札幌道新文化センターかるちゃー祭2017作品展の見どころです!【第2週目】

2017年01月26日

道新文化センターかるちゃー祭2017 作品展 第2週目
 「 ヒロガルセカイ  
 CULTURE FESTIVAL EXHIBITION

 新春を飾る道新文化センターの、かるちゃー祭2017「作品展」が19日から道新ぎゃらりー(札幌市中央区大通西3)で始まりました。3月14日まで絵画、手工芸、書道、お花など多彩なジャンルの作品を週替わりで展示します。

 作品展の第2週が26日から始まりました。寒さが本格化していますが、きゃらりーでは訪れた人たちが、受講生の意欲あふれる作品をじっくり鑑賞しています。

 

■と き   2017年1月19日(木)~2017年3月14日(火) 【全8週】

■ところ   道新ぎゃらりー (札幌市中央区大通西3-6 道新北1条館1F)

■入場無料

 

★第2週目:2017年1月26日(木)~2017年1月31日(火)の見どころです!

 

 

「タティングレース&ボビンレース」    大滝 いづみ 講師

大滝いづみ先生の「タティングレース&ボビンレース」はショウウィンドウに展示しています。タティングレースは小さな糸巻を使って結び目を作ってレースを編みます。ボビンレースはボビンを両手に持ち、糸を交差させて模様を編み込みます。作品を見るとボビンレースはきちっとした仕上がり、タティングレースは柔らかなタッチです。「タティングレースで入門し、他の技法も学ぶ人が多いですね」と大滝先生。バッグ、イヤリング、ブローチなどもあります。

2017タティング①.jpg

2017タティング②.jpg

 

 

「さきおり入門」            大滝 いづみ 講師

「さきおり入門」も大滝先生の教室です。裂いた布のほか毛糸なども使うそうです。先生によると縦糸は丈夫な糸が欠かせませんが横糸は「新聞紙でもビニールでもテープでもいい」そうです。同じような作品でも素材が変われば表情が一変するといい、そこも面白さです。

2017さきおり①.jpg

2017さきおり②.jpg

 

 

■~いにしえの文字を学び書く~「古代文字書道」入門  山田 起雲 講師

ユニークな「古代文字書道入門」は山田起雲先生です。3000年前の文字は一見、とっつきにくそうな印象を受けます。しかし、山田先生は「テクニックを必要としないなど、意外と簡単な講座です。筆遣いもすぐにできるようになります」といいます。教室では文字の説明から入ります。「その文字の意味、出来た由来などを知ればより楽しめます」。文字を生んだ古の人々に思いを巡らせてください。

2017古代文字書道①.jpg

2017古代文字書道②.jpg

 

 

「ビーズアクセサリーで魅力アップ」
/「パワーストーンと色の効果で創るアクセサリー     千偉 講師

「ビーズアクセサリーで魅力アップ/パワーストーンと色の効果で創るアクセサリー」は千偉先生。小さいビーズを組み合わせてゆくのは根気の必要な作業ですが、美しく仕上がった作品はその苦労を吹き飛ばしてくれます。作品の一部は販売もしており、千偉先生は「作品を買ってもらうことは、自分のやっていたことを他の人に認めてもらうこと。受講生のモチベーションを上げてくれます」。

2017ビーズパワーストーン①.jpg

2017ビーズパワーストーン②.jpg

2017ビーズパワーストーン③.jpg

 

 

■~生活小物をつくろう~「パッチワークキルト」     佐藤 幸子 講師

札幌市北区のコーチャンフォーアカデミー教室で開催している「パッチワークキルト」は昨年に続いての参加です。「昨年は受講生の皆さんが大喜びだったので、今年も参加しました」と佐藤幸子先生。小さな布を張り合わせて作るパッチワークキルトは図柄は決まったものになりますが、色合いは受講生が好みで決めまており、色とりどり、個性豊かな作品が楽しめます。佐藤先生は「北区新川にも道新文化センター教室があることを多くの人に知ってもらいたいですね」と話しています。

2017パッチワーク①.jpg

2017パッチワーク②.jpg

 

 

「創人会書道」     金津 雪華 講師

金津雪華先生の「創人会書道」は漢字、かな、ペン字と多彩な作品が並びます。助講師の中鉢恵子先生は「古典を学んで自由な作品を書いています」。草書体を中心に置いた作品はやわらかく優しい感じが特徴です。中には学んで半世紀を超える人いて「好きなものを書かせてくれるから。それが楽しくて」と魅力を語ります。中鉢先生は「教室は楽しい雰囲気です。ぜひのぞいてくださいね」。

2017創人会書道①.jpg

2017創人会書道②.jpg

 

 

「飾って楽しむハワイアン&トールペインティング」     山口 巴留香 講師

「飾って楽しむハワイアン&トールペインティング」は山口巴留香(はるか)先生。ハワイアンは最近の流行ですが、今回は一般的な作品が並んでいます。トールペインティングは、ヨーロッパの伝統的な技法をベースに木やブリキ、ガラスなどいろいろな素材に描く手法です。「最初は変哲もない図柄に見えますが、陰影をつけるなど手を加えてゆくと深みが出てきて、作品がぐんと浮き上がって見えるようになりますよ」と山口先生。

2017トールペイント①.jpg

2017トールペイント②.jpg

第2週は 1月31日(火)までとなっております。
次週第3週は2月2日(木)~7日(火)の期間で開催されます。皆様のご来場こころよりお待ちしております。

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7519

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)