札幌道新文化センターかるちゃー祭2017作品展の見どころです!【第4週目】

2017年02月09日

道新文化センターかるちゃー祭2017 作品展 第4週目
 「 ヒロガルセカイ  
 CULTURE FESTIVAL EXHIBITION

 新春を飾る道新文化センターの、かるちゃー祭2017「作品展」が19日から道新ぎゃらりー(札幌市中央区大通西3)で始まりました。3月14日まで絵画、手工芸、書道、お花など多彩なジャンルの作品を週替わりで展示します。

 作品展は9日から4週目です。今回は初出展が「今話題の男のドォルハウス」「水引き」「趣味と実益の賞状士養成講座」と3講座もあり、フレッシュな内容になっています。

 

■と き   2017年1月19日(木)~2017年3月14日(火) 【全8週】

■ところ   道新ぎゃらりー (札幌市中央区大通西3-6 道新北1条館1F)

■入場無料

 

★第4週目:2017年2月9日(木)~2017年2月14日(火)の見どころです!

 

 

「戸塚ししゅう」    斎藤 孝子 講師

「戸塚刺しゅう」はショーウィンドウで展示しています。タペストリー、玄関マット、ブローチ、クッションカバーなど華やかな刺しゅう作品がならびます。今回のテーマは「春」。大作の蝶々とブローチのタペストリーは、上級クラスの受講生30名が力を合わせた作品です。「花の上を蝶々が舞う春の光景を刺しゅうで表現しました。かなり難しい作品なのですが、受講生皆でがんばって完成させました。ぜひ見に来てほしい作品です。」と斎藤孝子先生。

2017戸塚刺しゅう①.jpg

2017戸塚刺しゅう②.jpg

2017戸塚刺しゅう③.jpg

 

 

 

 

「趣味と実益の賞状士養成講座」    水野 玉蘭 講師

賞状などを美しい字で書くプロフェッショナルが賞状士です。「趣味と実益の賞状士講座」はタイトル通り、「実益を伴う実践的な仕事できることを目指しています」と水野玉蘭先生。漢字よりかなを書く方がずっと難しいといいます。会場には各種の賞状がずらりと展示されており、実に壮観。具体的な書き方の例示もあり興味を引きます。

2017賞状士①.jpg

2017賞状士②.jpg

2017賞状士③.jpg

 

 

「~自然に親しむ~楽しいバードウォチング」     小堀 煌治 講師

「楽しいバードウオッチング」は例年通り、観察した野鳥の写真が並びます。室蘭の海岸に舞い降りたミヤコドリ、円山で繫殖しているオシドリの親子、同じく円山に巣を構えたつがいのフクロウなどが目を引きます。カメラの性能が良くなって写真を撮るのは楽になりましたが、チャンスは一瞬です。小堀煌治先生は「足しげく通わないといい写真は撮れません」。何事も努力が肝心ということですね。

2017バードウォッチング①.jpg

2017バードウォッチング②.jpg

2017バードウォッチング③.jpg

 

 

「フレスコ画(ヨーロッパ壁画技法)」     秋田 智江 講師

フレスコ画は生乾きの漆喰に顔料で色付けする技法です。ルネッサンス期の作品が有名ですよね。「フレスコ画」講座はスペインで学んだ秋田智江先生が考案したキャンパスに図柄を付けてます。具象、抽象と「テーマは受講生に任せています」と秋田先生。小さな作品ながら鮮やかで明るい色彩。フレスコ画の特徴を生かした作品を楽しめます。

2017フレスコ画①.jpg

2017フレスコ画②.jpg

2017フレスコ画③.jpg

 

 

「リアルなガレージを作る 今話題の男のドォルハウス」 杉山 武司 講師

家庭で大工仕事をする機会はめったになくなりましたが、自分で家を建てるのは男性にとって夢の一つかもしれません。「男のドォルハウス」はその夢を12分の1サイズで実現させます。柱や板塀を寸法に合わせて切り、土台、壁、屋根などミニガレージをほぼ本物と同じような手順で作ります。「簡単そうに見えても、手間と時間がかかります」と杉山武司先生。トタンだって一枚ずつ着色して張って行くので、もしかしたら本物よりリアルかも。

2017ドォルハウス①.jpg

2017ドォルハウス②.jpg

2017ドォルハウス③.jpg

 

 

「~伝統の魅力~水引き」     志摩 祥子 講師

水引きといえば贈り物の包装紙にかけてある帯紐やご祝儀の飾りひもなどが頭に浮かびますが、「あわじ結び」「梅結び」「玉結び」など結び方は多様で、いろいろなものが作れます。「今回は春を意識した作品を展示しています」と志摩祥子先生。鮮やかな色遣いのお雛様、桜、桃の花、水仙などがぱっと明るい雰囲気を醸し出しています。

2017水引き①.jpg

2017水引き②.jpg

2017水引き③.jpg

「池坊清月派いけ花」(2/12~2/14)     高橋 晶史 講師

 12日からは「池坊清月派いけ花」と「草月流いけ花」の2講座も加わり、会場に一足早く春の訪れを告げています。
 「池坊清月派いけ花」(高橋晶史先生)は中央のテーブルに展示しています。自由花、投入れ、新生花、それぞれの形で春をイメージしていけています。椿、ボケ、サクラなどのいけ花が美の空間を創造しています。

2017清月派①.jpg

2017清月派②.jpg

2017清月派③.jpg

 

 

「草月流いけ花」  (2/12~2/14)     倉岡 黎虹 講師

「草月流いけ花」(倉岡黎虹先生)は「北国に春を活ける」がテーマ。トルコギキョウ、レンギョウ、アマリリスなどを素材に、作者の個性を尊重した作品が展示されています。「伝統」と「自由」。それぞれの特性を見比べるのも楽しいですね。

2017草月流①.jpg

2017草月流②.jpg

2017草月流③.jpg

第4週は 2月14日(火)までとなっております。
次週第5週は2月16日(木)~21日(火)の期間で開催されます。皆様のご来場こころよりお待ちしております。

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7581

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)