ピンクニンニク

2017年10月29日

タネの固定種とF1種の違いって判りますか?

F1とは

人の手によって人為的に交配させ

形質をコントロールした種のこと

F1から採れた種を使って次の代を栽培しても

同じものができないのです

一方

固定種とは形質の全く同じものが代々続く種のこと

このピンクニンニクが道内のニンニクの固定種なのです

IMG_4960_1318.JPG

またの名を在来種

わが家の畑でもピンクニンニクの栽培を試みようと

某町の生産者を視察で~す

4人一組で高畝に黒マルチを張り

IMG_4985_1320.JPG同じく4人一組で

にんにく植付機を使って種を植えるのです

この時のタネニンニクの向きが重要

人手で向きを揃え

機械に装荷するのです

IMG_4991_1321.JPGそれからひと月

このように可愛らしい芽が・・・

IMG_4994_1322.JPG

しかし

気になることといえば

手間暇は?

採算性は?

取引先は?

農家魂が身についてきたようです

でもちょっと待てよ

葡萄屋じゃなかったのか?

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8665

コメント

ニンニクは食べられないのですが、本場の韓国に歩きに行って帰ってきたばかりです。

道新にワイナリーの葡萄についても記載有り、ご夫妻に思いを馳せておりました。
フットパス参加がご縁でしたが、ワイナリー応援しております。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)