五十嵐威暢の世界

2018年11月24日

滝川市への移住に先立ち

秋谷のアトリエを訪問して以来

交流を続けさせて頂いている滝川市出身の彫刻家五十嵐威暢さん

その生い立ちからデザイナーとしての足跡

彫刻家に転身して以来二十数年にわたる作品の数々

それらが一堂に会した

「五十嵐威暢の世界」が札幌芸術の森美術館で開催されていま~す

野良仕事も区切りがついた今日

やっとのことで訪れることに・・・

IMG_1623_1588.JPG

デザイナー時代の作品群は撮影禁止ですが

彫刻作品は館内といえ撮影自由

少し緊張してシャッターを切ります

しんとした館内にはテラコッタや合板アートが

Cut2018_1125_0730_48_1590.JPGそして

合板木にアクリル絵具で仕上げた

HorizontalFeeling/夏の碧が

IMG_1619_1591.JPG

中庭の雪の中には

空や館や雪を写すステンレス鋼ミラー球の一群も

IMG_1622_01589.JPG

アートは日常の暮らしと風景に寄り添う

そして

人々の心をさらに豊かなものにする

まさに五十嵐イズム!!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10072

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)