メイン

大雪山のお花畑を外来生物から守ろう / 外来蜂の駆除活動をスタート

2013年04月25日

  気温が10℃を超えた。
  いよいよ越冬していた外来生物のセイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)が
  越冬から目覚め活動する季節となった。
 
  セイヨウは日本在来のハチを駆逐、お花畑の生態系を破壊しその結果として
  高山植物の花が枯れてしまう可能性があるので、駆除活動をしている。

  花が咲き、ハチたちの活動と共に私たちも捕獲活動に入る。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1127-13-04-23-0.jpg

      log1127-13-04-23-2.jpg

          自宅にやって来た、日本在来のオオマルハナ蜂

         log1127-13-04-23-3.jpg

             キトウシ山ではアカマルが活動していた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  まだまだ、咲いている花は少なく気温も低く、ハチたちの活動も緩やかだ。
  この日は、自宅周辺とキトウシ山のエゾエンゴサクとカタクリの群生地を
  監視したが、在来バチの活動は確認できたが、セイヨウの飛来は無かった。


   来月(5月)には、東川町羽衣公園で「大雪山のお花畑を守ろう」と
   セイヨウの捕獲イベントを開催します。
   
   春の女王蜂の捕獲、巣一個分と新女王の発生が防止できるので、ぜひ
   セイヨウを見かけたら捕獲してください。

       log1127-13-04-23-4-3%20%282%29.jpg

        駆除対象の外来生物セイヨウオオマルハナバチ


                  大雪と東川町の自然を守る会
      

クラフトの世界 / 早春の森で集めた小枝で世界に一つの写真台づくり

2013年04月23日

旭岳ファンクラブのイベント★早春の森を歩いて、フォトスタンドづくり★に参加

雪どけのキトウシ山り森を歩きながら、樹木から落ちたち枝からクラフトに
良さそうなものを拾い集めた。

「旭岳ファンクラブの木工の先生渡邊さん」のご指導で、拾い集めた小枝を加工し
 て、フォトスタンドを作った。

作った、フォトスタンドは、我が家の玄関フード(風除室)の中に飾りました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       log1126-13-04-22-1.jpg

          log1126-13-04-22-2.jpg

log1126-13-04-22-3.jpg   log1126-13-04-22-4.jpg

log1126-13-04-22-5.jpg   log1126-13-04-22-6.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 お世話をしてくれた事務局長の田上さん、クラフト作りを指導してくれた渡邊さん
 参加された会員のみなさん、お疲れさまでした。

 お陰さまで、世界に一つのフォトスタンドができました。
 ありがとうございます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 P.S.
   キトウシの森のカタクリ、今日も咲いていました。 

          log1126-13-04-22-7.jpg

紅葉の百名山・旭岳 (標高2291m) 登山を楽しむ / 旭岳ファンクラブ

2012年10月12日

  旭岳ファンクラブの2012年度企画「初冬の旭岳を体験する」は結果として、
  紅葉の旭岳登山となってしまった。

  例年此の時期の旭岳は、冠雪していますが今年は暖秋?の為、紅葉が
  大幅に遅れました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

            旭岳の中腹は紅葉が真っ盛りでした。

log1040-12-10-10-.jpg log1040-12-10-10-%20%281%29.jpg

log1040-12-10-10-%20%282%29.jpg

           姿見の池を経由、旭岳山頂に向けて登ります

log1040-12-10-10-%20%283%29.jpg log1040-12-10-10-%20%284%29.jpg

log1040-12-10-10-%20%285%29.jpg

              旭岳(標高2291m) の山頂
           山頂には数日前に降った雪がまだ残っていました

  log1040-12-10-10-%20%286%29.jpg  log1040-12-10-10-%20%287%29.jpg

log1040-12-10-10-%20%288%29.jpg log1040-12-10-10-%20%289%29.jpg

  私は、昨年から膝を痛め、残念ながら参加出来ませんでしたが妻が元気で
  登って来ました。
  女性の会員さん元気ですね、二週間前は暑寒別岳、先週は地元のキトウシ山
  そして今回の旭岳登山と秋の山を楽しんでいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

        此の企画、旭岳ファンクラブ会員で登山ガイドの鳥羽さんに
        企画とガイドをしてもらいました。 

                  log1040-12-10-10-%20%2810%29.jpg

    東川町在住「ガイドオフィス風」の登山ガイド鳥羽晃一さんの紹介ウエブ 

            http://hmga.org/profile/toba.html

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

      大雪山麓、例年並みの気温に下がって来ました。
      ご近所さん、ストーブに火が入りました。
      
      天気も下り気味です。
      明日あたり、初冠雪になるかも知れませんね。 

  

大雪山のお花畑を守ろう/外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動

2012年07月03日

  大雪山のお花畑は高山植物のチングルマの季節。

  お花畑に営巣すると在来のマルハナバチを駆逐し、長い花とハチの生態系を
  破壊し、高山植物類を絶滅させる可能性を持つ、セイヨウオオマルハナバチ

  野生化したセイヨウオオマルハナバチを大雪山の麓東川町で食い止めようと
  駆除活動を続けている。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  此の時期、営巣した女王蜂が沢山の働き蜂を生産、花壇に花粉を集めにやって
  来る。花はいろいろ咲いているが、お気に入りはラムズイヤーの花だ。      

       log985-12-07-03-.jpg

             外来生物セイヨウオオマルハナバチ

          log985-12-07-03-%20%281%29.jpg
 
               ラムズイヤーの花

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  セイヨウ情勢で捕獲データが管理されている、今年の北海道全域の捕獲状況は、
  昨年よりやや少なめ、東川町の捕獲状況も昨年同期に比べ少なめで有ります。

log985-12-07-03-%20%285%29.jpg

          北海道の捕獲状況(ほぼ全域で捕獲)

      log985-12-07-03-%20%282%29.jpg

              東川町の捕獲状況(ピンク表示)

log985-12-07-03-%20%283%29.jpg

    セイヨウオオマルハナバチの捕獲情報が一杯「セイヨウ情勢」HPアドレス
     http://www.seiyoubusters.com/seiyou/
 
    以上は「セイヨウ情報」の一部、詳しい(過去の活動結果、今年の状況)が
    集計されています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    野生化してしまった外来生物を絶滅させる事は、難しい事ですが、
    諦めず、続ける事が大事だと捕獲活動をしています。

大雪山のお花畑を守ろう/東川町羽衣公園で外来生物の駆除活動を開催

2012年05月19日

 セイヨウオオマルハナバチの駆除イベントが、東川町羽衣公園で開催されました。

 今年も、旭川市や美瑛町など近郊の方々など、30人を超える人々が参加をして
 くれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 上川総合振興局自然環境係の方の「大雪山のお花畑を守ろう」でスタートしました。

log961-12-05-19-.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  NPO法人ねおす 大雪山自然学校の山口ちえさんによる行事内容の説明。

  log961-12-05-19-%20%283%29.jpg

                    東川町松岡町長さん、毎年激励に来てくれます。 
                      log961-12-05-19-%20%282%29.jpg

 セイヨウバスターズのIさんの熱のこもった捕獲方法の実演、良く分かりました。

 log961-12-05-19-%20%285%29.jpg

    旭川市の昆虫研究家Nさんが作られた標本、話題がつきませんでした。

    log961-12-05-19-%20%286%29.jpg

   log961-12-05-19-%20%281%29.jpg

    ところで、今日の駆除活動の結果は、女王バチ捕獲数 1頭 でした。

               log961-12-05-19-%20%287%29.jpg

       初めてイベントに参加した時は、ブンブンと飛んでいたセイヨウ
       捕獲数も300頭と沢山いました。
       今年は、1頭 という結果で終わりました。

       この地域でのセイヨウオオマルハナバチの減少、いろいろな
       要因が有り、一概に言えませんが、この活動も寄与している事
       も事実だと思います。

       生態系の保持、生物の多様性等々難しい事は分かりませんが
       大雪山のお花畑、孫の代まで守りたいものです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

           log961-12-05-19-%20%289%29.jpg

          大雪と東川町の自然を守る会のメンバー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 先進的にセイヨウ駆除活動をされ、イベントを支えられている団体と個人の方々
  
    NPO法人ねおす 大雪山自然学校
    大雪と石狩の自然を守る会 / 風の便り工房 
    大雪山マルハナバチ市民ネットワーク
    個人的に活動されているセイヨウオオマルハナバチバスターズの方々

        いろいろとご指導を頂き、ありがとうございます。


東川町羽衣公園でセイヨウオオマルハナバチの駆除イベントを開催(5/19)

2012年05月15日

「大雪山のお花畑を守ろう」を合言葉に外来生物セイヨウオオマルハナバチの
 駆除活動を東川町の町民の皆さんに支えられながら草の根的に続けています。

 今年も恒例のセイヨウオオマルハナバチ駆除活動イベントを5月19日(土)に
 羽衣公園で開催します。お時間の有る方はちょっとのぞいてみてください。

 でも、今年の花事情は例年と違い、エゾムラサキツツジの開花は終わりを迎えて
 います。羽衣公園と周辺の花が咲いている所を廻りたいと思います。
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

IMG.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

         seiyou1.jpg

 5月~6月に親指大の越冬した女王蜂、見かけたら駆除をお願いします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 大雪山国立公園姿見の池周辺(標高1600m)の高山植物が咲くお花畑の
 監視活動を今年も実施します。
 環境省北海道地方環境事務所東川自然保護官さんの国立公園特別地域
 での活動方法の注意と指導を受けながら監視活動をしたいと思います。 

  大雪と東川町の自然を守る会 (小さな会で、草の根的な活動をしています) 

大雪山旭岳「山のまつり」が旭岳温泉で開催されます / 6月16日(土)

2012年05月11日

全国の旭岳ファンクラブの皆様へ。
 
  6月16日(土)、山開きに向けて安全を祈願する「山のまつり」が
  旭岳温泉の中の旭岳青少年野営場で開催されます。

  旭岳ファンクラブも午後3時からクラブのブースを開設しますので
  お出でください。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
  
  log955-12-05-09-%20%286%29.jpg

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

        旭岳山の祭り ヌプリコロカムイノミ- 
  2012年 6月16日(土)開催  「山の神に祈る、山の祭り」

登山シーズンの開始にあたり大雪山旭岳の山開きの儀式と登山者の
無事と安全を祈願する祭りで今年第54回を迎えます。

   アイヌ語で「山の神に祈る、山の祭り」を意味する
   ヌプリコロカムイノミとして、アイヌの伝統儀式や
   舞踊が披露されます。

会場には大きな焚き火や一般観覧者も参加できるたいまつ行列もあり、
炎と星空の明かりに照らされた幻想的な一夜となるでしょう。

山の祭り詳細
  □開催日 :2011年6月16日(土)
  □開催地 :旭岳青少年野営場(旭岳温泉)

【プログラム】(予定)

 17:30~
  ●森のレストラン
  ●森のマーケット

 19:00~ 
  ●タイマツ行列
   火が灯るタイマツを手に持ち、会場中心のファイヤープレイスへ
   向けて出発。大きなファイヤープレースに炎が立ち上れば、祭りの
   ムードも一気に盛り
   上がります。
   行列は儀式を執り行うアイヌの方々に混じり、一般の方の当日参加も
   可能です。

  ●ヌプリコロカムイノミ
   山開きを祝い、山の無事を祈るアイヌの儀式と舞踊が行われます。
   一般観覧者は間近でそのダイナミックな踊りを見たり、ムックリや
   歌声を聴くことができます。
   儀式の終盤には観覧者も参加し、ファイヤーを囲んで大きな輪に
   なって踊り、祭りは和やかにクライマックスを迎えます。   

  □お問合せ:大雪山旭岳山の祭り実行委員会(ひがしかわ観光協会)
        0166-82-3761
 
                      ひがしかわ観光協会HPより

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 東川町 町民のみなさまへ
  町民専用無料シャトルバス運行されますので、ご利用ください。

 6月16日のみ  道草館発 15:40      旭岳温泉着16:20
          旭岳温泉発20:00(終了後) 道草館着20:40
 
  ※ご利用希望の方は事前申込みが必要です。
   (定員40名 6月15日締切 申込先 82-3761観光協会
   ※西2号・東2号・東4号・東6号・東8号での途中乗下車は可能です。

 P.S.
   いや~今日は寒かった。外気温は3℃まで下がりました。

   関東で竜巻など大暴れした寒気団、此方にも張り出してきました。
   此方の地域は農村地域でも有り、この寒さが農産物に影響の無い事を
   願っています。
   


水芭蕉とやちぶきの花が群生してきれいでした / 東川町旭岳温泉遊歩道 

2012年05月10日

  旭岳温泉の遊歩道周辺、残雪の中に水芭蕉とやちぶきの花が群生し
  今が盛りときれいに咲いています。

  場所はロープウエイの駐車場の奥で、木道遊歩道の入口が有ります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log955-12-05-09-.jpg

          旭岳の裾、水芭蕉とやちぶきの花が見頃です。

log955-12-05-09-%20%281%29.jpg

log955-12-05-09-%20%282%29.jpg

log955-12-05-09-%20%283%29.jpg

       log955-12-05-09-%20%284%29.jpg

   旭岳温泉へ向う道路ぎわで、キタキツネににらまれしまいました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 6月16日(土)に旭岳温泉で山の安全を願う旭岳山のまつりが開催されます。
 今日は、旭岳山のまつりの運営委員会が旭岳温泉で開催され出席しました。
 
 旭岳ファンクラブも会の案内や、山で死なないシリーズ「死なない装備」の
 展示や原木のフォトスタンドの販売等、会場にブースを設置して活動します。

 

大雪山のお花畑を守ろう/セイヨウオオマルハナバチの監視活動始まる

2012年05月03日

  東川町にも桜前線が到着、桜が咲き始めたこの時期、特定外来生物の  
  セイヨウオオマルハナバチの女王たちも越冬から目覚めて活動を開始
  しました。

  セイヨウオオマルハナバチは、大雪山高山植物達の生態系を破壊させる
  可能性を持つ特定外来生物で、大雪のお花畑を守ろうと駆除しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

        駆除対象の特定外来生物セイヨウオオマルハナバチ

01%EF%BD%BE%EF%BD%B2%EF%BE%96%EF%BD%B3.jpg

                2012年5月3日捕獲 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

            日本在来種エゾオオマルハナバチ 

02%EF%BD%B5%EF%BD%B5%EF%BE%8F%EF%BE%99.jpg
      
  見かけましたら応援願います。 2012年5月3日観察

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

005-%E7%A2%91.jpg

      駆除活動は、命を頂く活動でも有り毎年慰霊をしています。     

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  自宅のお花畑で個人的に駆除活動をして頂いている東川町内のみなさまへ。
   
    「 今年も、よろしくお願い致します。 」 

  ご案内:恒例の羽衣公園での駆除活動イベントを今年も開催致します。
       5月19日(土)午前9時~11時 雨天中止
       (詳しくは5月東川町広報17ページを参照願います)


  東川町や北海道全域のセイヨウオオマルハナバチ駆除活動状勢の最新情報です。
    http://www.seiyoubusters.com/seiyou/help/        
       

さざ波の大雪山麓忠別湖の湖面 / 全面凍結が消えた日

2012年04月29日

    海抜400m の忠別湖、やっと凍結していた湖面が融けて
    さざ波の立つ湖面に変わりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log946-12-04-27-.jpg
 
                4月25日 午後5時30分撮影

log946-12-04-27-%20%281%29.jpg

log946-12-04-27-%20%282%29.jpg

                4月27日 午後5時6分撮影 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

          大雪の山々、冬山から春山へ向かいます。   

大雪山の麓、東川町にモンベル大雪ひがしかわ店がオープンしました。

2012年04月26日

  全国の旭岳ファンクラブのみなさまへ

   東川町にアウトドア用品の販売やイベントの企画運営を手がけている
   「モンベル(mont-bell)大雪ひがしかわ店」がオープンしました。

   大雪山の麓に位置する東川町、大雪山への登山をする時等、ちょっと
   寄ってクオリティーの高い商品や登山情報を手に入れたらと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

      モンベル大雪ひがしかわ店の場所は道の駅道草館の隣りです。
      
log943-12-04-25-.jpg

      log943-12-04-25-%20%281%29.jpg

     log943-12-04-25-%20%282%29.jpg log943-12-04-25-%20%283%29.jpg 

    入口の熊さんと昨年北海道大雪旭岳SEA TO SUMMITで大活躍された
    モンベルの社長さんと記念写真を撮らせてもらいました。

           log943-12-04-25-%20%284%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

            今日の大雪山国立公園の山々です。

 log943-12-04-25-%20%285%29.jpg

                愛別岳・比布岳・旭岳

 log943-12-04-25-%20%286%29.jpg

                    十勝岳

 log943-12-04-25-%20%287%29.jpg

                   トムラウシ山

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

旭岳も雪どけで岩肌が見えはじめました / 旭岳ファンクラブの皆さんへ

2012年04月22日

   今日は快晴、最高気温は14℃まで上がりました。
   大雪の山々、雪帽子から岩肌が見える山に変わりつつあります。

   忠別湖の氷結もゆるみ、水面が見えてきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log939-12-04-20-.jpg

log939-12-04-20-%20%281%29.jpg

      log939-12-04-20-%20%282%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  19日実施された「旭岳を望む絶景ポイント」山行きは、妻が参加。
  旭岳の絶景を求めてスノーシューで雪の中を楽しく登ったそうですが、
  天気は曇り、旭岳は顔を見せてくれなかったそうで、次回の旭岳登山
  に託す事となりました。

  次の行事予定は、5月に野鳥観察、
          6月は、今年始めて登る旭岳(6/14)
              旭岳、山のまつりイベント参加(6/16)

                           です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
     

   
     

東川町のキトウシ山には福寿草やエゾエンゴサクが咲き始めました。

2012年04月20日

 キトウシ山の南斜面、春の花が咲き始めました。
 
 福寿草が咲き、エゾエンゴサクが咲き始め、カタクリの花は
  つぼみの状態でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log937-12-04-19-.jpg

log937-12-04-19-%20%281%29.jpg

log937-12-04-19-%20%282%29.jpg log937-12-04-19-%20%283%29.jpg

       log937-12-04-19-%20%284%29.jpg

       log937-12-04-19-%20%285%29.jpg

       log937-12-04-19-%20%286%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       log937-12-04-19-%20%287%29.jpg

          リス君も元気に挨拶をしてくれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


凍結の湖に目玉が / 全国の旭岳ファンクラブの皆さんへ 

2012年03月28日

 東川町も春らしくなって来ました。
 大雪山麓の忠別湖、凍結していた湖面に春を告げる目玉が明きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log932-12-03-28-.jpg

log932-12-03-28-%20%281%29.jpg

log932-12-03-28-%20%282%29.jpg log932-12-03-28-%20%283%29.jpg
                                2012-03-28 10:30am   

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 会員の皆さんへ
  旭岳をもっと知る山歩き2012年企画 第1回 

 「旭岳を望む絶景ポイントへ」
    開催日 4月19日(木) 集合8時30分 道の駅東川町道草館
    雪の中で行動出来る服装・準備でお出でください。
    ガイドは会員で、山岳ガイドの土栄さんの案内で行います。
    (詳しくは、送付パンフレットをご覧ください)

 P.S.
  第2回は、6月14日(木)旭岳の今年度初登頂を目指します。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

旭岳通信春号の発送 / 全国の「旭岳ファンクラブ」の皆様へ

2012年03月17日

 全国の旭岳ファンクラブの皆さま
 大雪山麓、日中の気温はプラスとなり雪融けも進み、春に向かっています。

 旭岳通信2012年春号が出来上がり、事務局より配布しますのでお読み
 願います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

        log927-12-03-17.jpg

             市街地から見た旭岳と大雪の山々です

log927-12-03-17%20%281%29.jpg

log927-12-03-17%20%282%29.jpg

log927-12-03-17%20%283%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   旭岳ファンクラブ会員の皆様へ 

    季刊誌は、担当の方々が毎回頑張られて作成されています。
    総会で、会員さんの登山の思い出の話しや写真等々を掲載する事に
    なりましたので、是非、事務局までご投稿をお願い致します。

    次の行事は4月19日に「旭岳を望む絶景ポイントへの登山」を
    計画しています。
    
             旭岳ファンクラブ会長   鶴岡恒男

東川町で総会 / 全国の旭岳ファンクラブの皆さんへ

2012年02月24日

 旭岳ファンクラブの総会が、東川町第三コミニュティセンターで開催されました。
 24年度は、旭岳とのかかわりを計画に組み込みました。

 旭岳にふれる行事 
  1. 4/19   旭岳を望む絶景ポイントへの登山

  2. 6/14   シーズン初めの旭岳往復登山

  3. 6月下旬   旭岳温泉自然探勝路にて植物の観察

  4. 8/30~31旭岳の夕日と星空、日の出を見る ( 裏旭岳でテント泊 )

  5. 10/10  初雪の季節、旭岳往復登山

    会員さんでガイドさんの案内で実施します。


 恒例の、旭岳の山のまつり、野鳥観察、学習会、東川町くらし楽しくフェスティバル
 への出店等々を実施します。
 旭岳通信(季刊発行)も、いろいろなアイディアにて内容を更に充実させます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log917-12-02-24-.jpg log917-12-02-24-%20%281%29.jpg

    総会後は、併設の体験住宅に宿泊、山の話で盛り上がりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log917-12-02-24%20%282%29.jpg log917-12-02-24%20%283%29.jpg log917-12-02-24%20%284%29.jpg

  総会に先がけ、スノーハイクが開催されました。
  ガイドはガイドオフィス「風」鳥羽晃一さん。

  鳥羽さんの紹介コーナー
  http://www.welcome-higashikawa.jp/shops/?c=18&s=2369


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   旭岳ファンクラブ会員のみなさまへ

    ご都合が付きましたら、いろいろな行事へ、是非、ご参加下さい。

            旭岳ファンクラブ 会長 鶴岡恒男
 
  

旭岳が優雅な姿を見せてくれた / 全国の旭岳ファンクラブの皆さんへ

2012年01月08日

  
今年初めて大雪山国立公園旭岳(標高2291m)がその全貌を見せてくれました。

旭岳ファンクラブの皆様へ、その姿をアップします。
  

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       快晴の朝は、今年初めて合格点の日の出でした。

log907-12-01-08-.jpg

放射冷却で朝の外気温はマイナス16度、白樺の木も氷の華が咲きました。

log907-12-01-08-%20%281%29.jpg

             大雪の山々も忠別湖も真っ白   
 
log907-12-01-08-%20%282%29.jpg

                旭岳の水蒸気の噴出

log907-12-01-08-%20%283%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 絶好のスキー日和、東川町の道路で、旭岳スキー場へ向かう多くの車と
 すれ違った。
 日本一と云われるパウダースノーの旭岳で、スキーやボードを楽しまれる
 のだろう。

 
     

全国の旭岳ファンクラブの皆さまへ、旭岳通信冬号を送付しました

2011年12月29日

  大雪山国立公園旭岳を愛する全国の旭岳ファンクラブの皆さんへ
  旭岳通信2011年冬号を送付しました。

  総会は2012年2月17日(金)に東川町郊外の第三コミュニティセンターで
  開催します。
  宿泊を希望する方には、併設する(移住)体験住宅を用意しました。
  詳しくは、事務局からご案内を送付します。

  会員の皆さまにおかれましては、良いお年をお迎えください。  

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                  厳冬期の旭岳(2291m)

       %E6%97%AD%E5%B2%B3-300.jpg


%E6%97%AD%E5%B2%B3%E9%80%9A%E4%BF%A12011%E5%86%AC%E5%8F%B7.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

旭岳通信は旭岳ファンクラブの通信紙です。

旭岳ファンクラブは、旭岳の適正利用や、利用環境の整備を目的に、利用者、
関係者により発足したクラブです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

東川町での外来生物セイヨウオオマルハナバチ捕獲活動報告 2011年

2011年12月26日

  大雪のお花畑を守ろうと始めた、外来生物セイヨウオオマルハナバチの
  駆除活動、2011年の捕獲数をまとめました。

  捕獲活動にご参加頂いた町民の皆さま、ありがとうございました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log897-11-12-25-.jpg

   セイヨウオオマルハナバチの慰霊碑、雪の中ですが今年の活動を報告

         log897-11-12-25-%20%282%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       東川町でのセイヨウオオマルハナバチ捕獲数の推移 

log897-11-12-25-%20%281%29IMG.jpg

 東川町での捕獲数、年々減っています。
 生物にとっての環境の変化、それに加えて捕獲活動の効果も加味されて
 いるのではと思います。
 上川地区捕獲団体の2011年度活動報告会を来年3月に上川総合庁舎
 で開催し、2012年度へ向けて活動が始まります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

     自然と闘い、そう簡単では有りません、長い活動になりそうです。

     

大雪山の高山植物を守ろう/セイヨウオオマルハナバチ夏の駆除活動

2011年07月25日

 2011年、今年の外来生物セイヨウオオマルハナ蜂の駆除活動、捕獲数が少ない。
 庭に飛来する数も年毎に少なくなっている。
 地域環境の影響と捕獲効果の相乗なのかは、研究している大学の先生方に任せて
 私たちは捕獲活動に励む。
 
 この捕獲活動、春の越冬女王蜂の捕獲に続いて今年生まれた新女王蜂の捕獲時期
 に入った。
 ささやかな活動かも知れないが、続けて行きたい。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log786-11-07-25-00.jpg

          自宅庭にやって来るセイヨウオオマルハナ蜂

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log786-11-07-25-0%20%285%29.jpg


log786-11-07-25-00%20%281%29.jpg

       大雪の高山植物たちを外来生物から守ってあげたい

log786-11-07-25-00%20%282%29.jpg

先日、大雪と東川町の自然を守る会メンバーで、姿見の池周辺のお花畑の監視に出
かけた。
幸いにして、セイヨウオオマルハナ蜂の飛来は無く、在来のマルハ蜂が元気に花から
花へと飛び回っていた。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                庭の住人が巣立っていきました

          log786-11-07-25-00%20%20%283%29.jpg

            log786-11-07-25-00%20%284%29.jpg

ちょっと小鳥の巣をのぞいて見たら、雛は巣立って空き部屋となっていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

新緑と残り雪の中、大雪山「 旭岳 山のまつり 」終わる

2011年06月18日

  旭岳山のまつり、今年も登山者の無事と安全を祈願しました。

  アイヌの方の山の神に祈る儀式(ヌプリコロカムイノミ)は会場の炎の中、厳粛に
  行われました。

  旭岳ファンクラブも多くの会員さんと一緒にブースを設置、手作りの作品を
  販売したり、ヌプリコロカムイノミに参加して、山の安全を祈りました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

001-420.jpg

002-420.jpg

             003-200.jpg

006-420.jpg

007-420.jpg

   アイヌ方が、伝統の儀式、ムックリの演奏、歌、踊りを披露してくれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


000.jpg 015-250.jpg

014-420.jpg


010-200.jpg 013-180.jpg

  ブースでは、手作りフォトスタンド・バードコール・蜜蝋ローソクを販売
  山好きな方、自然保護の方、旭岳大好きの多くの方々と交流をしました。
  
  会員の渡邉さんが考案した新タイプのバードコールは音色が良く完売でした。

  高山植物見本園周辺の散策は小雨の中、田上さんの案内で実施しました。

012-150.jpg 011-250.jpg

  会員で登山ガイドの佐久間さんの考座「死なない登山塾」は多くの方が
  真剣に聞かれていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  夕方からは、旭岳温泉のホテルや旅館のコックさんが作られた食べ物を販売され
  皆で美味しく頂きました。

020-220.jpg 020-03-200.jpg

              020-02-200.jpg

         大雪の自然の中で食べるジンギスカン、い~いですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

              020-10-200.jpg

020-04-200.jpg 020-05-200.jpg

  地域の第三小学校の生徒さん達も参加、NPO大雪山自然学校ブースで
  木製ホルダー作りをしたり、ファククラブのブースで蜜蝋作りを体験
  したり、アイヌの方の儀式に参加し、アイヌの方と一緒に踊ったりと
  一日、元気に大自然の中で、山のまつりを味わっていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
今年のまつり、ブース準備が終わった昼前から雨が降り出し、一時、強い降りに
なりました。昼過ぎも雨、お客さんので足はまばらでした。
雨よ止めと、てるてる坊主さんと大雪の山の神に雨が上がる様にお願いしました。
 
夕方、不思議、不思議、雨がやみ、たいまつ行列が始まる頃は雲が切れてきました。
お陰様で、おまつりは、盛大にかつ厳粛に終わる事が出来ました。

てるてる坊主さんと山の神さま、日頃の行いの良い参加者の皆さんに感謝します。

そして、お手伝い頂いた会員のみなさま、お疲れ様でした。
  

東川町「旭岳山のまつり2011」に参加します / 旭岳ファンクラブ

2011年06月13日

 「旭岳山のまつり」が、6/18(土) ~ 6/19(日)に大雪山国立公園旭岳温泉
  にて、開催されます。

  2011-05-16.jpg

  6/18(土)旭岳青少年野営場でのイベントに今年も参加します。

  旭岳ファンクラブのブースでは、手作りのバードコール・蜜蝋ローソク
  フォトスタンドの販売、会員の旭岳と周辺の写真展示、会員で山岳ガイド
  佐久間 弘さんの登山講座や高山植物見本園の散策等を行います。

  夜7時からは、山の安全を祈る儀式ヌプリコロカムイノミが行われます。
  最後は大きなファイヤーを囲んで、アイヌの舞いをみんなで踊り、
  アイヌの方と山の安全を祈願します。

                     
       東川町「ようこそ東川」の「2011年 山の祭」詳細ページ
    http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=1&s=4973

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

     昨年の「旭岳山のまつり」旭岳ファンクラブブースの模様です

log556-10-06-19-00.jpg

  旭岳は、残雪とキバナシャクナゲのコントラストきれいな時期でした。

log556-10-06-19-00%20%281%29.jpg

       会員の皆さんと一緒、ブースの準備が出来ました。

           log556-10-06-19-00%20%282%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%283%29.jpg log556-10-06-19-00%20%284%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%285%29.jpg log556-10-06-19-00%20%286%29.jpg

  山楽舎 BEAR 山岳ガイド 佐久間 弘さん による登山講座と探索路散策を
  行いました。

log556-10-06-19-00%20%287%29.jpg log556-10-06-19-00%20%288%29.jpg

 
  アイヌ記念館の川村ご夫妻からアイヌ文化をご紹介頂きました。

log556-10-06-19-00%20%2810%29.jpg

           ムプリコロカムイノミ(アイヌの儀式)

log556-10-06-19-00%20%2811%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2812%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2813%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2814%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2815%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2816%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2817%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2818%29.jpg

000
log556-10-06-19-00%20%2823%29.jpg
log556-10-06-19-00%20%2824%29.jpg
log556-10-06-19-00%20%2825%29.jpg

    最後は、大きな炎を囲こみ、アイヌの踊りでまつりの幕を閉じました。


log556-10-06-19-00%20%2819%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2820%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2822%29.jpg

 まつりに参加された皆さん、たいまつ行列を楽しんだり、旭岳温泉のホテルや旅館
 ユースホステルの方々の飲食コーナで鹿肉シチューや石狩鍋・ジンギスカン等等を
 味わいていました。

       
log556-10-06-19-00%20%2821%29.jpg

 会場から500m程登ると旭岳中腹のお花畑で、そこには高山植物が咲いています。
 お花畑に、外来生物・セイヨウオオマルハナバチを入れてはいけません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

外来バチから大雪のお花畑を守ろう / 東川町羽衣公園で捕獲イベントを開催

2011年05月15日

  東川町内の羽衣公園で、外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除イベントを
  バスターズの皆さんと共に開催しました。   
  この時期としては、ちょっと肌寒く桜も二分咲きでしたが、旭川市や東川町の
  セイヨウバスターズの皆さんが集まりました。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  log760-11-05-14-00.jpg

               log760-11-05-14-00%20%281%29.jpg

 log760-11-05-14-00%20%282%29.jpg log760-11-05-14-00%20%283%29.jpg

   NPO法人ねおす大雪山自然学校の山口ちえさんがイベントの進行を担当、
   上川総合振興局の福村さんや、大雪と石狩の自然を守る会の寺島先生から
   お話を頂きました。

              log760-11-05-14-00%20%284%29-01.jpg

        東川町の町長さん、毎年、応援に駆けつけてくれます。   

log760-11-05-14-00%20%285%29.jpg log760-11-05-14-00%20%286%29.jpg

 今年は、セイヨウオオマルハナバチの数より虫取り網の数の方が多いようでした。

log760-11-05-14-00%20%287%29.jpg log760-11-05-14-00%20%288%29.jpg

  セイヨウオオマルハナ女王バチの捕獲は10頭でした。
  捕獲数も一昨年、昨年と減り、この地域の生息数も少なくなってきています。

  外来生物の駆除、簡単では有りませんが、セイヨウオオマルハナバチの駆除
  大雪山の可愛い高山植物を守るためにも継続して実施していきます。
  

               log760-11-05-14-00%20%289%29.jpg

        ご参加頂いたみなさん、お疲れ様でした。
        ご支援頂いた皆さま、ありがとうございました。
        捕獲されたセイヨウオオマルハナバチ君、冥福を祈ります。

                log760-11-05-14-00%20%2811%29.jpg 大雪と東川町の自然を守る会

   セイヨウオオマルハナバチの捕獲する意味、北海道全域での捕獲情報

            セイヨウ情勢のホームページ
        http://www.seiyoubusters.com/seiyou/help/

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

         log760-11-05-14-00%20%2810%29.jpg

            桜前線、東川町にもやって来ました。
               ( エゾやまざくら )


          

5/14(土)東川町でセイヨウオオマルハナバチ駆除イベントを開催します

2011年05月09日

    「大雪山のお花畑を守ろう」と外来生物セイヨウオオマルハナバチの
     駆除イベンントを開催します。

     昨年は捕獲数が半減、今年は今の時点で飛来数が非常に少ない。
     気象環境の影響に捕獲活動の成果が加わったのかは解りませんが
     飛来数の少ない今年は、撲滅に向けてチャンスの年だと考えます。
     これから、越冬を終えたセイヨウ女王蜂達の活動期に入りますので
     イベントを契機に、捕獲活動を更に進めていきます。

                  大雪と東川町の自然を守る会

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2011-05-14%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6.jpg

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ご興味を持たれた方は、下記のホームページをご覧願います。

           セイヨウ情勢のホームページです。 

         http://www.seiyoubusters.com/seiyou/

  「セイヨウ情勢」ウェブサイトは、市民参加型の監視活動(モニタリング)を
   通じてみなさんからよせられたセイヨウオオマルハナバチの捕獲・目撃情報を
   公開しています。
   セイヨウオオマルハナバチの侵入状況と対策のいまを知るために、ぜひご活用
   ください。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

          log757-11-05-09-00%20%281%29.jpg

                 昨年のイベント時の様子  


  

カタクリ・エゾエンゴサク・福寿草が芽吹いていました / 東川町の山裾です

2011年04月04日

 卯月となりました。

 昨日の雪から一転、暖かな陽射し、山裾に春の花を探しに行って見ました。
 林の中では、コゲラがカチカチカチカチとリズムを奏でていました。
 南斜面には、福寿草、カタクリ、エゾエンゴサクが顔を出していました。
 
 外来生物のセイヨウオオマルハナバチの気の早いのが飛び出ているかと観察を
 しましたが、流石にいませんでした。


log729-11-04-04-00.jpg

log729-11-04-04-00%20%281%29.jpg log729-11-04-04-00%20%282%29.jpg

log729-11-04-04-00%20%283%29.jpglog729-11-04-04-00%20%284%29.jpg
                      福寿草  

 log729-11-04-04-00%20%285%29.jpg
                      カタクリ 

 log729-11-04-04-00%20%286%29.jpg
                    エゾエンゴサク


      この場所でのセイヨウオオマルハナバチの初観察、

      2009年は、4月 4日 エゾエンゴサクの花で観察
      2010年は、4月16日 エゾエンゴサクの花で観察

          今年は、何時頃になるのでしょうか。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

支援第4陣が地震被災地へワゴン車で出発 / NPO法人大雪山自然学校

2011年03月21日

 自然観察や保護など、お世話頂きながら一緒に活動しているメンバーから
 メールが届きました。

 「これから地震被災地へ支援に出かけます」 
 発信元はNPO法人ねおす 大雪山自然学校のYさん

 「ご活躍を祈っています。でも、気を付けて行って来てね。応援します。」 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  被災地での活動の様子を発信しているブログの紹介が有りましたので転載します
  被災地の支援情報を発信しているブログ NPO法人ねおす
     
        http://blog.goo.ne.jp/neos_hokkaido

    アウトドアのノウハウと道具が被災地で役立っています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ブログを開いてみました。

3月22日(火)に現地への第4陣がワゴン車で出ます。
付きましては、みなさまから物資についてご支援・ご協力を承りたくお知らせいたします。

受付期間・受付物資は以下の通りです。
物資はスタッフが責任を持って被災地にお届けします。
みなさまからのご支援をお願い申し上げます。

【物資受付期間】
21日(月)9:00~17:00
22日(火)9:00~12:00
※上記時間以外は受付できませんのでご了承願います。
※必ず電話で受付を行ってからご持参願います。
※内容によっては受付できない場合もございますのでご了承願います。

【受付電話番号】
ねおす札幌事務所
011-615-3923 
(〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14)

※受付はねおす事務所のみですが、21日は、持込み場所がエルプラザでも可能です。
 電話受付時に必ずお知らせください。※持込み可能時間 12:00~18:00
 (札幌市北区北8条西3丁目)

【必要物資】()は目安の必要数
下着(100着) 新品でお願いします。
   サイズは問いませんが、LやMが中心、男女子ども
靴下(100足) 新品でおねがいします。

運動靴(50足) これもできれば新品でお願いします。 サイズ25や26前後
    大きなサイズもあると嬉しいです。
    
長靴(女性・子どもも 50足)
    これは今現在緊急品です。多少使ったものでも構いません。
    も不明者の捜索へ地域の方々が出ていますが、
    運動靴で雪でぐちゃぐちゃになった被災地へでかけています。
    
野菜類(野菜スープの材料となるもの) 
    じゃがいも、大根、白菜、キャベツ、きゅうり、トマト、ほうれん草など…
各種調味料 コンソメなど…
お茶、紅茶、コーヒー
目薬
台所用洗剤
ゴミ袋
サランラップ
婦人用のズボン(スウェット等 50着)
洗濯用品(ハンガー100本、洗濯バサミ、フック、ロープ、洗剤)
洗顔フォーム・クリーム・ハンドクリーム (たくさんあれば…)
 
コンテナなどクリアーケース(箱)
※同じ形で5個セット以上(重ねられるもの)

 このページ続いて
 被災地での、活動状況の写真や被災者さんの希望品などが紹介されています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ブログ見ました。
  さすがに動きが、早いですね。
  野外活動のノウハウと道具が被災地でも役立っています。 

毎日、被災地からの被災者さんの生の声が伝えられます、胸がつまります
  涙が止まりません、でも、被災者さんたちの辛い中での元気に逆に勇気を
  もらっています。
  ささやかですが、支えられる元気を持ち続けます。

  

   

大雪山のお花畑を守ろう/セイヨウオオマルハナバチのキャラクターが登場

2011年03月04日

外来生物のセイヨウオオマルハナバチから、大雪のお花畑を守ろうと活動している
セイヨウオオマルハナバチ駆除活動のシンボルキャラクターが完成しました。

特徴の2本の黄色いベルトと真っ白なお尻、セイヨウオオマルハナバチ駆除活動の
ちょっぴり可愛いキャラクターの登場です。

log709-11-03-04-0.jpg

        陽射しも暖かくなり、何となく春らしくなってきました。
        いよいよ来月(4月)から駆除活動が始まります。

      log709-11-03-04-1.jpg

  大雪と東川町の自然を守る会の会員さんのご家族がセイヨウオオマルハナバチの
  キャラクターを作成してくれました。

log709-11-03-04-1%20%281%29.jpg log709-11-03-04-1%20%282%29.jpg

 キャラクターは、展示用の大きなタイプと捕獲活動時に付ける小さなバッチタイプで
 駆除活動のイベントの時に登場させます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  2010年度のセイヨウオオマルハナバチ監視活動の報告会を開催します。

    期日 2011年3月26日(土) 午前9時30分~12時 まで
    場所 上川合同庁舎(旭川市永山6条19丁目)
     内容 セイヨウオオマルハナバチについてのお話し
         東大保全生態学研究室 中原美里先生
        上川管内セイヨウオオマルハナバチ監視6グループの活動報告
        意見交換

    主催 北海道上川総合振興局
    協力 NPO法人ねおす 大雪山自然学校
       大雪と東川町の自然を守る会 
       他、各種団体、グループ

           報告会参加問い合わせ・申込み
    上川総合振興局保健環境部環境生活課自然環境係 担当 福井さん
             TEL 0166-46-5922 ( 直通 ) 

◎大雪と東川町の自然を守る会も昨年度の活動報告と今年の活動計画を発表します。
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆    


        

 


旭岳ファンクラブの総会 / 東川町のキャビンで鍋料理を囲んで山を語る

2011年02月22日

    大雪山国立公園の旭岳を愛する全国の人達が集う、旭岳ファンクラブ
    キトウシ森林公園のキャビンで総会を開催しました。
 
    総会の後は、雪明りの中、なべ料理を囲んで遅くまで山を語りました。

                   朝焼けの旭岳
log708-11-02-22-00.jpg

      log708-11-02-22-00%20%281%29.jpg

 昨年度、活動報告や今年度の計画に会員さんの希望を取り入れながら決めました。

log708-11-02-22-00%20%283%29.jpg log708-11-02-22-00%20%282%29.jpg 

   なべ料理は、渡邉ご夫妻とご姉妹が中心となって準備してくれました。

            log708-11-02-22-00%20%284%29.jpg

      log708-11-02-22-00%20%285%29.jpg

総会は田上事務局長と鳥羽業務局長とで今年の実行計画の提案が有り承認されました。
総会後は、なべを囲んで山の話が、夜遅くまでつきませんでした。

翌日は、プロのガイドさんの案内で天人峡の巨木をスノウシューで雪上ハイクしました。

    全国の会員の皆様、まもなく旭岳通信の春号が送付されます。 
    楽しみにお待ち願います。
 

大雪山のお花畑を守ろう / 外来生物セイヨウオオマルハナバチの本です

2011年02月05日

    まだ、外来生物セイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)は冬眠中です。
    
    今日、鷲谷先生が纏められた本「セイヨウオオマルハナバチを追え」を
    贈呈頂きました。
    この本、在来種マルハナバチの事から始まり、侵略的外来種セイヨウの
    問題・自然への影響、私達も参加している監視活動の様子なども書かれ
    ています。
   
log698-11-02-05-00.jpg

北海道新聞にCOP10での鷲谷先生のインタビュー記事が有りましたので掲載します。

 log698-11-02-05-02.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   今年(2011年)のセイヨウの捕獲活動は、動き始めました。
   4月からのセイヨウの捕獲活動開始に向けて2010年度の
   報告会を開催します。

   2011年3月27日(土)9時30分~12時 上川合同庁舎
     鷲谷先生の研究室員さんによる講演
     上川地区、各捕獲グループによる捕獲活動の報告
     各グループ間での情報交換と交流 
  
   *大雪と東川町の自然を守る会も活動と今年の活動予定を報告します。
    
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

北海道の冬景色 / 氷結の忠別湖 ・ 雪の山となった旭岳

2011年01月28日

  厳冬期の大雪山国立公園旭岳の姿です。
  標高2291m、北海道最高峰も真っ白な雪の山です。
  今は、スキーヤーやボーダーが最高のパウダースノーを求めてやって来ます。
  快晴時の旭岳、厳冬期の粉雪と雄大な冬山の景色が見られます。

log691-11-01-28-00.jpg

log691-11-01-28-00%20%281%29.jpg

log691-11-01-28-00%20%282%29.jpg

                  忠別湖と旭岳

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

              旭岳ファンクラブの活動

全国に会員を持つ旭岳ファンクラブ。
2月18日に東川町キトウシ山のキャビンで鍋を囲みながらの総会を開催します。

総会後は、ストーブの火を囲んでの楽しい話の場となります。
貴重なアウトドアでの体験や、豊富な登山の経験や技術をお持との会員さん達の
話が、夜遅くまで続きます。そして寝袋にもぐりこんで休みます。

翌朝、有志で大雪山麓の巨木をめぐるスノーシューツアーを実施します。
会員でプロの山岳ガイドさんの案内なので多少マニアックかも知れません。

旭岳にお出での節は、是非、旭岳ビジターセンターに寄ってください。
センターには、スタッフで旭岳ファンクラブの事務局長の田上千尋さんがおります。
大雪山の事、旭岳ファンクラブの事などをお聞きください。

       旭岳ビジターセンターのHPアドレスです。
       スタッフの写真も掲載されています。

     http://www.welcome-higashikawa.jp/vc/

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    追記
      今朝の最低気温、マイナス20℃を記録しました。
    
      全国的に冷えている様ですね。お体ご自愛ください。

2010年度・外来生物(セイヨウオオマルハナバチ)の駆除活動を終了しました

2010年12月01日

   2010度の外来生物(セイヨウオオマルハナバチ)の駆除活動を11月末で
   終了しました。
   大雪山のお花畑を守るためとはいえ、沢山の蜂達を駆除しましたので、本日、
   町内のセイヨウオオマルハナバチの碑に今年度、最後に捕獲した蜂を埋めて
   供養しました。

 log652-10-12-01-00.jpg

   log652-10-12-01-00%20%281%29.jpg

          log652-10-12-01-00%20%282%29.jpg

 
 大雪と東川町の自然を守る会メンバーと町内協力者による町内での捕獲数 
     
   今年度の捕獲数  女王蜂      233頭
              働き蜂・オス蜂 1281頭   
               合計      1514頭  
   
   旭岳姿見の池周辺のお花畑の監視活動は5回(飛来は確認出来なかった)

   今年度は、セイヨウオオマルハナバチの飛来状況は、全道的に少なく
   町内の捕獲数も、昨年度の半数に留まった。
   昨年度の天候不順、今春の寒波等自然の影響、捕獲効果の相乗と推測
   しているが、来春の飛来状況と捕獲強化が重要と考え活動を進めたい。

  結果は、東大保全生態学研究室へ送付、研究室にて全道からの報告を集計する。
  セイヨウオオマルハナバチの広がり状況、危険地域の推定などを解析し来年の
  捕獲活動につなげます。

    今年度の最後の活動は12月中旬に上川管内の各団体が集まる連絡会で
    今年度の活動報告と来年度の予定を作成する。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
 
   今年度も、ご協力頂きました町民の皆様、ご協力ありがとうございました。   
                大雪と東川町の自然を守る会 
          

お彼岸・・・/ セイヨウオオマルハナバチの慰霊をしました。

2010年09月21日

 お彼岸、お墓参りの季節となりました。

 外来生物セイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)の捕獲活動も終盤、セイヨウの碑に
 出かけて供養をしてきました。

log609-10-09-20-00.jpg

       log609-10-09-20-00%20%281%29.jpg

  「大雪山のお花畑・生態系を守ろう」とはいえ命をいただく事には変わり 
   有りませんので、毎年、セイヨウの慰霊をしています。


      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

  士別市でセイヨウオオマルハナバチの駆除活動グループが立上りました 

   士別市の大泉さんを中心にセイヨウオオマルハナバチの駆除グループが誕生
   しました。皆さん北海道のセイヨウバスターズに登録し活躍されています。
   先日、士別市の羊と雲の丘のお花畑で駆除活動をされたので、妻と二人で
   お伺いしました。
   東川町での駆除目的や活動の状況、捕獲の方法などをお話をさせてもらい、
   その後、皆さんと一緒に捕獲活動をさせてもらいました。

    log609-10-09-20-00%20%282%29.jpg

log609-10-09-20-00%20%283%29.jpg log609-10-09-20-00%20%284%29.jpg

log609-10-09-20-00%20%285%29.jpg


  捕獲活動後、メンバーの方々のお家を訪問、素敵な花壇を見せてもらいましたが、
  皆さん、自然を愛する優しく素敵な人達でした。

  みなさん、たいへんお世話になりました。
  お元気で頑張ってください。

外来生物セイヨウオオマルハナバチ監視活動2010年秋 / 新女王蜂たちを駆除

2010年09月12日

2010年度の最後のセイヨウオオマルハナバチの捕獲イベントに参加しました。
昨年同様、上富良野町日の出公園で開催、関係団体と共に捕獲活動を実施しました。


log600-10-09-11-01.jpg

log600-10-09-11-01%20%281%29.jpg

NPO法人ねおす大雪山自然学校の山口さんから、捕獲方法の説明がありました。


            log600-10-09-11-01%20%282%29.jpg 

              大雪と東川町の自然を守る会の強力メンバーたち

log600-10-09-11-01%20%283%29.jpg

            log600-10-09-11-01%20%284%29.jpg

  捕獲したセイヨウオオマルハナバチは女王1頭、オス蜂7頭、働き蜂9頭
  今年の捕獲数、昨年の500頭に比べと捕獲数が激減した。
  激減の理由は明確ではないが、春の低温の自然環境への影響、捕獲活動の
  効果等々の相乗効果ではと思います。
  来春は、更に捕獲活動を推進、セイヨウオオマルハナバチの更なる激減に向
  けて、活動の裾を広げていきたい。
  注記)セイヨウオオマルハナバチは一匹で無く一頭と数えます 


log600-10-09-11-01%20%285%29.jpg

log600-10-09-11-01%20%286%29.jpg log600-10-09-11-01%20%287%29.jpg

捕獲のベテラン、西田さんユニホーム。長年の昆虫採集経験が活かされています。

私達はとても真似は出来ませんので、平服で虫取り網とペットボトルで自宅周辺の
セイヨウオオマルハナバチを捕獲しています。 

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log600-10-09-11-00.jpg

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       log600-10-09-11-01%20%288%29.jpg

    セイヨウオオマルハナバチから大雪のお花畑を守りましょう。

大雪山の紅葉見どころ番付 2010年 / 旭岳ファンクラブ

2010年09月09日

旭岳ファンクラブの季刊通信紙2010年秋号が、発刊されました。

特集記事は、「決定!大雪山紅葉番付2010」です。

これによりますと、東の横綱は「赤岳(第三雪渓)」、西の横綱は「銀泉台」と
なりました。

log596-10-09-04-00.jpg

       大雪の山から紅葉の便りは聞こえ始めましとした。
       そういえば、今朝の外気温、8.7℃まで冷え込んでいた。

       log596-10-09-04-00%20%281%29.jpg

       快晴の朝、ご来光も秋空の下、さわやかな光を届けてくれた。

      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆   

先日(9/4~5)、キトウシ森林公園で「くらし楽しフェスティバル」が、開催された。
旭岳ファクんラブも、クラブのPRも兼ねて参加、バードコール、蜜蝋ローソク、不用品
を販売した。
当日は、快晴、沢山のお客さんがお見えになり、我がブースも盛況で有りました。

 log596-10-09-04-00%20%282%29.jpg

         log596-10-09-04-00%20%283%29.jpg

     log596-10-09-04-00%20%284%29.jpg

              ブース長の田上さんです。


        旭岳ファンクラブの沢山の方にお手伝い頂きました。
        いろいろな方がブースにお出で頂き、旭岳ファンクラブに
        関心持って頂きました。

        みなさん、お疲れ様でした、でも、楽しい一日でした。          

 

    
  

小雨の中でした / 旭岳・お花畑のセイヨウオオマルハナバチ合同調査会

2010年08月07日

  セイヨウオオマルハナバチの合同調査会は小雨の中でした。
 雄大な大雪の山も一面のお花畑も雨の中、目的のハチ達も休暇中でした。
 でも、姿見周辺でセイヨウオオマルハナバチが過去に確認されたポイントを
 把握し、参加者全員で「お花畑を守ろう」を確認し、調査会を終えました。

いや~この雨、私の日頃の行い悪く、カムイミンタラの神々のご機嫌を損じた様です。

log576-10-08-07-00.jpg log576-10-08-07-00%20%281%29.jpg

       log576-10-08-07-00%20%282%29.jpg

log576-10-08-07-00%20%283%29.jpg log576-10-08-07-00%20%284%29.jpg

log576-10-08-07-00%20%285%29.jpg log576-10-08-07-00%20%286%29.jpg

log576-10-08-07-00%20%287%29.jpg log576-10-08-07-00%20%288%29.jpg

 残雪が遅くまで残っていた地域のチングルマの花と咲き終わり枯れたチングルマ

             log576-10-08-07-00%20%289%29.jpg

     お花畑の花も、秋の花に移り、間もなくリンドウの花が群生します。
     追っかけるように、チングルマが紅葉する季節となります。

    log576-10-08-07-00%20%2810%29.jpg

  東大保全生態学研究室の鷲谷先生のまとめのお話で調査会を終えました。

    

    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

   昨年の同時期に監視に入った時の旭岳と歓迎してくれたリス君です。
   こんな景色の中で実施したかつたのですが、残念でした。

log576-10-08-07-00%20%2811%29.jpg

           log576-10-08-07-00%20%2812%29.jpg

    調査会、大雪と東川町の自然を守る会からは、2名が参加しました。    

大雪山のお花畑を守ろう / 8/7旭岳マルハナバチ合同調査会に参加します

2010年08月05日

「大雪のお花畑を守ろう」を合言葉にセイヨウオオマルハナバチの駆除活動をしている。
今年も、8月7日に関係者で旭岳姿見の池周辺の合同調査に「大雪と東川町の自然を
守る会」も参加します。

 今年は、山麓でのセイヨウオオマルハナバチの訪花は昨年に比べて少ない。
 山岳地帯での活動状況は、この調査で把握したい。

log573-10-08-04-04.jpg
log573-10-08-04-05.jpg


                    合同調査のチラシ
log573-10-08-04-01.jpg


log573-10-08-04-02.jpg log573-10-08-04-03.jpg
              外来生物セイヨウオオマルハナバチ


旭岳「山のまつり」でアイヌの方と夏山の安全を祈願しました / 旭岳ファンクラブ

2010年06月25日

  夏山シーズンを迎えて、アイヌの方と夏山の安全を祈願しました。
  いよいよ大雪の山々は登山シーズンに入ります。

  「山のまつり」、旭岳ファンクラブも会場の旭岳青少年野営場に
   クラブブースを設営し、いろいろな体験を企画実施しました。

    ・バードコールとみつろうキャンドルの体験コーナー
    ・安全登山の相談コーナー
    ・カムイの森ウォーク(探索路散策)
    ・登山講座 「死なない登山〝考〝座」

  夜は、アイヌの方の儀式と民謡・踊りを見せて頂き、最後は大きなファイヤーを
  囲んで、アイヌの舞いをみんなで踊り、まつりを終わりました。


log556-10-06-19-00.jpg

  旭岳は、残雪とキバナシャクナゲのコントラストきれいな時期でした。

log556-10-06-19-00%20%281%29.jpg

       会員の皆さんと一緒、ブースの準備が出来ました。

           log556-10-06-19-00%20%282%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%283%29.jpg log556-10-06-19-00%20%284%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%285%29.jpg log556-10-06-19-00%20%286%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%287%29.jpg log556-10-06-19-00%20%288%29.jpg

  山楽舎 BEAR 山岳ガイド 佐久間 弘さん による登山講座と探索路散策を
  行いました。

log556-10-06-19-00%20%289%29.jpg
 
  アイヌ記念館の川村ご夫妻からアイヌ文化をご紹介頂きました。

log556-10-06-19-00%20%2810%29.jpg

           ムプリコロカムイノミ(アイヌの儀式)

log556-10-06-19-00%20%2811%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2812%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2813%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2814%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2815%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2816%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2817%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2818%29.jpg

000
log556-10-06-19-00%20%2823%29.jpg
log556-10-06-19-00%20%2824%29.jpg
log556-10-06-19-00%20%2825%29.jpg

    最後は、大きな炎を囲こみ、アイヌの踊りでまつりの幕を閉じました。


log556-10-06-19-00%20%2819%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2820%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2822%29.jpg

 まつりに参加された皆さん、たいまつ行列を楽しんだり、旭岳温泉のホテルや旅館
 ユースホステルの方々の飲食コーナで鹿肉シチューや石狩鍋・ジンギスカン等等を
 味わいていました。

log556-10-06-19-00%20%2826%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2827%29.jpg

 観光協会の浜辺会長さんや東川町松岡町長さんからご挨拶が有りました。


山のまつりは実行委員会方式で開催、旭岳ファンクラブも仲間に入れて頂きました。

 観光協会の職員の方、旭岳温泉のホテルや旅館・ユースホテルの関係者の方々
 ロープウェイ会社の関係者、町の観光担当方々、大雪山自然学校の皆さん他が
 まつりを運営されました。みなさまお疲れ様でした。

まつりに参加された、旭岳ファンクラブの皆様

 計画から準備、当日の運営から後始末まで対応をしてくれました会員の皆様、
 お陰様で楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 それぞれの皆様に、いろいろな仕事をして頂き、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。
 
 おでんを作って差し入れてくれた田上さん、美味しかったですよ。
 
                    旭岳ファンクラブ

   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

      
log556-10-06-19-00%20%2821%29.jpg

 会場から500m程登ると旭岳中腹のお花畑で、そこには高山植物が咲いています。
 お花畑に、外来生物・セイヨウオオマルハナバチを入れてはいけません。

   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

まもなく(19日・20日)大雪山旭岳山のまつりが開催/旭岳ファンクラブも参加します

2010年06月09日

   季節は水無月
   既報ですが、6月19日(土)~20(日)に大雪山旭岳「山のまつり」が
   旭岳温泉青少年野営場で開催されます。

   まつりのチラシをアップします。

log548-10-05-31-00.jpg
log548-10-05-31-00-01.jpg
log548-10-05-31-00-02.jpg
log548-10-05-31-00-03.jpg

   まつりは実行委員会形式で運営され、旭岳ファンクラブも運営に参加します。

   旭岳ファンクラブブースを設置(旭岳温泉 / 青少年野営場)
     
     ・バードコール作り・みつろうキャンドル作り体験   
     ・安全登山の相談コーナー
     ・旭岳温泉探索路散策(20名) プロの山岳ガイド 佐久間 弘さんが案内
     ・登山" 考 "座       山楽舎BEAR 佐久間 弘さん 講演
     ・大雪のお花畑を守ろう 
       外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動のパネル展示

     開設時間 午前11時~午後3時30分  です。

   まつりにお出での方は、ぜひ寄ってくださいね。

その後は、旭岳安全祈願祭に参加
    日暮れ後に行われるアイヌの方のムプリコロカムイノミを見せてもらいます。

     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ごめんなさい、シャトルバスは東川町町民限定です。

19日は町市街地から旭岳温泉まで無料シャトルバスが運行されますのでご利用下さい。
    (運行時間・申込み先など詳しくは、町広報誌6月号をご覧願います)

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロープウエイ往復料金が半額以下の大人1000円、小学生以下は無料となります。 
   
  ロープウエイ料金割引は、東川町・東神楽町・旭川市の住民限定です。

  期間は6/15~7/4と8/1~8/15です、窓口で身分証明書をお見せください。   
(旭岳ロープウエイ改修10年の記念してワカサリゾートさんが地元サービスとして実施)   
   

 P.S.まつり前に旭岳・姿見の池周辺まで登って様子を見て来ます。

セイヨウオオマルハナバチを捕まえよう !/ 東川町羽衣公園で駆除イベント

2010年05月09日

エゾムラサキツツジも咲き、外来生物セイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)の活動期
に入りました。
今日は、東川町の羽衣公園で駆除イベントが開催されました。

log351-10-05-09-00.jpg

東川町・旭川市の方を中心に道内各地からイベントに参加してくれました。

log351-10-05-09-00%20%281%29.jpg log351-10-05-09-00%20%282%29.jpg

上川総合振興局福井さん開会宣言続いて松岡東川町長の激励のお言葉を頂き開会。

log351-10-05-09-00%20%283%29.jpg log351-10-05-09-00%20%284%29.jpg

大雪山自然学校の山口ちえさんの捕獲時の注意や捕獲方法のレクチャーを受ける。

    log351-10-05-09-00%20%285%29.jpg

log351-10-05-09-00%20%286%29.jpg log351-10-05-09-00%20%287%29.jpg

皆さん、各々に捕獲を開始、広い公園内をセイヨウを捜して歩き回りました。
しかし、外気温は8℃とちょっと寒く、今年の寒さの影響でエゾムラサキツツジも
三分程度の咲きだったので、例年に比べて捕獲数は少なかった。

  log351-10-05-09-00%20%288%29.jpg   log351-10-05-09-00%20%289%29.jpg

 捕獲したセイヨウは、町内の慰霊碑に埋葬しセイヨウ冥福を祈りました。

    log351-10-05-09-00%20%2810%29.jpg log351-10-05-09-00%20%2811%29.jpg 

イベントが終了後、大雪山自然学校のメンバーが準備してくれた懇親会でセイヨウの
捕獲・生態の話、北海道の山々の登山話、道内各地の高山植物の等等、楽しい時間を
過ごす共に、「大雪山のお花畑を守るためにもセイヨウの駆除活動に励もう」とお互いに
思いをあらたにして、解散しました。


           log351-10-05-09-00%20%2812%29.jpg

 会を開催頂いた上川総合振興局自然環境担当の方、いろいろと準備をして頂いた
 ねおす大雪山自然学校のみなさま、地元や道内各地から参加頂きましたみなさま
 お疲れ様でした。

                     大雪と東川町の自然を守る会
                     旭岳ファンクラブ
                     

昼食前のひと仕事 / 庭と蜂慰霊碑の草取りをしました

2010年05月08日

  今にも雨が降り出しそうな午前の曇空、お昼前のひと仕事に庭の草取りと
  動物慰霊地に有るセイヨウオオマルハナバチの慰霊碑の草取りをしました。

log351-10-05-08-00%20%282%29.jpg

雑草との戦いは永遠、敵は元気でたくましい、振り返ると次の雑草が顔を出している。

   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    セイヨウオオマルハナバチの慰霊碑、大きな桜の木の下に有ります。

    log351-10-05-08-00%20%281%29.jpg

                log351-10-05-08-00.jpg

  町所有地をお借りして、セイヨウオオマルハナバチの慰霊碑を建てて3年
  碑もちょっと貫録がついてきました。
 
  ここは、農作業や生活の中で活躍してくれた動物たちの慰霊地で、その一角を
  お借りして、外来生物セイヨウオオマルハナバチ慰霊碑を皆で建てました。

  慰霊碑の裏には、駆除活動と慰霊碑建立に寄与して頂いたグループ名がが明記
  されています。
          大雪と東川町の自然を守る会
          大雪山自然学校
          北海道内セイヨウバスターズ有志
          東大大学院 保全生態学研究室
          旭岳ファンクラブ

    明日は、東川町でセイヨウオオマルハナバチの捕獲イベントが有ります。
    皆で、慰霊に来ます。 

大雪山旭岳「山のまつり」の実行委員会に参加 / 大雪の山は春の兆しでした。

2010年05月07日

  6月19日~20日に旭岳温泉で開催される「山のまつり」の実行委員会が
  旭岳ロープウエイ・アルペンフローラで開催され、旭岳ファンクラブとして
  妻と参加しました。具体的な最終案が決定、観光協会から発表されます。

log350-10-05-07-00.jpglog350-10-05-07-00%20%281%29.jpglog350-10-05-07-00%20%282%29.jpg

   
  「山のまつり」の様子は先日アップしたものを見て頂けると嬉しいです。 
 
http://blog.hokkaido-np.co.jp/0141kome/oldentries/archives/2010/04/post_404.html


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 旭岳、雪融けが大分進んでいました。

 スキー場も9日(日)でクロス、ロープウエイも点検整備に入ります。

log350-10-05-07-00%20%283%29.jpg log350-10-05-07-00%20%284%29.jpg

  4日前(5/3)には、氷結していた忠別湖の湖面は融けてさざ波がたっていました。

     log350-10-05-07-00%20%285%29.jpg

           まもなく大雪の山々も、春を迎えます。

4月22日は「アースディ」でした / 知りませんでした。

2010年04月24日

テレビで今日(4/22)は、「アースディ=地球のことを考えて行動する日」です。
とテロップが流れました。
「え~そんな日が有るの・・・」

いま、北海道では「Earthday Ezo 2010」が 4/17~6/30まで各地で開催されています。
旭岳ファンクラブもNPO法人ねおす大雪山自然学校の人達とイベントに参加していますが、
アースディの日をテレビから教えて貰うようでは、私も困ったものです。

北海道内では、沢山のアースディイベントが開催されています。
「旭岳の自然の中で地球の事を一緒に考えましょう」と旭岳・山のまつりが
開催されます。そのポスターが出来上がり配布されましたのでアップします。

log332-10-04-21-400.jpg


 とわいえ、身の回りで出来ることって・・・
 大切にしたいもの、次の世代へ残したものって・・・
 ちょっと立ち止まって、ゆっくり大きく目をひろげ、耳をすますと
 身近なところに、大切にしなければいけない自然が有るかもしれませんね。

 アースディの日、そんな気持ちにさせてくれました。
 
 
 

 


全面広告? 大雪山旭岳 “山のまつり“ は6月19日(土)に開催されます。

2010年04月20日

 ちょっと宣伝となってしまいますが・・・

 大雪山の安全と自然をまもる催し、大雪山旭岳 “山のまつり“ は  
 6月19日(土)~20日(日)に標高1000mの旭岳温泉で開催されます。

 旭岳ファンクラブでは19日(土)にイベントへ参加します。
 クラブでは、体験テント村を開設、バードコールや蜜蝋キャンドル作りの体験、
 自然探索路散策と登山講座、登山なんでも相談、パネル展などを開設します。
 旭岳ファンクラブのテント村は、11時~15時まで活動しています。
 
 その後は、午後4時から標高1600mまでロープウエイで旭岳姿見駅まで上り
 山の安全祈願に参列します。

 午後7時からは、温泉街に有る野営場で行われるアイヌ民族の方々の祈りの儀式
 「ムプリコロカムイノミ」に参加します。

 会場では、ねおす大雪山自然学校によるアースデー参画行事や、温泉街の旅館や
 ホテルの方々による、食べ物村他も開設されます。

 初夏の大雪へ来られて、アイヌの方々や山好き自然好きな方々と一緒に山のまつり
 と大雪の自然・高山植物のお花畑を味わってみませんか。

  
昨年アップしました“山のまつり“の様子を再掲載します

   山の安全祈願が、東川神社の宮司さんを迎えて行われました。

     log194-09-06-20-0.jpg


log194-09-06-20-01.jpg


log194-09-06-20-02.jpg


log194-09-06-20-03.jpg

 今日の午後3時から、旭岳ロープウエイ姿見駅で行われた。
 関係者一同、事故の無い安全で楽しい登山で有ります様にお祈りしました。

      午後7時からはアイヌ民族の方々によるムプリコロカムイノミ 

   log197-09-06-28-09.jpg

   log197-09-06-28-10.jpg

log197-09-06-28-11.jpg log197-09-06-28-12.jpg


       “ 山のまつり“前日の旭岳姿見の池周辺の景色
              
log193-09-06-19-02.jpg

log193-09-06-19-03.jpg log193-09-06-19-04.jpg

 散策路では、木の上からノゴマ(雄)が地上ではシマリス達が迎えてくれました。


        log193-09-06-19-05.jpg

log193-09-06-19-06.jpg

   姿見の池をふさいでいた雪も融け始め、水面が顔を出していました。

log193-09-06-19-07.jpg

   六合目まで足を伸ばしましたが、登山道に雪は有りませんでした。

log193-09-06-19-08.jpg

   天気予報通り雲が切れて、青空の下に旭岳の山頂が顔を見せてくれました。


log193-09-06-19-09.jpg log193-09-06-19-10.jpg

 花は、キバナシャクナゲが見ごろでしが、週替わりでいろいろな高山植物の花が
 咲き乱れます。
   
log193-09-06-19-11.jpg

       キバナシャクナゲ・ガンコウランなどが咲いていました。

log193-09-06-19-12.jpg log193-09-06-19-13.jpg

log193-09-06-19-14.jpg

     在来のマルハナ蜂がキバナシャクナゲから蜜を採っていました。
     外来生物セイヨウオオマルハナバチから在来蜂とお花畑を守り
     次の世代にこの花達を残す活動を続けています。


log193-09-06-19-15.jpg log193-09-06-19-16.jpg

       ショウジョウバカマ             メアカンキンバイ
 

           log193-09-06-19-17.jpg

                   エゾコザクラ


  

外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動開始 / 福寿草・カタクリ・エンゴサク

2010年04月07日

今年も外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動をスタートしました。

町内の山裾で駆除活動を開始しましたが、雪融けが遅れている山裾は、まだ、
雪に覆われていましたが、南斜面の雪融けした面には、福寿草・かたくり・
エンゴサクが咲き始めていました。

今日は、日本在来の蜂達も、外来生物のセイヨウオオマルハナバチの姿も有り
ませんでした。
今日の外気温は6℃、蜂達にはまだまだ寒い温度の様です。

log320-10-04-07-00.jpg
 
              丘の上から見た、東川町郊外

log320-10-04-07-00%20%281%29.jpg log320-10-04-07-00%20%282%29.jpg

 林の中、コゲラが元気に木を突いていた

 log320-10-04-07-00%20%283%29.jpg

               福寿草

      log320-10-04-07-00%20%284%29.jpg

                     かたくり

           log320-10-04-07-00%20%285%29.jpg

                          エンゴサク

log320-10-04-07-00%20%286%29.jpg

  1時間ほど初春の林の中を散歩、越冬バチの出現は、もう数日先の様です。

          log320-10-04-07-00%288%29.jpg

         昨年捕獲したセイヨウオオマルハナバチの写真です
 彼らには、何の責任も有りませんが、大雪のお花畑を守るために今年も駆除活動をします。
                  「ごめんね」 

P.S.
昨年の最初の捕獲はこの場所で、4月3日にエンゴサクの花に飛来したところを
 捕獲しました。  

  

野鳥観察会で白鳥を見てきました / 旭岳ファンクラブ

2010年04月03日

大雪の麓、永山新川の川辺で白鳥やカモなどを見てきました。

3月の末から4月初めにかけて、越冬を終えた鳥たちが、大雪山麓で一休みして
故郷へ帰って行きます。
そんな野鳥たちを自然の中で、そっとのぞかせてもらいました。

旭岳ファンクラブメンバーは永山新川の「かわの交流館さらら」の駐車場に集合、
日本野鳥の会・柳田先生に野鳥の解説をして頂きながら、自然の野鳥たちを観察
しました。


log316-10-04-02-00.jpg

log316-10-04-02-00%20%281%29.jpg log316-10-04-02-00%20%282%29.jpg

log316-10-04-02-00%20%283%29.jpg

  白鳥は、川辺で水草を食べたり、ゆったりと休んだりしていました。

log316-10-04-02-00%20%284%29.jpg log316-10-04-02-00%20%285%29.jpg

       log316-10-04-02-00%20%286%29.jpg

log316-10-04-02-00%20%287%29.jpg log316-10-04-02-00%20%288%29.jpg

log316-10-04-02-00%20%289%29.jpg log316-10-04-02-00%20%2810%29.jpg log316-10-04-02-00%20%2811%29.jpg

  log316-10-04-02-00%20%2812%29.jpg   log316-10-04-02-00%20%2813%29.jpg

   講師の柳田先生と、観察会に参加しました旭岳ファンクラブのメンバーです。

  私の野鳥観察力は最低で、白鳥はすべて白鳥、カモはすべてカモ程度の区分しか
  出来ないレベルでしたが、色々と教えて頂き、白鳥も、オオハクチョウ、コハク
  チョウ、カモもコガモからマガモ等々、少し識別して鳥たちを見ることが出来る
  様になりました。

  個人的には、水面から飛びたつ姿、飛行する時の体形、餌のとり方など自然の
  中で完成された姿に改めて驚いた興味深い観察会でした。

  ご案内頂きました柳田先生、ありがとうございました。

  今回行かれなかった方々は、来週の9日にも開催しますのでご参加ください。

 
 
 

旭岳ファンクラブ / 野鳥観察ウォーキングを開催します(4/2と4/9)

2010年03月27日

   旭岳ファンクラブは永山新川で野鳥観察ウォーキングを開催します。

ご案内
       旭川・永山新川で野鳥観察ウォーキング

 日時    2010年 4月2日(金)・4月9日(金)
 集合    午前8時 川のふるさと交流館「さらら」の駐車場
 野鳥観察  2時間程 野鳥の観察、説明などを講師の先生から
         お聞きしながら歩きます。
 講師    柳田和美さん(日本野鳥の会旭川 代表)
 参加費   旭岳ファンクラブ会員  500円
        一般の方       1000円
 メモ
  ・事前申し込み不要です、現地集合・現地解散 で実施します。
  ・多少の雨・雪の時は実施、大雨の場合は中止とします。  

   野鳥に興味のある方、是非ご参加ください。

 募集チラシです。    

log308-10-03-27-00.jpg

     先日の永山新川の野鳥の写真です。
         会員の田中さんからお借りしました。

  log308-10-03-27-00%20%281%29.JPG

     log308-10-03-27-00%20%282%29.JPG


  ファンクラブとして、昨年末に柳田先生をお迎えして、野鳥の見分け方や
  生態の講習会を開催しました。
  今回は、野に出て実際の野鳥を観察する会を企画しました。

旭岳を望む絶景ポイント / 旭岳ファンクラブ 春号の特集

2010年03月06日

旭岳ファンクラブの通信紙、旭岳通信春号が発刊されました。
特集は、旭岳を望む絶景ポイントです。

紹介された絶景ポイントは
 ドライブ編では、東川町北工学園ふれあいの郷テラスと旭川市の就実の丘

 夏山編では、姿見平から見た西面の旭岳
       熊ケ岳から見た東面の旭岳
       当麻岳から見た北面の旭岳
       化雲岳第一公園から見た旭岳
 
 雪山編(スノーシューで行く絶景ポイント)では、
       近距離では、旭岳温泉から行くカモ沼
       中距離では、ピウケナイ山からの旭岳
       遠距離では、伊阿根山からの旭岳   
  が、紹介されています。

log296-10-03-07-00%20%281%29.jpg

log296-10-03-07-00.jpg

紹介してくれました山岳ガイドさんののコメントには「紹介した絶景ポイントは、
数ある中の一部に過ぎません・・・中略・・・みなさんも色々な場所から見比べて、
ぜひ自分だけのお気に入り旭岳を見つけてください」と有りました。

              私のお気に入り冬の旭岳です

     log297-10-03-07-01.jpg

      昨年の3月下旬、ロープウエイ姿見の駅(1600m)付近からの景色


 


旭岳ファンクラブ総会 / 雪のキトウシ森林公園ケビンで開催

2010年02月27日

地元在住の自然ガイドや旭岳を愛する有志の集まり、旭岳ファンクラブの総会を
キトウシ森林公園のケビンで開催しました。

総会では昨年の活動報告に続いて、今年の活動を計画を皆で作成しました。
総会後は鍋を囲んでの懇親会、山の話で盛り上がりました。

ケビンに宿泊、翌日は、旭岳の麓くるみ沢を会員で山岳ガイドの佐久間さんの
案内で、雪上ハイクを楽しみました。

log291-10-02-19-00.jpg

 旭岳通信は旭岳ファンクラブの通信紙で、春夏秋冬・年4回発行されます。
 会報「旭岳通信」(A4版4ページ)は、現在、27号まで発行


log291-10-02-19-00%20%281%29.jpg log291-10-02-19-00%20%282%29.jpg

log291-10-02-19-00%20%283%29.jpg log291-10-02-19-00%20%284%29.jpg

 現在会員数は、地元会員、道外の会員を合わせて55名で、総会には23名
 の方が出席されました。

log291-10-02-19-00%20%285%29.jpg log291-10-02-19-00%20%286%29.jpg

log291-10-02-19-00%20%287%29.jpg log291-10-02-19-00%20%288%29.jpg

 鍋を囲んでの懇親会、会員さん其々の貴重な山行体験話に興味津津でした。

log291-10-02-19-00%20%289%29.jpg log291-10-02-19-00%20%2810%29.jpg

 ケビンの内部です。広いキッチンと大きなお風呂が付いています。

  翌日は、会員交流のスノーシューツアーへ出掛けました

log292-10-02-20-00.jpg

log292-10-02-20-00%20%281%29.jpg log292-10-02-20-00%20%282%29.jpg

 木には、ヒグマの爪の痕が・・・

log292-10-02-20-00%20%283%29.jpg log292-10-02-20-00%20%284%29.jpg

 会員で山岳ガイドの佐久間さん。
 くるみさわの散策コースを案内してくれました。

旭岳ファンクラブは会員を募集中です。

会員になってくださった皆様には、年4回、旭岳通信をお送りします。
年会費は1000円で、会費の一部はセルフガイド・地図などの作成、
案内板の整備など国立公園利用環境の整備に利用させて頂きます。

入会希望の連絡先

〒071-1407 北海道上川郡東川町西7号北37番地
 山楽舎BEAR気付 旭岳ファンクラブ入会案内 係

    FAX  0166-82-5803
    E-mail  asahidakefan@yahoo.co.jp

旭岳ファンクラブ / 東川町暮らしのフェアへ出店しました

2009年09月18日

旭岳ファンクラブ会員有志で、東川町キトウシ森林公園で開催された
暮らしのフェアのフリーマーケットに出店しました。

お店は、バードコールと蜜ろうのローソク・顕微鏡や登山の備品等を
販売しました。

体験コーナーは、蜜ろうのローソク作り、キトウシの森林を散策する
「さわやかウォーキング」を企画しました。

広報活動は、
 ・旭岳ファンクラブの活動の紹介と会員の募集。
 ・大雪のお花畑を守ろう! という事で、セイヨウオオマルハナバチの
  駆除活動をPRしました。

log227-09-09-18%20%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E5%87%BA%E5%B1%95.jpg

 売上金は、会の活動費や国立公園利用環境の整備などに使わせて頂きます。

 当日は、天気に恵まれませんでしたが、沢山の方がお店に来てくれました。
 来店された方、バードコールや蜜ろうロウソクを買って頂きました方々、
 ありがとうございました。

 バードコールが、森で小鳥たちと一緒に囁き合い、蜜ろうローソクが家庭を
 癒しの光とさわやかな香りで楽しく、してくれている事と思います。
 

 ・今年3月に、このプログに掲載した「旭岳ファンクラブ」の記事です。
http://blog.hokkaido-np.co.jp/0141kome/oldentries/archives/2009/03/post_233.html

大雪山系のキタキツネ・蝉・バッタ

2009年09月15日

最近、山で見かけたキタキツネと蝉とバッタです。

 キタキツネは、帰り道に、道路へ出てきました。
 蝉は、エゾゼミ。
 バッタは、ダイセツタカネフキバッタです。

 log224-09-09-14-00.jpg

 まだ、若いキツネの様でした。

 log224-09-09-14-00%20%281%29.jpg

 蝉の模様が、アイヌ民族の方の衣装に柄が似ている様に感じました。


 log224-09-09-14-00%20%282%29.jpg

 ちょっと、覚えにくい名前のバッタですね。標高1800mで見付けました。

 高山には、そのほかにトンボや蜂に蝶など沢山の昆虫がいます。
 大雪の自然体系の中、その保全に役割を果たしています。

 


     
  

トムラウシ山登山/素晴らしいガイドさんと登りました

2009年08月29日

暫く振りの高気圧、朝焼けの空に大雪の山並みが映しだされました。
登山日よりです。

旭岳ファンクラブの会員でガイドさんにご案内頂き、トムラウシ山へ登りました。
扇山から三川台を経由してトムラウシ山直下の野営地に一泊、翌日、トムラウシ山
に登り、同じコースを戻る山行でした。
メンバーは、ガイドの鳥羽さん・ご近所のWさんご姉妹と私達夫婦の5人です。


01-IMG_0869-150.jpg 02-IMG_0879-250.jpg

    朝焼けの大雪の山々          遥か向こうにトムラウシ山

   03-N1_1138-130.jpg    04-N1_1144-200.jpg

   ストレッチで登山準備

         05-N1_1140-300.jpg

              はーい! 出発です  

06-N1_1152-400.jpg

07-N1_1168-400.jpg

08-N1_1160-400.jpg

           扇山から兜岩をまき、三川台に向かいます。

  09-N1_1184-200.jpg   10-N1_1209-150.jpg

        三川台の標識         三川台に3.3K・トムラウシへ1Kの標識

11-N1_1188-200.jpg 12-N1_1195-200.jpg

   13-N1_1216-200.jpg 14-N1_1226-150.jpg

            15-N1_1275-200.jpg

           南沼近くの野営指定地にテントを張り野営

16-N1_1220-400.jpg

17-.jpg  18-N1_1223-200.jpg

19-N1_1218-400.jpg

     野営地は、トムラウシ山頂直下です、今日はお疲れ様でした。

20-N1_1217-400.jpg

21-N1_1230-200.jpg 22-N1_1272-200.jpg

          山頂まで500m、霧の中を山頂へ向かいました。

23-N1_1261-200.jpg 24-.jpg

25-.jpg 26-.jpg

            28-P8270207-200.jpg 

               山頂は、霧の中でした。


27-N1_1274-400.jpg

     雲が切れた瞬間、大雪の山々が顔を見せてくれました。

28-.jpg

  下山時に岩場では、何回か、ナキウサギが私達を見送ってくれました。


          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     29-N1_1270-300.jpg

登山を案内頂いたフリーランス自然案内人(ガイド)の鳥羽さんです。

     フリーランス自然案内人  鳥羽晃一 さん
     〒071-1404 上川郡東川町西4号北32
      

 ガイドさんは、私達に、大雪の素晴らしい大自然を見せくれました。
 感激と出会いや思い出をガイドしてくれました。
 そして、無事に登山口まで誘導してくれました。

 事前に、コースや山道の状況、この時期の花や植物、動物達、天候状況などを
 調べて行きましたが、ガイドさんの登山や自然への知識量のすごさには改めて
 敬服をしました。
 
 私は、登山中に膝を痛めましたが、鳥羽さんの献身的かつ適切なサポートで、
 無事に登山口まで降りて来られました。
 今回、素敵で思い出多い登山でしたが、最大の収穫は素晴らしガイドさんとの
 出会いと、最高のガイドをして頂いたことです。

 「鳥羽さん、ありがとうございました」

 ご一緒に登山頂いた「Wさんご姉妹、お世話になりました」

  

蜜ろうのローソクとバードコール作り/9/5-6暮らしのフェアで販売します。

2009年08月23日

 今日は、旭岳ファンクラブの仲間で蜜ろうのローソクとバードコールを
作りました。

 町内のWさん宅の広い工作室と加工機械をお借りし、Wさん以下メンバー
8名で蜜ろうとバードコール作りをしました。

出来上がったものは、9月5日(土)~6日(日)に東川町内で開催される
キトウシ暮らしのフェアに出店し販売しますのでお求め願います。

出店はフリーマーケットの中、旭岳の様子、外来生物や植物のお花畑
への侵入防止などをPRします。


       log219-09-08-23-0.jpg

log219-09-08-23-0%20%281%29.jpg log219-09-08-23-0%20%282%29.jpg

            香りが素敵で、優しい炎、蜜ろうローソク

log219-09-08-23-0%20%283%29.jpg


       log219-09-08-23-0%20%284%29.jpg

          可愛い鳥の鳴き声が聞こえてくる、バードコール
        ねじ部を回して、いろいろな小鳥の声をおつくりください


     売上金は、国立公園利用環境の整備などに利用させて頂きます。 
 

雨模様/月末から天気が良くなりそうです

2009年08月22日

昨日は、珍しく強い風と激しい雨でした。
お陰で、菜園のトウモロコシがそろって西方向へおおきく傾いています。

今年の夏の天気は、雨模様でなかなか山にも出かけられませんが、月末に
は、晴マークならんでくれました。

旭岳ファンクラブのイベントが8月28日に旭岳で有ります。
晴上がった秋空の下で開催したいものです。

log217-09-08-21-0.jpg

log217-09-08-21-0%20%281%29.jpg

   十勝岳連峰はうっすらと裾が見えるほど、山は雲の中に隠れています。

log217-09-08-21-0%20%282%29.jpg log217-09-08-21-0%20%283%29.jpg

log217-09-08-21-0%20%284%29.jpg log217-09-08-21-0%20%285%29.jpg  

              花にも野菜にも、水玉が・・・

  

 朝、日の出に向かって深呼吸、毎日の楽しみなのですが、今年の夏は
 太陽が雲に隠れた日が多く、ちょっと寂しい深呼吸の日々です。
 雲の向こうの太陽に、顔を見せてくれるように呼びかけていたところ
 「ごめんね そろそろ顔を出すよ」と聞こえた様な気がしました。
 
  間もなく秋、素晴らしい青空の季節に入ります。


 
 

大雪山系で遭難事故 / 今朝、旭岳の山頂からご冥福をお祈りしました

2009年07月17日

 残念ですが、昨日、多くの方が大雪の山々で遭難され
亡くなられました。

 何も出来ませんが、今朝、旭岳に登り、山頂からお亡くな
りなった方々のご冥福をお祈り致しました。

 
log206-09-07-17-01.jpg

    今朝、旭岳山頂から見た、トムラウシ山、美瑛岳方面です

          log206-09-07-17-02.jpg
   
    今日、大雪の山に一番多く咲いていた花、チングルマをささげます。


                 大雪と東川町の自然を守る会
                 旭岳ファンクラブ 


                    *****************************************


       log206-09-07-17-03.jpg

     今日の旭岳、天気:晴、視界:良好、姿見駅6時30分の気温:7℃ 


     
 
    
   
  

旭岳温泉へ来られたら寄って見てください/勇駒別高山植物園

2009年07月13日

勇駒別(ゆこまんべつ)高山植物園の高山植物達に花の名札を付けました。

この植物園は旭岳温泉旭岳ビジターセンターの近くに有り、そこには、
高山植物が植えてあります。


log202-09-07-04-0.jpg

 標高1600mの姿見の池周辺は高山植物の群生地で、可愛い高山植物が見られます。


 旭岳温泉は、旭岳の中腹で標高1100mですが、この高山植物園でも高山植物
を見る事が出来ます。


log202-09-07-04-01.jpg log202-09-07-04-02.jpg

 植物園は、ビジターセンタの横から入ります。

log202-09-07-04-03.jpg log202-09-07-04-04.jpg

 名札の花を参加者皆さんで探し、名札を置きます。
 正解なら、名札を取り付けます、


log202-09-07-04-05.jpg log202-09-07-04-06.jpg

log202-09-07-04-07.jpg log202-09-07-04-08.jpg

 上川南部森づくりセンターと旭岳ファンクラブとで、募集で参加された
旭川近辺の方々と勇駒別高山植物園に植えられている高山植物に名札付
けをしました。
 参加者の皆さんで、51種類の高山植物に名札を設置しました。

 上川南部森づくりセーターによりますと

 勇駒別高山植物園は、昭和44に造らた植物園で、高山植物見本園と
して親しまれてきましたが、平成20年に再整備し勇駒別高山植物園と
名称が改められました。
 現在、大雪山系に生育する高山植物約50種類が頂上付近より早く
開花が見られます。


          ****************************************

旭岳ファンクラブの季刊誌「2009年・夏号」です。

log202-09-07-04-09.jpg


前にアップしました、旭岳ファンクラブの紹介記事です

http://blog.hokkaido-np.co.jp/0141kome/oldentries/archives/2009/03/post_233.html

 


旭岳ファンクラブ / 山を愛する有志の集まり

2009年03月02日

 新聞の記事に "冬の旭岳温泉(東川町)「汚れなき雪人々を魅了」" の中に、私たち夫婦も
所属させて頂いている「旭岳ファンクラブ」の記事が掲載されていました。
 
 このクラブは大雪山麓に在住する登山・自然ガイドさんや旭岳の大自然をこよなく愛する人々
が集まりです。
 私達夫婦が、このクラブと出会ったのは、2年ほど前の旭岳の山開きイベントに行った時です。

 プログラムは、山の神社で安全を祈願し、その後、ジンギスカンの会食、アイヌの方々の山へ
の感謝と安全への祈りと踊りが行われます。
 が・・・
 会食の最中、何やら異様な集団が登場。
 お医者さん、雷、冬将軍、山の植物、強そうなアネゴなどのふん装をした方々が現れ劇が始
まった。劇は、温暖化をテーマに大雪の自然の危機をみんなぜ守る内容の劇で情熱的に公演
された。
 出演者の中に何人か顔見知りの方がいらしゃったので、「何の~集団」と失礼な質問をした
ところ、旭岳ファンクラブの存在を知ることになり、入会させてもらいました。
 
 移住者にとって、山仲間と知り合いになれたり、山情報を教えて頂いたり、マニアックな質問
にも答えて頂ける、素敵なクラブであります。

log124-09-02-27-01.jpg
 <旭岳通信2008年冬号> 

北海道新聞の記事を転記します。
 
地元在住の自然ガイドや旭岳を愛する有志が集まって2003年に結成した。
会報「旭岳通信」(A4版4ページ)は、現在まで23号まで発行。
残雪期など四季折々の大雪山系の楽しみ方をはじめとして、高山植物や野生生物の紹介、
日焼け対策など内容はもりだくさん。同クラブの佐久間さんは「登山道の荒廃な山のトイレ
問題も取り上げています。自然を痛めない範囲で、さらに多くの人が訪れるエリアに育って
ほしい」と願う。
会員数は50人。
夏に山歩きイベントや勉強会も開く。
年会費1000円で、会報が年4回届けられる

入会など問い合わせ窓口担当は 山楽舎BEAR 電話0166-82-5803 へ。
*********************************************************
山楽舎BEARさんのHP
http://www.sangakusya-bear.net/ 


大雪の美しいお花畑を外来蜂から守ろう!今年度駆除活動終了

2008年11月03日

 今年度の、セイヨウオオマルハナバチ駆除活動は10月末で終了しました。
  今年の捕獲数は 2003頭で、その内女王蜂は250頭でした。

 私たちのグループはメンバー6人で、大雪の美しいお花畑を外来生物の
セイヨウオオマルハナバチから守ろうと、東川町の中に作ったささやかで
草の根の会ですが、町民の方々の強い応援に助けられながら活動をして
います。
捕獲活動には、多くの町民の方々が一緒に捕獲してくれました。
 また、私たちの顔を見ると「あのお尻の白い大きな奴だろ、こないだ見たよ!」
「捕まえたよ」等々と声を掛けてくれた方が、たくさん、たくさんいらしゃいました。

    「みなさん、ほんとうにありがとうございました。」

                        大雪と東川町の自然を守る会
 
 追伸: 11/02に町内のセイヨウオオマルハナバチ慰霊碑に行き、慰霊を
     してきました。

東川町には、私たちより活発に活動されている団体や、個人的に活躍されている
バスターズの皆さんがいらっしゃいます。
東川町や北海道の活動や捕獲状況が東京の大学から公開されました。

外来生物の捕獲活動の意味合いから、東川町から道全体の活動や捕獲状況が
公開されています。 ちょっとのぞいて見てください。
********************************************
「セイヨウ情勢」ウェブサイトは、市民参加型の監視活動(モニタリング)を通じて
みなさんからよせられたセイヨウオオマルハナバチの捕獲・目撃情報を公開して
います。          東京大学保全生態学研究室

     http://dias.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/seiyou/

*********************************************

log028-11-01-01.jpg log028-1101-02.jpg

 活動終了の翌日、働き蜂が我が家の庭に挨拶?に来ました。
  エール交換して何処かへ飛び去って行きました。


  ささやかな運動ですが、移住者の私にとっては、自然との関わりをとっても
深くしてくれました。
  沢山の山に登り、いろいろなお花畑も見ることが出来、高山植物の名前も
ずいぶんと覚えました。
 でも、一番は、自然を愛する沢山の人々との関わりが出来た事でした。

外来バチから大雪のお花畑を守ろう。

2008年10月23日

 新聞やテレビの報道でご存じの方も多いと思いますが。
 「特定外来種のセイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)の駆除活動」
 この蜂、野生化が進むと、大雪山の生態系に影響を与え、氷河期から
咲き残っているお花畑の花を死滅させる可能性を持っている。 

 今年は、環境省の依頼を受けて、7月から9月まで旭岳姿見の池周辺の
お花畑で、セイヨウの監視と捕獲活動に参加しました。
お花畑にセイヨウが、いない事を願って活動に入りましたが、残念ながら
姿見の池周辺のお花畑でも旭岳温泉街でも捕獲されてしまいました。

 この調査で、姿見の池周辺で女王蜂が4頭、オス蜂が1頭、働き蜂が1頭が
捕獲されました。加えて旭岳温泉街で4頭の女王蜂が捕獲されました。
 限られた範囲で女王蜂、働き蜂、雄蜂がまとまって捕獲された事から、姿見の
池周辺では、女王蜂が営巣し、巣が完成し新女王の誕生というセイヨウの繁殖
拡散の循環が定着したものと推定される。

 この調査結果から、このままセイヨウの繁殖を放置すると、姿見の池周辺は、
自然界から見ると狭い地域、セイヨウからの生態系の影響を受けて氷河期以来
の高山植物達を死滅させる可能性が高くなってしまいます。

 セイヨウのお花畑への飛来、侵入初期の今なら、道民による草の根的な捕獲
活動を展開すれば、大雪のお花畑は守れる思います。
 セイヨウの捕獲活動、セイヨウが撲滅されるまで続きます。

log013-10-22-01.jpg
   <特定外来生物 セイヨウオオマルハナバチ>

log013-10-22-02.jpg
   <大雪の高山植物>
log013-10-22-03-200.jpg
注記:国立公園内の捕獲活動は、環境省の認可が必要です。


プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック