夜空と猫

2016年12月04日

12月になってしまいましたねー。11月初めに降った雪はようやく消えて、次なる本格的な根雪を待っている状態です。

厳しい冷え込みでも雪が無くて青空の広がる、典型的な道東らしい冬です。こういう冬を期待して道東地域に移住してきたのですから、そうでなくちゃ、、、

この時期は夜空がとりわけ美しく、4時前から始まる夕映えが刻一刻と青く暗くなっていく空に、上弦の月と金星がくっきりとセットになって見える時は見惚れてしまいます。

9時過ぎに自宅温泉の大きなガラス窓から見上げる空には、シリウスを始め冬の大三角形やオリオンなどの星座が無数に散らばっています。湯気でくもったら細い窓を開けて身を乗り出すと、北斗七星、北極星、天の川も、そして周囲の木々の黒いシルエットの間にもキラキラと星が光っていて、本当に例えようもなく美しく、また悠久の時を感じさせられます。

冬になると私の大好きな光景があります。針葉樹の林や森が、他の木々が落葉してしまうのでクッキリと際立って見えるのです。針葉樹のとがった三角形の樹の姿はいかにも北国らしい。それに雪がかかれば一層。この近くでは、美幌峠から見渡す一帯が私のお気に入りです。

neko.jpg突然ネコです。最近の適当な写真が無くて、今日プールの帰りに寄った川湯温泉のコンビニの招きネコ?達に登場して貰いました。コンビニのお客さんで可愛がって餌をやる人も多いらしく、栄養満点な容姿の4匹。プール仲間が買物をして出てきたら寄ってきたのにほだされて、わざわざカニカマを買いに戻って食べさせているのを目撃したことがあります。

私と夫がドアから出た来たらニャアと鳴いて餌をねだる様子、ダメダメ私達はケチだから餌をあげないよーと言って車に乗り込みました。   M.S

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7326

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)