも!!

ハスカップの濃厚な酸味と、しとやかな甘さが、ヨーグルトを引き立たせます

アッ!!

ハスカップジャムは、未だ店頭には並んでいないかも?!


今日は、盛りだくさんな内容になってしまいました


「フォレスト」さんには、また、取材を試みたいと思いま~す!!


「ママズキッチン」さんにも、足繁く、通いたいと思いま~す!!


皆さんも、景色よし、味よし、空気よし、の江部乙にお越しくださ~い

滝川菜の花まつり

2009年05月25日

真っ青な青空と強い日差しに、黄色い菜の花が透きとおって見えます

遠景の山並とのコントラストも見事です

009%E3%80%80%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%A5%AD%E3%82%8A%E5%BD%93%E6%97%A5.jpg


普段は閑散としている農道には、大勢の観光客やカメラマンが溢れます

観光客を当て込んで、無人販売所にはアスパラや玉ねぎが ・ ・ ・


菜の花畑のパッチワークを登り詰めると、祭り会場になっている丸加高原伝習館に行きつきます

ここでも車が溢れ、何処に止めたら良いのやら?!

そらぷちキッズキャンプの建設予定地にやっと停めることができました


会場には、地元農家の生産者コーナーや菜の花スイーツ、商工会議所青年部の出店ブース、そらぷちキッズキャンプ広報ブースなどが所狭し

景気の良い呼び声で、観光客を誘っています

025%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E4%BC%9A%E5%A0%B4.jpg


なたね生産者組合のブースに、見覚えがある顔が ・ ・ ・

何と?!

あなたーが いつかぁ~♪

はなしーて くれたぁ~♪

岬を-♪ ぼくはぁー♪ 訪ねて~きた~♪


「岬めぐり」の山本コータローさんではありませんか?!


021%E3%80%80%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%A7%E3%81%93%E3%83%BC%E3%81%9F%E3%82%8D%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%AA.jpg

妻が、興奮気味に握手を求めます!


熱烈ファンの、その人が目の前なのです!!

早速、記念写真にサインのオネダリ

とは云っても、ちゃーんと「なたね油」を2本ゲットで~す


このなたね油で揚げた菜の花の天ぷらも振る舞われていました~


家に帰るや否や、早速、サインが額縁に納まっていました

037.jpg


余程、嬉しいのでしょう?!


なんだか?菜の花祭りはぼやけてしまいましたね ・ ・ ・


江部乙 野鳥館

2009年05月24日

今日は、街中に目を向けましょう

とは云っても、江部乙町の中心地から数百メートルほど離れた農村部との端境にあるギャラリーです

日本野鳥の会滝川支部所属の方が個人で運営する「江部乙 野鳥館」

国道12号線に面した、飾り気のない質素な建物です


005%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E9%A4%A8%E3%81%AE%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg

開館日は土曜の限られた時間帯のみ

中に入ると、野鳥の飛翔動態を見事に切りとった写真が目に飛び込んできます

更に、館長さんと思しき人がパソコンに向かう姿が確認できます

004%E3%80%80%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg


会員数40人ほどの「江部乙丘陵地のファンクラブ」の会長さんでもある、穏やかな人柄の大崎さんから

江部乙周辺の野鳥について

庭の木に巣籠りしているキツツキの仲間「アリスイ」について

デジタルカメラとカラープリンターによる作品の制作について


丁寧にお教えいただきました


006%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E9%81%94%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%90%E3%82%89.jpg


パソコンに収蔵されている「クマゲラ」の静止画映像をも、BGM付きで堪能させて戴きました!!


野鳥観察や野鳥保護の活動に留まらず、江部乙丘陵地ファンクラブが主催する「自然観察会」「フットパス」「地域イベント」への参加など、地に足をつけた実りある活動を推進されています

少し前にご紹介した「岩橋ふるさと桜並木」の活動にも ・ ・ ・

江部乙をこよなく愛し、自然との語らいを大切にする、大崎さんならではの、旺盛な活動意欲に感服です!!

素晴らしい写真や館長さんとの出会いを、是非、ご堪能下さい

お立ち寄りの際は、館長さんにご一報を!!

008%E3%80%80%E9%96%8B%E9%A4%A8%E6%97%A5.jpg

今日は、江部乙丘陵地をフットパス参加者の方々と一緒に、のーんびりと、野鳥や草木、歴史や文化を語りながら、散策していることでしょう


大家さん訪問、こんな楽しみ方も

2009年05月21日

「道新ブログ」に引っ越してから、間もなく2ヶ月

「滝川市江部乙町」に移住して丸1ヶ月

ライラック祭りに託けて、大家さんへのご挨拶と相成りました

滝川ターミナルビルから高速バス(片道1,300円)で約1時間半

札幌時計台で下車です

時計台の斜め向かいにある本社ビルの7階が大家さんの棲家


既にお気づきとは思いますが、大家さんとは、云うまでもなくブログ管理者の「北海道新聞社 メディア局さん」

30人強のスタッフが、新聞社とは若干趣を異に、少し静かにお仕事に取り組んでいます

メディア局の特殊性が、職場の雰囲気に表れているのかも知れません


「しんぶん♪ひつまぶし」のジミー竹内さんと情報交換を行い

部長さんにごあいさつ

「コンサドーレ応援歌+」の黒田さんにもご紹介をいただきました

お仕事中、職場に乱入してご免なさ~い


大家さんの職場のすぐ近くがライラック祭りの会場、大通り公園です

007%20%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E7%A5%AD%E3%82%8A%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

夏を思わせる強い日差しと、ライラックの香りに誘われて、大勢の人が繰り出しています

人の集まる所、経済活動あり!!

実感で~す?!


大通西7丁目に「ワインガーデン」が出現しているのを予備知識に入れていたため

西3丁目から一目散です

ガーデン風景は、撮り忘れたのでアップできませ~ん


1,000円でグラスワイン3杯のテイスティングセット券を買い求め

道内各地のワイナリーさんが持ち込んだ自慢のワインをチョイス!!

辛口、しっかりボディーの赤を飲み比べ

歌志内と富良野のワイナリーさんと仲良くなりました!!

長沼はマオイさんの山ソーヴィニオン、洞爺湖は月浦のドルンフェルダーなど、気に掛かるワインが並んでいました

三笠のワイナリーさんが参加していなかったので、ちょっとガッカリ

帰りに立ち寄ってしまおー?!


移動に3時間、滞在4時間の短い旅ではありましたが

こんな楽しみ方もありでしょう ・ ・ ・

台風一過? 春うらら

2009年05月20日

先週金曜日の遅霜でアスパラは壊滅

今も美味しいアスパラが街道から姿を消しています

野生のウドやオオイタドリも黒褐色に萎れてしまう始末


昨日は、黄砂と見紛うばかりの激しい土煙り

南の強風に野山は茶褐色に霞み、樺戸連山や暑寒別岳に及ばず、丸加高原も視野に捕えることができない程の物凄さ


ここ一週間の江部乙の出来事で~す


一変、今日は長閑です

露地物の苗を植えるのに絶好のポカポカ陽気になっています


野菜の植え時になれば、我が家の菜園にも春が訪れます

とは云え、菜園づくりのイロハを習いに専門家を訪れます

今日はナス科植物の講習会です

道立 花・野菜技術センターの先生に良い苗の見分け方、土の造り方や肥やし方、肥料や水のやり方、脇芽の摘み方、などなど、いっぱい教えて戴きました


007%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%83%BB%E9%87%8E%E8%8F%9C%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg


パッチワークに咲く菜の花は、平地で満開に近く、特有の甘い香りを放っています

少し高台でも見事な黄色のジュータンを敷き詰めていま~す


004%E3%80%80%E6%96%9C%E9%9D%A2%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91.jpg


これだけ咲けば、菜の花まつりに不足はないでしょう

背丈が少し低いようですが、ご勘弁!!


この期間にだけ運行する乗合ジャンボタクシーが、多くのお客さんを運んでいます


夕刻には、見事な夕日が姿を現します

日没後の数分間が勝負です

更に少し時間が経つと、雲に反射する茜色が、又、良いのです


009%E3%80%80%E5%AE%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%A4%95%E6%97%A5.jpg


如何ですか?


台風一過、春うららでしょう?!


木道づくりのお手伝い

2009年05月17日

難病のこどもたちが集い、思い思いに原生林の中に足を踏み入れる


013%E3%80%80%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%81%AE%E7%9F%B3%E7%A2%91.jpg


そらぷちキッズキャンプ」の体験プログラムを下支えする大切なお仕事です

観光用の木道とは全く違うガッチリしたスペックの木材を使い、幅広に隙なく敷板を貼り、突き当りには手摺を備えた、本格的な木の道なのです


009%20%E3%80%80%E6%9C%A8%E9%81%93%E3%81%AE%E6%95%B4%E5%82%99.jpg


下草や熊笹が足元を不安定にさせ、ずっしりと重い材料運びを更に過酷にしています

力の弱い妻にとっては、厳しいものがあるのでしょう!

時折、顔がゆがみます


008%E3%80%80%E6%9C%A8%E9%81%93%E3%81%AE%E6%9D%90%E6%96%99%E9%81%8B%E3%81%B3.jpg


水糸を張って直線を確保し、スプレーマーカーで基礎杭の位置を決め、水準器で梁や柱の水平と垂直を出します

スコップで基礎杭の穴を掘り、木工用ドリルで柱と梁に穴あけしてボルトで繋ぎ合わせます

柱と梁が決まると、その上に敷板(と云っても厚みは4寸ほどもあります)を木ねじで固定し、両サイドに幅木を取り付けて完成です

コンセント電源がないので、エンジン式発電機がいつも回っていて、静寂の森に異音を響かせています


そんな中、そらぷち森人(もりびと)の登録メンバーや飛び入り参加のボランティアさんが汗を流しているのです

私と妻は、数日前に「そらぷち森人」のメンバーに登録して頂き、この日が最初の活動です


清々しい晴天と、長閑な陽気に、作業の手も進みま~す

ホーホケキョ!ホーホケキョ!

鶯も美声で応援です

でも、中高年が中心で、ちょっと寂しい気がします ・ ・ ・


若者よ!


自然豊かな丸加高原に、奉仕の気持ちを抱いて、汗を流しにいらっしゃ~い!!


アッ!!今日は土曜日

日曜日には大勢の若者が来るかも?!


勝手な想像で情報を発信する、危険なブロガーかも ・ ・ ・

たきかわ暮らしモニターさん大募集!!

2009年05月14日

菜の花が咲き揃う絶好の季節で~す


023%E3%80%80%E4%B8%89%E5%88%86%E5%92%B2%E3%81%8D%E3%81%AE%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%95%91.jpg


現在は三分咲きと云ったところでしょうか? 今朝、撮影したものです

ツアー開催が5月23日から26日なので、ドンピシャリと云ったところです!!

この季節ならではの、みずみずしくてふっくらした、甘み抜群のアスパラもありますよー

若草が萌え、木々の新芽が色とりどりに、ユーカラ織りを彷彿させる丸加高原も魅力的です


015%E3%80%80%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%B4%85%E8%91%89%EF%BC%92.jpg


果樹園では、サクランボの花が満開です

梨やプルーンの花も咲き始めていまーす


025%E3%80%80%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%BC%E3%81%AE%E8%8A%B1.jpg


今年のツアーは物語性がありますよ!!

春は「田植え」

夏は「草刈り」

秋は「稲刈り」

「お米を育てよう」がテーマです!!

秋が一番嬉しそうではありますが ・ ・ ・

否!!

田植えや草刈りに参加された方々には、当然、お裾分けがあるはずで~ス?!


参加のお申し込みは、滝川市HP「ウエルカムプロジェクト」です

お待ちしていまーす

自称、滝川市の宣伝部長でした!!

草取りフォーク

2009年05月13日

一気にタンポポが咲き始めています

物凄い勢いを感じま~す

見た目は、みずみずしい若葉の中にまっ黄~ろな花が咲いて、とても綺麗です


007%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%9D.jpg


でも ・ ・ ・

花が散って実が飛ぶ前に刈り取らないと、後が大変なのだそうです


早速、草取りに着手です

でも、道具が ・ ・ ・


園芸センターで簡便な草取りフォークを調達しました


でも、上手く取れませ~ん

またまた買い出しに走ります


やっと、良いものに出会うことができました~


008%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%AF%E4%BE%BF%E5%88%A9.jpg


てこの原理って、知ってはいますが、こんなに身近なところで使われているのです


タンポポの太くて長~い根っこが、気持ちよいほど抜けてきま~す


もう一つ発見です!!


芝生って、雑草をやっつける働きがあるのですね!

この元気なタンポポが、芝生の中では大人しくしています

たまに、ひねくれ者が花を咲かせている程度です

横道にそれてしまいましたが ・ ・ ・


010%E5%BD%A2%E7%8A%B6%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D.jpg


写真の上にある方が、てこの原理を存分に発揮する商品です

メーカー名や商品名は知りませ~ん

悪しからず?!


妻曰く

庭いじりと草むしりで、NPOどころじゃ~ないわよね?!


そんなことはありません!

草取りの後は、NPOに没頭です!!

アスパラ街道 みんなの力で ・ ・ ・

2009年05月11日

家のすぐ東は、地元の人がこの季節にだけ呼ぶ「アスパラ街道」

果樹や野菜を栽培する農家が、無人販売所を設置して採れたてのグリーンアスパラを売っているのです

004%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E8%A1%97%E9%81%93%E3%80%80%EF%BC%93.jpg


A級品ありB級品あり

お値段も一束100円から230円までまちまち


003%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E8%A1%97%E9%81%93%E3%80%80%EF%BC%92.jpg


近くの道の駅で売っているものよりお安いからありがたい

みずみずしくてサクッと歯切れが良く、特有の青臭さを持つ、甘味の強い、ふっくらした抜群のアスパラなのです

002%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E8%A1%97%E9%81%93%E3%80%80%EF%BC%91.jpg


商品を補充に来ていたお爺さんに“新鮮でお安いアスパラは有り難いですね! この道はアスパラ街道って呼ばれているんですね ・ ・ ・?”


ムッとした顔つきになり、きつい言葉で“昔はリンゴの枝が道の半分までかかるほど、大きな木が ・ ・ ・ !!”

そうです、この地は江部乙リンゴの生産拠点でした

一木画伯が描いた野太いゴツゴツしたリンゴの木が一面にあったのです!!


秋口には「プルーン街道」になりますが、「リンゴ街道」とは呼ばれていません

時代の流れとは云え、忸怩たるものがあるのでしょう


古き良き時代にタイムスリップしてみたいな~!!

否!!

みんなの力で蘇らせればよいのです!!

画伯の生家

2009年05月08日

江部乙リンゴの生産地に根をおろしたのです

農家の実態を把握するために、リンゴや果樹の生産農家を訪問することから始めることにしました!!


ぬけるような青空と春めいた陽気に誘われて自転車を漕ぎ出します

暫く走ると、朽ちたリンゴ室(むろ)が民家の陰に見え隠れします

009%EF%BC%9A%EF%BC%9A%E6%9D%B110%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%80%80%E5%B7%A5%E8%97%A4%E3%80%80%E8%8C%82%E9%9B%84.jpg


庭に入り込み、人の気配を窺いますが感じられません

農作業に出かけているのでしょう


向かいのお宅に人影があります

自転車を押して庭に入り、そのリンゴ室について質します

昔は、家の物であったのですが ・ ・ ・

お向かいさんもリンゴ生産を止めて、リンゴ室は使われていませんよ ・ ・ ・


表札に「岩橋」とありましたので“画伯のご親戚ですか?”と問うたところから話が始まります

奥の家が「ひでと伯父さん」の生家ですよ

010%E5%B2%A9%E6%A9%8B%E7%94%BB%E4%BC%AF%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AE%B6.jpg


この家が「道産子追憶の巻」の高い生垣の奥に見えるリンゴの花に囲まれた家なのですよ

二階左隅の見晴らしが良い部屋で構想したりスケッチしたりしていたようです

ひでと伯父さんって、英遠(えいえん)さんのこと?!

家では、ひでと伯父さんと呼んでいましたが、画家としての呼び名では「えいえん」で通っています


ひえー?!

図らずも、本丸に飛び込んでしまったのです!!


お爺さんの兄が英遠さんであること、画伯が帰省したときの様子、画伯が提唱した桜並木の造成のこと

色々なことをお教えいただきました


高台にある果樹園を散策しながら遠回りをして家路につくと、間もなく「岩橋ふるさと桜並木」の看板と整備を始めたばかりと思しき桜並木が見えてきます

023%E3%80%80%E6%A1%9C%E4%B8%A6%E6%9C%A8%E3%81%AE%E9%80%A0%E6%88%90%E4%BA%8B%E6%A5%AD.jpg


何年かしたら、立派な桜並木が出現していることでしょう


自分の思いを言葉に残し、後世の人がその思いを実現して行く

素敵な取り組みではありませんか ・ ・ ・


そんな取り組みが、この地ではぽつぽつと始まっていま~す!!


リンゴとアロニア

2009年05月05日

「道の駅たきかわ」で、江部乙産のアロニア苗を一株ゲット


001%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A8%EF%BC%89.jpg


北米原産で寒さに強く、アントシアニンをブルーベリーの2倍ほど含む果実がなる

渋みが強いので果実だけでは食べにくく、ジャムやアイスクリーム、果実酒やジュースなどに利用されている

リンゴ苗は、八戸からのお取り寄せをご近所さんから分けて頂き、一株GET


002%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%82%81%E3%81%8B%E3%81%BF%EF%BC%89.jpg


品種は「ひめかみ」

2年生のため、果実をつけはじめるのはあと2~3年先

はじめのうちは木を太らせるために摘果するので、収穫は更にその先とのこと

上手く根付くと嬉しいな~

妻は、道の駅で花壇に植える花を何種類か品定め

009%28%E3%83%9F%E3%83%8B%E8%8A%B1%E5%A3%87%29.jpg


早速、できたてのミニ花壇に鍬入れです

赤、黄、オレンジ、白ときれいでしょうー?!

花壇後方には、エゾエンゴサクの青紫の群生です!!

これは自生しているもので、お隣の果樹園でも沢山見かけます


菜園には、おジャガの種イモもしっかり植え終わりましたよ

春の仕事

2009年05月03日

引っ越し後の雑事に追われる毎日です

ブログをさぼってばかりでご免なさ~い


今日は、家庭菜園とミニ花壇の土の掘り起こしです

妻の指示に従い、約30m2の菜園と、2.2m2の花壇をミニ耕運機で耕します

033%EF%BC%88%E8%8F%9C%E5%9C%92%E3%81%AE%E6%8E%98%E3%82%8A%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97%EF%BC%89.jpg


耕運機はご近所さんから拝借し、使い方を習っての初乗りです


耕すそばから、小鳥やカラスが舞い降りてきます

ミミズなどを啄ばみに来ているのでしょう


周囲の雑草には、ツクシなどが生えているので、酸性土壌になっているのでしょう

苦土石灰を撒き、腐葉土を入れた後に、再び耕運機の出番です


045%EF%BC%88%E8%8A%B1%E5%A3%87%E3%81%AE%E6%8E%98%E3%82%8A%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97%EF%BC%89.jpg


これで準備は整い、5月中旬頃には種まきや種イモの植えつけができそうです

種イモはすでにGETしていて、スタンバイ状態です

農作業のイロハを全く知らない私ですが、ご近所さんのご指導を受けながら、よたよたと歩き出していま~す

でも ・ ・ ・

この仕事は、妻のための準備作業にすぎません

美味しい野菜を食べるための下拵えであることも事実ですが ・ ・ ・


私の楽しみは、果樹の収穫!!

ミニ花壇の後ろには、剪定を終わり、お師匠さんから60点を付けられたプルーンが写っています

右のプラムは、未だ手つかずで新芽がツンツンでていますが ・ ・ ・


収穫が、待ち遠しいぞ~

花も咲いていない今から意気込んでどーするのでしょう?!

プロフィール

プロフィール

高橋みつる
たかはし・みつる。団塊世代。埼玉生まれの東京育ち。仕事で全国を飛び回っていたが、「自然環境豊かな土地で生活したい」と定年退職を機に移住を決意。
2009年4月、滝川市江部乙町を桃源郷に決めてはるばると。
まちおこしやボランティアに汗を流す。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー