栗の渋皮煮と栗くり坊主

2015年10月29日

今期最後の栗を購入しました。埼玉産のもので、とっても大振りです。

これは「渋皮煮」を作らなくっちゃ!そう思っておりましたらなんとず~と購入を悩んでいた「栗くり坊主」をいただきました♪IMG_8450.JPG

慣れない手つきで恐る恐る鬼皮をむいてみました~。

おっ、コツを覚えるとなんともするすると栗がむけていきます。

でも今回はちょっと要注意。渋皮を残したいので、鬼皮を刃にひっかけたらくるりとひっぱるようにして渋皮を残します。

重曹でなんどもあく抜きをして、そのあとはお砂糖を数回に分けて加えてことこと煮て、それをまた一晩冷まして、翌日またコトコト煮て・・・。

完成しました~。そのままお茶請けするか、お菓子を作るか。IMG_8451.JPG

久しぶりの手作りにストレス解消です♪

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5443

コメント

先生、渋皮煮、しっとりツヤッとしていて、とっても美味しそうです~!!
今年は何も作らないままに秋が過ぎていきます…。
どこかに引きこもって「一日中、栗の皮をむく」などしたい気持ちです~。

こんにちは、お世話になっています。
栗くり坊主ついに手にされたんですね♪

便利ですよね

我が家の庭の栗の木が終わったので
私の『坊主』、もう今年はお終いかと思いましたが、
そうですね まだまだ活躍させてあげなくては

栗 お店で買ってきます(笑)

渋皮、剥き過ぎると栗がバラバラになってしまって
残念な渋皮煮にしないようにします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)