サンプル分析

2018年10月10日

どこのワイナリーでも

当たり前に行われているサンプル分析

収穫日を推定する大切な作業なのです

収穫を目前に

腐敗果や未熟果を取り除き

IMG_1162_1567.JPG

単一品種から100粒ほどのサンプルを採取し

ジュースに絞って

糖度やpH、総酸などを分析し

収穫当日を割り出すのです

IMG_1131_1563.JPG

ここ10Rワイナリーでは

経営者で醸造家のブルースさんが

自らの味覚と嗅覚で熟し具合や

糖と酸のバランスを判定し

IMG_1136_1564.JPG参加者全員に判定方法をレクチャーして体験させ

自らの判定能力を養成していくのです

IMG_1140_1565.JPG

協議の結果

収穫は2回

収穫日は10月14日または15日

2回目は

その翌週ないしは翌々週

やっと

収穫日の目途が立ちましたー

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9898

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)