名物講師が相次ぎ引退

2015年03月31日

 道新文化センター・大通教室の人気講師としてご活躍をいただいた先生方がこの3月で相次いで退任されることになりました。

 「詩を味わう、詩をつくる」という講座を受け持ったいただいた永井浩先生は、1985年から続いた長寿講座。30年を節目にと、引退を決断されました。

「たまたま前任の講師がお辞めになられたので、お声かけをいただいた。私も札医大を退職したばかりでしたのでやることに」と永井先生。

「思い出は尽きませんが、受講生とのトラブルから講師会をきちんとした組織に立ち上げた。センターと講師会が手を携えて受講生に向き合う出発点となった」と振り返られました。

 現在86歳のご高齢ですが「これからは第三の人生」と意気軒昂。講座で積み上げた現代詩のテキストを本にしたいなど、おやりになりたいことは事欠かないようです。

 

dcc20150331.JPG

▲これまでの30年を振り返り、様々な人との出会い、エピソードを語る永井先生

 

このほか、「はがき絵」の中田美紀子講師、「ドライフラワー」の高橋和子講師、「暮らしの中の池坊いけばな」の森田清子講師、「手編み」の梅津紘子講師、「ゆる体操」の柏崎由紀子講師の5先生方も、ご勇退されることになりました。

 長い間、ご活躍いただき、誠にありがとうございました。お元気で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4312

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)