12月の雪

2016年12月18日

 先週末からまた所用で東京に出かけました。東京駅のまわりのクリスマス風景を見物してきましたが、その中で「KITTE」ビルのクリスマスツリーは写真のように大きな真っ白なもの、これに似たものは北海道では自然に見られるなと思いつつ、都会の雰囲気を楽しんできました。

 その他、丸ビル、新丸ビルなど趣向を凝らした飾りが見られました。丸の内といえばビジネス街、現役時代にはこんな雰囲気はなかったような記憶ですが、楽しい街に変わっています。なにか銀座を歩くより、この丸の内を歩いた方が落ち着き東京らしさを感じるように思います。

 
PC130001.JPG

          KITTEビルのツリー

PC180008.JPG          我屋の庭のツリー(小さなツリー)

 何とか所用をこなし帰途につき、女満別空港へ降下していく飛行機の窓から阿寒湖や雌阿寒岳などがきれいに見え、摩周湖や屈斜路湖も探しましたが反対側となり残念ながら見えませんでした。冬の快晴が一番良い条件で、今回はそれにあたりしっかり写真に撮りました。

 中標津空港に着陸するときは、摩周湖や屈斜路湖が見えます。座席はA席、左側でないと見えないかもしれません。

 DSC_1112.JPG

 到着し駐車場に行くと我家の車は雪に埋もれており払い落して出発、途中の美幌峠は慎重に運転して無事に峠越え、我家につくと敷地内は雪に埋もれて道も見えない状況でしたが、強引に車を突っ込んで玄関前に到着となり我家に帰り着き入ることができました。

 冬に出かけると積雪で家に入るまでに大変なことがあります。今回は何とかなりましたが、この後除雪機を出して玄関前や町道までの除雪を行い、車を車庫に入れとりあえず雪の始末を終えました。

 

 クリスマスを目前にしての東京行き、それなりに楽しみましたが、降雪の状況が気掛かりでした。例年12月はこんなに降雪積雪はなかったのですが、夏場の低温、台風の直撃など今年は少々異常です。(N.S)

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7384

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)