ディープな鎌倉一人歩き

2019年03月19日

お江戸の一日を「はとバスツアー」で・・・

否、自らの足で・・・

悩んだ末に

自らの足で古都鎌倉を目指します

向かうは定番の鶴岡八幡宮

はとバスツアーご一行様と鉢合わせ

IMG_2345_1861.JPG

これより先は一人歩きの特権

ディープな鎌倉に分け入ります

向かうは

北条高時腹切りやぐら

車とのすれ違いがやっとの狭い坂道

突き当りは山道

源頼朝以来140年続いた

鎌倉幕府の終焉の地なのだとか

霊感漂います

IMG_2374_1854.JPG次に向かうは

源頼朝の墓

そして覚園寺

狭い道は更に狭く

まさに車一台がやっと

人とのすれ違いもできません

IMG_2367_1859.JPG

このお寺

北条義時の薬師如来信仰によって建てられた

大倉薬師堂が始まりなのだとか

茅葺屋根の質素ながら趣ある本堂

お堂中央に鎮座する薬師如来坐像

左右を固める日光菩薩坐像 月光菩薩坐像

天井画の間の梁には足利尊氏直筆の文字も・・・

ときに穏やかに語り

ときに早口に念仏を唱えるお坊さんの説明を聞きながら

ご利益のこと

仏教のこと

鎌倉時代のこと

勉強になる古都鎌倉の心満たされる一日です

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10454

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)