メイン

北海道の冬山 / 夕方、雪をかぶった大雪の山が赤く染まりました

2011年10月05日

   私達夫婦は、登山経験も体力も初心者ですが、毎年、体育の日(10/10)
   ぐらいまでは、大雪の山に登りました。でも、今年は雪が深くこれからの
   登山を諦める事にしました。
   とわいえ、下界から眺めながら、雲一つ無い快晴の日に旭岳姿見の池
   まで、真っ白な大雪の山を見に行きたいと狙っています。          

   今日は、、夕方、雨上がりの空の下に赤く染まった大雪の山が姿を
   見せてくれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log817-11-10-05-.jpg

            愛別岳から旭岳まで、大雪の山々です。

log817-11-10-05-%20%281%29.jpg

              北海道の最高峰旭岳(2291m) 

log817-11-10-05-%20%282%29.jpg

   山は雪ですが、大雪山麓の紅葉はこれからが見頃となります。

   雪を見たい、触れたい、合わせて紅葉を見たい方は、旭岳温泉(標高1000m)へ
   お出でください。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

初冠雪2011年 / 東川町旭岳(標高2291m)が薄っすら雪化粧

2011年09月22日

台風15号が北海道へもやって来ました。
被害の出ました地域の方々にはお見舞い申し上げます。

そんな中、今朝、大雪山系旭岳が初冠雪、薄っすらと雪化粧していました。
今日は、我が家からの大雪山初冠雪2011年観測記念日となりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log805-09-22-00.jpg

log805-09-22-00%20%281%29.jpg

log805-09-22-00%20%282%29.jpg
     
         2011年9月22日(金) 午前8時26分 撮影

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

     お隣、美瑛町の十勝岳も薄っすら雪化粧をしていました。

log805-09-22-00%20%283%29.jpg

log805-09-22-00%20%284%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

          大雪山麓、いよいよ冬支度へ入ります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

P.S. (9/23)

  旭岳初冠雪のもっと素適な写真が有りますのでご覧ください。

 NPO法人ねおす 大雪山自然学校の初冠雪掲載のブログです。
 旭岳自然保護監視員 羽馬 和美さん(自然大好きのお嬢さん)のレポートです。
 
http://blog.goo.ne.jp/daisetsu_2005/e/79e3c1021ebcb4bf1ad740dfdf2de8da

北海道の夏山登山 / "山じ~" 富良野スキー場から富良野西岳へ

2011年08月19日

  富良野スキー場のロープウエイで中腹まで上り、妻と富良野西岳(標高1330m)へ
  登りました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log800-11-08-19-00.jpg log800-11-08-19-00%20%281%29.jpg

log800-11-08-19-00%20%282%29.jpg 

             両側笹の登山道を頂上を目指して登りました。

log800-11-08-19-00%20%283%29.jpg log800-11-08-19-00%20%284%29.jpg

    log800-11-08-19-00%20%285%29.jpg

log800-11-08-19-00%20%286%29.jpg

    log800-11-08-19-00%20%287%29.jpg

  log800-11-08-19-00%20%288%29.jpg log800-11-08-19-00%20%289%29.jpg

                 富良野西岳の山頂です

log800-11-08-19-00%20%2813%29.jpg

    登山口で「熊が出没していますので注意してください」と云われたので
    おしゃべりをしながら、リックの鈴を鳴らしながら登りました。

log800-11-08-19-00%20%2812%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 P.S.

  9月10日(土)に「大雪山の高山植物守ろう」との旗印で、外来生物
  セイヨウオオマルハナバチの駆除活動を実施します。
  帰り道、予定地の上富良野日の出公園を下見しました。

log800-11-08-19-00%20%2814%29.jpg log800-11-08-19-00%20%2815%29.jpg

log800-11-08-19-00%20%2816%29.jpg

30分程の下見でしたが、セイヨウオオマルハナバチを4頭(女王1、働き蜂3)を
捕獲しました。
9月10日(土)のイベントは今年の捕獲活動の集大成になりそうです。
 


   

北海道の夏山登山 / "山じ~" 大雪山旭岳から中岳温泉・裾合平へ

2011年08月13日

   " 山じ~ " の、のんびり山登り

   天気予報は快晴、早起きして妻と旭岳の登山口に向かいました。
   早朝の山は涼しく、雲ひとつ無い青空の下、山頂を目指しました。
   山頂からの360度の景色、北海道の山々が顔を見せてくれました。
   登山、快晴の天気が一番のプレゼントです。
   

log798-11-08-06-00.jpg

             姿見の池から旭岳への登山道に入ります。      


log798-11-08-06-00%20%281%29.jpg

       log798-11-08-06-00%20%282%29.jpg

log798-11-08-06-00%20%283%29.jpg

                  旭岳山頂からの景色です

log798-11-08-06-00%20%284%29.jpg

       log798-11-08-06-00%20%285%29.jpg

    山頂からの中岳方面の下りは急な斜面ですが、雪渓が癒してくれます

log798-11-08-06-00%20%286%29.jpg

            
log798-11-08-06-00%20%287%29.jpg

        中岳・北鎮岳を見ながら、中岳温泉へ下っていきます。

       log798-11-08-06-00%20%288%29.jpg


log798-11-08-06-00%20%289%29.jpg log798-11-08-06-00%20%2810%29.jpg

                    中岳温泉で一休み

log798-11-08-06-00%20%2811%29.jpg

     裾合平は、一面の枯れたチングルマの花、リンドウはまだ蕾でした

log798-11-08-06-00%20%2812%29.jpg log798-11-08-06-00%20%2813%29.jpg

log798-11-08-06-00%20%2814%29.jpg

                  裾合平から見た旭岳

log798-11-08-06-00%20%2815%29.jpg

         裾合平から旭岳の裾を回って夫婦池へ戻って来ました。
         ちょっと疲れましたが、楽しい山歩きでした。
           

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    コースは姿見の池から旭岳山頂~中岳温泉~裾合平~姿見の池

log798-11-08-06-00%20%2817%29.bmp

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆    

北海道の夏山登山 / 快晴の十勝岳で可愛い登山犬に会いました

2011年07月23日

  蝦夷梅雨も終わり、大雪山麓も青空が広がり登山日和となりました。
  快晴の朝、百名山の十勝岳(標高2077m)登山口に向かった。
  望岳台の登山口で登山届けに記入し、十勝岳の山頂を目指す。
  
log784-11-07-22-00.jpg

                   十勝岳(標高2077m) 

 log784-11-07-22-00%20%281%29.jpg log784-11-07-22-00%20%282%29.jpg

log784-11-07-22-00%20%2815%29.jpg log784-11-07-22-00%20%2816%29.jpg

 標高1200m付近までは、イワブクロやメアカンキンバイなどが咲いていました。

             log784-11-07-22-00%20%285%29.jpg

log784-11-07-22-00%20%287%29.jpg

        標高1700m付近は十勝岳の噴火口、なだらかな道を進む


log784-11-07-22-00%20%288%29.jpg

      <log784-11-07-22-00%20%286%29.jpg

       標高1860mから山頂までは、急で枯れ場だ、もうひと頑張り

            log784-11-07-22-00%20%2819%29.jpg

            何とか登頂、夫婦で記念写真を撮ってもらう            

            log784-11-07-22-00%20%2810%29.jpg


log784-11-07-22-00%20%289%29.jpg

 十勝岳山頂からの景色、美瑛岳から旭岳、富良野岳方面の山々が良く見えた

log784-11-07-22-00%20%2811%29.jpg

   log784-11-07-22-00%20%2813%29.jpg log784-11-07-22-00%20%2812%29.jpg 

                ゆったりとしたペースで下山


             log784-11-07-22-00%20%2814%29.jpg
              
 無事下山、登山口から4km程の所に有る吹き上げ温泉で疲れを取って家路に着く   

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

山頂直下で、登山犬?に会う、可愛いリックを背負って健(犬)脚で登って行った

log784-11-07-22-00%20%2817%29.jpg

log784-11-07-22-00%20%2818%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 ☆

  家から登山口まで車で1時間弱、快晴日、窓から山景を確認してから山へ向かう。
  ザックの準備はいつも出来ているので、食料と水分を詰め込み出かける。
  
  登山計画は、山岳ソフトに自分のペースを入力して作成する。
  登山中、抜かれることは有っても抜くことは無い、疲れないペースで山を楽し
  んでいます。

  山頂での楽しみは、おにぎりとアンパン、携帯ポットで作る一杯のコーヒー
  何とも単純な "山じーい" で有ります。
  
  


北海道登山 / 残雪とお花畑の東川町から「暑中お見舞い申し上げます」

2011年07月14日

 今年の大雪山国立公園は雪融けが遅れ、旭岳姿見の池周辺の高山植物のお花達は、
 これからが見頃となります。
 ちょっぴり天気に不満の有る曇空でしたが、お花畑の散策と旭岳(標高2291m)の
 登山に、山登りの先輩に連れてって頂きました。

 緑と残雪、お花畑、大雪の山行を楽しむことが出来ました。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

                     旭岳と残雪

log781-11-07-13-00.jpg

                     お花畑の花達です        

log781-11-07-13-00%20%281%29.jpg

log781-11-07-13-00%20%282%29.jpg log781-11-07-13-00%20%283%29.jpg

log781-11-07-13-00%20%284%29.jpg log781-11-07-13-00%20%285%29.jpg

log781-11-07-13-00%20%286%29.jpg

log781-11-07-13-00%20%287%29.jpg

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

         北海道の最高峰旭岳(標高2291m)に登りました

log781-11-07-13-00%20%289%29.jpg log781-11-07-13-00%20%2810%29.jpg

log781-11-07-13-00%20%2811%29.jpg log781-11-07-13-00%20%2812%29.jpg log781-11-07-13-00%20%2813%29.jpg

                 Hさんご夫妻も元気に登頂されました

log781-11-07-13-00%20%2814%29.jpg log781-11-07-13-00%20%2815%29.jpg

   妻の登山仲間で、山登りのベテラン鈴木さんにガイドして頂きました。
   山頂は雲の中、景色は見えませんでしたが、雲の切れ目から時たま太陽が
   顔を見せてくれたので、ブロッケンを期待したのですが見ることは出来ま
   せんでした。
   この次は、快晴日に登る事にして下山をしました。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  登山途中、シマリスが顔を見せてくれましたが写真のタイミングが悪く足だけ、
  ノゴマはゆったりと歌声を聞かせてくれました。

log781-11-07-13-00%20%2817%29.jpg log781-11-07-13-00%20%2816%29.jpg 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  


 


東川町内のキトウシ山 ( 標高457m ) を妻と登って来ました。

2011年06月27日

  今朝は快晴。
  朝のちょっとした仕事を片付けて、妻と町内のキトウシ山を登った。
  木漏れ日の中を2時間程、森林を登山道を歩いた。
 
  登りは、林の中の登山道、下りは冬にスキーを楽しんだ草原ゲレンデてを
  降りて来ました。

log777-11-06-26-00.jpg

            南展望台から東川町の田園風景を望む

                log777-11-06-26-00%20%287%29.jpg

      今、はやりの「山ガール」に対して「山じーい」というところでしょうか

 log777-11-06-26-00%20%281%29.jpg log777-11-06-26-00%20%282%29.jpg

log777-11-06-26-00%20%283%29.jpg log777-11-06-26-00%20%284%29.jpg

   log777-11-06-26-00%20%285%29.jpg

          山頂はスキーリフト終点の近くにあります。

   log777-11-06-26-00%20%286%29.bmp

   登山途中の南展望台は、東川町の田園風景と大雪の山が一望できる
   絶景ポイント。
   キトウシ山登山、ちっょと時間が出来た時に手軽に登れ、気晴らし
   に、ちょうど良い山です。

   この山の登山コースは何本かあり、今回は標高差250m、距離は
   約4km程歩くコースを回って来ました。


  P.S.
   妻の膝靭帯のリハビリ、6か月の病院でのリハビリを卒業し自宅での
    リハビリに入りました。
    低山登山はリハビリに良いとのことなので、まだ膝にコルセットを取り
    付けたままの状態ですが、ゆっくりと山歩きをしています。
    

北海道移住者の山登り / 座学で学習し神居尻山で登山術を体験しました。

2011年06月09日

更新をさぼっていました、ゴメンナサイ。

さて、今シーズン初めての山登りに出かけました。

今回は、山岳ガイドさんにお願いし、登山の基礎学習の後に、登山術を実学しました。

メンバーは、北海道で始めて登山をする移住者の方、登山のベテラン、私の様な初心者
などと幅広いメンバーでしたが、初心者に合わせたプランで構成して頂きました。

 log764-06-01-00.jpg

大雪の山は、まだ雪、道北から南に下って神居尻山(標高946.7m)へ向かいました。

log764-06-01-00%20%281%29.jpg log764-06-01-00%20%283%29.jpg

 神居尻山登山は、Aコースを登りCコースを下山するコースを選択、登山者名簿に
 記入後、コンパスでコースを確認し登り始めました。

 log764-06-01-00%20%282%29.jpg

                    林を抜け、尾根を登り・・・

       log764-06-01-00%20%284%29.jpg

                最後は、急な登りを超えて頂上へ

             log764-06-01-00%20%285%29.jpg

 log764-06-01-00%20%286%29.jpg

                皆さん、元気に山頂に立ちました。

            log764-06-01-00%20%287%29.jpg

 山頂からの景色、山肌に雪が残っていました、遥か暑寒別岳はまだ真っ白でした。
 残念ながら春かすみで、日本海は見えませんでした。

log764-06-01-00%20%288%29.jpg

        山は新緑、山道には沢山の花々が咲いていました。

log764-06-01-00%20%289%29.jpg log764-06-01-00%20%2810%29.jpg

log764-06-01-00%20%2811%29.jpg log764-06-01-00%20%2812%29.jpg

log764-06-01-00%20%2813%29.jpg log764-06-01-00%20%2814%29.jpg

log764-06-01-00%20%2816%29.jpg log764-06-01-00%20%2817%29.jpg 


log764-06-01-00%20%2818%29.jpg log764-06-01-00%20%2819%29.jpg
     
                      下山です

   log764-06-01-00%20%2820%29.jpg

       無事に神居尻山を走破、無事にCコースの登山口に下山

   log764-06-01-00%20%2821%29.jpg

 今年、東川町に移住されたHさんご夫妻、7時間のコースを走破されました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 これから迎える登山シーズンに向けて登山技術の学習を企画、座学で装備や地図、
 コンパスでのコース確認、歩き方やストックの使いた方、ペース配分と体力保持、
 水分と栄養補給等々、登山での安全と基本的な登山術を学びました。
 学習した事を、登山しながら、体で感じ、体で覚え、登山者の基礎を身に付けま
 した。
 
 今回の講師は、山楽舎BEARの山岳ガイド土栄さん、登山者の登山経験や体力に、
 合わせたペースづくり、登山者の変化する体調を休息と水分や栄養補給で保持し、
 新緑の山と山の花々をゆったりし楽しめた、山行に仕上げてくれました。

 山楽舎BEARさんのホームページ
        http://www.sangakusya-bear.net/
  
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


 


妻の登山 / 紅葉の旭岳温泉から天人峡温泉へ

2010年10月11日

  旭岳温泉青少年野営場に集合、天人峡登山道を歩きました。

  この登山、環境省東川自然保護官事務所が主催しました大雪山自然観察講座で
  『紅葉時期の大雪山を歩こう』ということで講師に旭岳ファンクラブの会員で
  山岳ガイドの佐久間弘さん、旭岳自然保護監視員 青木倫子さんお二人の案内
  で、紅葉のコースを楽しみました。
  
log627_10_10_10_00.jpg

     log627_10_10_10_00%20%281%29.jpg

log627_10_10_10_00%20%282%29.jpg log627_10_10_10_00%20%283%29.jpg

      log627_10_10_10_00%20%284%29.jpg

   log627-10-10-10-00%20%289%29.bmp

log627_10_10_10_00%20%285%29.jpg log627_10_10_10_00%20%286%29.jpg

       天人峡には、落差270mの羽衣の滝が有ります。

  P.S.
     町、市街地に有る、はごろも公園の紅葉も大分進みました。

       log627-10-10-10-00%20%2810%29.jpg

妻の山登り / 大雪山・旭岳を眺めながら姿見の駅から中岳温泉を往復

2010年09月27日

   妻が積雪の中岳温泉まで行ってきました。

   姿見の駅から裾合平経由で中岳温泉までのコースを往復しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log617-10-09-26-00.jpg

                   積雪した旭岳

log617-10-09-26-00%20%281%29.jpg

log617-10-09-26-00%20%282%29.jpg

                      裾合平

log617-10-09-26-00%20%283%29.jpg

log617-10-09-26-00%20%284%29.jpg

                     中岳温泉

 log617-10-09-26-00%20%287%29.bmp

    log617-10-09-26-00%20%285%29.jpg

       log617-10-09-26-00%20%286%29.jpg

                       チングルマ

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  コースの途中、旭岳自然保護監視員の鈴木さんや羽馬さんに会ったそうです。
  旭岳周辺の安全と自然保護の為、多くの旭岳自然保護監視員の皆さんが活躍
  されています。
  山で、旭岳自然保護監視員の方にお会いすると何となくホットし嬉しくなり
  ます。皆さんの人柄なんでしょうか・・・ 。
   
       登山後の定番、旭岳温泉で温泉に入り帰ってきたそうです。

妻の山登り / 北海道・石狩岳 ( 1967 m )

2010年09月19日

   妻が、石狩岳(1967m) 上川郡上川町 を登ってきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log607-10-09-19-00.jpg log607-10-09-19-00%20%281%29.jpg

log607-10-09-19-00%20%282%29.jpg

log607-10-09-19-00%20%286%29.jpg

      log607-10-09-19-00%20%283%29.jpg

      log607-10-09-19-00%20%284%29.jpg

log607-10-09-19-00%20%285%29.jpg

       奥深い山で、急勾配の登山道だったそうです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
   

妻たちの登山 / 夏の終わりを告げるエゾオヤマリンドウ咲く大雪の山へ

2010年08月24日

  妻の登山、今回はベテランのSさんと登山仲間で、大雪の山を歩いてきました。

  写真は、妻のデジカメが電池切れに、Wさん姉妹から提供してもらいました。

log590-10-08-24-00.jpg

              旭岳山頂に向けて、登山開始

log590-10-08-24-00%20%2814%29.jpg

 コースは、姿見駅~旭岳山頂~中岳分岐~中岳温泉~裾合平~姿見駅です。

log590-10-08-24-00%20%281%29.jpg log590-10-08-24-00%20%282%29.jpg

    金庫岩を過ぎれば、頂きはすぐそこ、山頂は360度の絶景です 
        
log590-10-08-24-00%20%283%29.jpg log590-10-08-24-00%20%284%29.jpg

log590-10-08-24-00%20%285%29.jpg

log590-10-08-24-00%20%286%29.jpg log590-10-08-24-00%20%287%29.jpg

log590-10-08-24-00%20%288%29.jpg

log590-10-08-24-00%20%289%29.jpg log590-10-08-24-00%20%2810%29.jpg

           中岳温泉で一休み、足湯を楽しみました。

log590-10-08-24-00%20%2811%29.jpg

       log590-10-08-24-00%20%2812%29.jpg

       log590-10-08-24-00%20%2813%29.jpg

          夫婦池から姿見駅はすぐそこ、お疲れ様でした。

                  咲いていた花々

log591-10-08-23-01.jpg log591-10-08-23-02.jpg

   log591-10-08-23-03.jpg log591-10-08-23-04.jpg

   log591-10-08-23-05.jpg log591-10-08-23-06.jpg

大雪山への登山、地元の利で天気の良く安定した日に登る事が出来る。
それでも、山の天気は変わりやすい、妻たちは十分に準備して登山へ出かけていた。
    


標高1600m残雪も消えて/ 姿見の池も顔を出しました。

2010年07月19日

   標高1600mの姿見の池、湖面を覆っていた雪も消え、
   水面が顔を出しました。


log566-10-07-19-00.jpg

                 旭岳と姿見の池

log566-10-07-19-00%20%281%29.jpg

       log566-10-07-19-00%20%282%29.jpg

              log566-10-07-19-00%20%283%29.jpg

                 高山植物も花ざかりです


     昨年のトムラウシ山での遭難事故から一年、大雪山系の山々は
     今年も、夏山登山シーズンに入りました。
     カムイミンタラの神々に登山事故が無い様にとお願いをしました。
    


大雪山の今 / 私は旭岳姿見の池へ・妻は黒岳から旭岳へ縦走しました

2010年07月01日

大雪山の今、私は旭岳姿見の池周辺で外来生物セイヨウオオマルハナバチの監視へ

妻達は層雲峡黒岳から中岳経由で旭岳への縦走をしました。

   log558-10-06-27-00.jpg

             忠別湖から見た大雪の山々

log558-10-06-27-00%20%280%29.jpg

               姿見の池周辺の景色
  
log558-10-06-27-00%20%281%29.jpg

                   夫婦池です

log558-10-06-27-00%20%282%29.jpg

                高山植物も群生していました

log558-10-06-27-00%20%283%29.jpg

  

log558-10-06-27-00%20%284%29.jpg log558-10-06-27-00%20%285%29.jpg

log558-10-06-27-00%20%286%29.jpg

          log558-10-06-27-00%20%287%29.jpg

  お花畑は見頃、外来生物セイヨウオオマルハナバチの飛来は無くホット一息
  旭岳温泉の露天風呂でリフレッシュして自宅へ戻りました。
  

   ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

    妻達は層雲峡黒岳から中岳を経由して旭岳へ縦走しました。

log558-10-06-27-00%20%288%29.jpg log558-10-06-27-00%20%289%29.jpg

log558-10-06-27-00%20%2810%29.jpg

                  御鉢平 

          log558-10-06-27-00%20%2811%29.jpg

                  こまくさの花

log558-10-06-27-00%20%2812%29.jpg

log558-10-06-27-00%20%2813%29.jpg

             北鎮岳分岐点へ雪渓の登り

log558-10-06-27-00%20%2814%29.jpg

log558-10-06-27-00%20%2815%29.jpg

           旭岳山頂からトムラウシ山を望む

log558-10-06-27-00%20%2816%29.jpg

        旭岳山頂から忠別湖・東川町方面の景色
         (山頂も眼下の地帯も東川町内です)

log558-10-06-27-00%20%2817%29.jpg

   8時間の縦走を終えて旭岳姿見周辺の登山道を下っています。

   ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

初夏 / 桜前線は標高1100mの旭岳温泉へたどり着き花を咲かせました

2010年06月24日

ちょっと季節はずれの話題かもかも知れませんが・・・

初夏のなか、桜前線はゆっくりと大雪の山を登り、終点地であります

旭岳温泉で、日本列島で一番遅い桜の花を咲かせました。

桜前線さん、日本列島縦断のなが~い旅「お疲れ様でした」

 
     log554-10-06-19-00.jpg

 桜はチシマザクラで、毎年この時期に咲きます。
 桜前線を追いかけている桜前線マニアの方が記念写真を撮っていました。
 
log554-10-06-19-00%20%281%29.jpg

     log554-10-06-19-00%20%282%29.jpg


  log555-10-06-19-00%20%284%29.jpg

            log554-10-06-19-00%20%283%29.jpg
 
        近くの木で、鶯が「ホーホケキョ」と鳴いていました。


 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   この時期、となり町美瑛町「四季彩の丘」の花達です

log555-10-06-19-00.jpg

log555-10-06-19-00%20%281%29.jpg

       log555-10-06-19-00%20%283%29.jpg


  大雪山のお花畑を観賞した後、美瑛のお花畑へも見に行ってくださいね。

 


大雪山旭岳 / 残雪の山々とお花畑を見に上りました

2010年06月23日

大雪の山々も残雪とお花畑の季節となりました。
 
北海道の最高峰旭岳(2291m)の中腹に有ります、姿見の池まで上がって見ました。

昨年比べて残雪が多く、お花畑はこれからが見頃の様でした。

log553-10-06-18-00.jpg

    姿見の池周遊コースのスタート地点はまだ雪が残っていました

log553-10-06-18-00%20%281%29.jpg

log553-10-06-18-00%20%282%29.jpg

          姿見の池周辺に咲いていた高山植物たち

log553-10-06-18-00%20%283%29.jpg

log553-10-06-18-00%20%284%29.jpg

log553-10-06-18-00%20%285%29.jpg

           log553-10-06-18-00%20%286%29.jpg

log553-10-06-18-00%20%287%29.jpg

   標高1600m 姿見の池は、残雪の下で顔を見せてくれませんでした。
   
P.S.
  外来生物セイヨウオオマルハナバチの観察もしましたが、在来のマルハマバチ
  のみ元気で飛んでいました。
 
           log553-10-06-18-00%288%29.jpg
        女王蜂が巣にするための穴を探していました。


大雪山の湿原を探る/池永先生よる自然観察講座に参加しました。

2009年10月04日

町の大雪山自然講座「大雪山の湿原を探る」に夫婦で参加しました。
今日の目的地は、旭岳温泉散策コース中の一つ、わさび沼を周遊するコースで
冠雪している旭岳を見ながら、晩秋の中腹を散策しました。


log236-09-10-04-00.jpg

昨日は、里は雨、山は雪、旭岳も六合目近辺まで雪が降っていました。

log236-09-10-04-00%20%281%29.jpg

目指したのは、わさび沼で、この沼はカモなど渡り鳥の憩いの場所です。

       log236-09-10-04-00%20%282%29.jpg

講師先生を先頭に、湿原の木道をならんで歩きます。

log236-09-10-04-00%20%284%29.jpg log236-09-10-04-00%20%283%29.jpg

講師の池永先生は、大雪の山に造詣が深く山岳ガイドでも有ります。
植物、小鳥、樹木、山の歴史等々を分かりやすく説明して頂きました。
右の写真、案内版がなんとも高いところに有ります。
冬、雪が降ると丁度良い高さの標識になります。(雪が深い所ですね)


       log236-09-10-04-00%20%285%29.jpg
       針葉樹と広葉樹、この辺の紅葉は間もなく終わりの様です。

log236-09-10-04-00%20%287%29.jpg log236-09-10-04-00%20%288%29.jpg

log236-09-10-04-00%20%289%29.jpg

散策中、湿原や沼、紅葉に青空が見守ってくれました。
熊にも遭遇すること無く、散策を終える事が出来ました。

       log236-09-10-04-00%20%2810%29.jpg

散策終了後、旭岳ビジターセンターで、登山の基本的な事について、レクチャーを
して頂きました。

 運営をして頂いたスタッフの皆さん、講師の池永先生、ありがとうございました。
 参加されました皆さん、お疲れ様でした。
 次回は、雪の大雪でお会いしましょう。

快晴の日、富良野岳に登って見ました

2009年09月28日

朝焼けが綺麗な朝、空は快晴、富良野岳を登りに出かけました。

log232-09-09-27-00.jpg

十勝岳温泉から標高1912mの富良野岳に向かいました。
登山口付近の紅葉はとても綺麗で、観光客の方が沢山来られていました。

log232-09-09-27-00%20%281%29.jpg      log232-09-09-27-00%20%282%29.jpg

 山頂に到着、快晴の青空の下360度の景色がダイナミックでした。
 遠く、羊蹄山が山の向こうに顔を見せていました。

 

log232-09-09-27-00%20%283%29.jpg

log232-09-09-27-00%20%284%29.jpg

山頂からは、十勝岳が目の前に、遠くには、白く冠雪した旭岳が見えて
いました。


    登山口周辺の紅葉も間もなく散り始めます。
    登山道には、霜柱が白く光り、水たまりには薄氷がはっていました。
  
    log232-09-09-27-00%20%287%29.jpg     log232-09-09-27-00%20%288%29.jpg


山に雪が降りました / 旭岳初冠雪を観測

2009年09月12日

大雪山系の旭岳、今日(9/12)、初冠雪が観測されました。
例年より二週間ほど早い、初冠雪でした。

        log-223-09-09-12-01.jpg

       日の出の頃は、旭岳は雲の中で初冠雪は観測出来ませんでした。


log-223-09-09-12-02.jpg

 山へ向かう途中、雲が晴れて、旭岳の冠雪が観測できました。

log-223-09-09-12-03.jpg

 姿見の駅から見た、旭岳の冠雪

log-223-09-09-12-04.jpg

 裾合平から見た、旭岳の冠雪、その下には万年雪が見えています。
 夏に一面に咲いていたチングルマは花は枯れ葉は紅葉していた。


log-223-09-09-12-05-1.jpg

log-223-09-09-12-06.jpg

 裾合平から北方向を見ると、北鎮岳も冠雪していた。


       log-223-09-09-12-08.jpg

log-223-09-09-12-07.jpg

 少し足を延ばし、標高1800mの露天風呂、中岳温泉で足浴を楽しみました。


さてさて、冬到来でしょうか?
まだ九月の中旬、ちょっと早すぎですね。
でも、美しい白・紅・緑の三色の山を見る事が出来ました。


遥か彼方にヒグマを見付けました / 旭岳登山

2009年07月20日

   北海道の最高峰、大雪山系の旭岳(2291m)に、ゆっくり登りました。


 log208-09-07-20-0.jpg

 家から10分程で忠別湖へ、大雪の神々に挨拶をし登山口へ向かいました。

     log208-09-07-20-02.jpg
      
   
log208-09-07-20-03.jpg

ロープウエイで上がる途中で、遥か彼方の池の淵に二頭のヒグマを見付けました。
 
 移住当初、旭岳のネチャーガイドの方から、「御田ノ原でヒグマが遊んでいるを
 見たよ」と聞いたので、ロープウエイで上る時は、何時も遥か彼方を見ていまし
 たが、今回、始めて見付ける事が出来ました。

  
   log208-09-07-20-04.jpg

 姿見の池散策コース周辺には、残雪が有りましたが、高山植物のチングルマなど
 沢山の高山植物が群生してました。

log208-09-07-20-05.jpg log208-09-07-20-06.jpg 

    シマリスと高山植物に見送られながら、旭岳の登山道へ入りました。


log208-09-07-20-07.jpg

        登山コースは、姿見の池から尾根づたいを登ります。

log208-09-07-20-08.jpg

          9合目から山頂への最後の登り道です。

          log208-09-07-20-09.jpg
          
                山頂の一等三角点碑です。


             *** 旭岳山頂からの景色です ***

log208-09-07-20-10.jpg

log208-09-07-20-13.jpg

               黒岳方面の景色です。


log208-09-07-20-11.jpg

log208-09-07-20-12.jpg

              十勝岳方面の景色です。

  

お花畑の小さな小鳥の巣 / 青緑色の神秘的な卵でした

2009年07月15日

ハイマツの先に止まり、此方を向いて鳴いてくれるの可愛い小鳥、
ノゴマの青緑色の卵です。

かなり前に、山岳指導員をされている方から、ノゴマの巣をそっと
見せてもらいました。

メスが、巣から離れた瞬間、青緑色の卵が見えました。
青緑色の卵、ちょっと神秘的な色でした。

今は、卵もかえり、雛も巣立って空家になっている事と思います。

log204-09-07-04-02.jpg log204-09-07-04-03.jpg


log204-09-07-04-01.jpg

log204-09-07-04-0.jpg

  ノゴマは大雪の山では良く見かける鳥なので、皆さんも見られた事が
 有ると思います。


P.S.

09/07/17 巣穴は空家でした。

log204-09-07-04-03-01.jpg

大雪のお花畑を守ろう / 姿見の池周辺の外来バチ監視活動始まる

2009年07月04日

 大雪の山々、高山植物が群生する貴重なお花畑が有ります。
 今年もセイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)の監視と駆除活動のために
姿見の池周辺まで山に登った。

 春の駆除イベントで書きましたが、 この活動、野生化した外来生物の
セイヨウを駆除して、氷河期からの大雪の生態系を保持し、高山の花達を
次の世代に残す活動です。

 
    セイヨウオオマルハナバチは、黄色い二本の縞模様でお尻が白い
    女王バチは親指位の大きさ、働き蜂はハエ位の大きさです。

    この鉢は強く、日本の在来蜂を駆逐し,氷河期からの大雪の花と
   蜂との生態系を壊して、お花畑の花を枯らしてしまう可能性を持っ
   ています。

log199-09-07-03-0.jpg

log199-09-07-03-01.jpg log199-09-07-03-02.jpg

 今年、市街地で捕獲した女王蜂です、顔を拡大するとこんな顔をしています。


log199-09-07-03-03.jpg

            頑張れ!頑張れ!在来のマルハナバチ

log199-09-07-03-04.jpg

            一緒に、お花を守ろうね。   

log199-09-07-03-05.jpg

     この活動、自然との闘いです、放っておけばセイヨウは増え続け
    しまいまい、氷河期から生き続けた花が枯れてしまいます。
     私の所属する小さな小さな会「大雪と東川町の自然を守る会」では、
    ”セイヨウからお花畑を守ろう”と呼びかけて、捕獲して頂ける人々の
    輪を、草の根的ですが広げています。 
    

    この活動、物造り屋だった私には、別次元の分野で、難しい理屈は
   良く分かりませんので、修士の科目に生命環境科学があり、専科生に
   入れて頂き、学習を始めました。

    改めて、環境問題が人類の存続はもとより、地球上の生物すべての
   存続にかかわる問題である事を教えられました。


   注記:国立公園内のセイヨウの捕獲は環境庁からの許可が必要です。
     
     


  
 

可愛い高山植物たちが咲いていました / 旭岳姿見の池周辺

2009年07月03日

大雪山の旭岳、高山植物が群生して咲くシーズンとなりました。

チングルマ、エゾツガザクラ、メアカンキンバイ、ミツバオウレン等々が

かれんに咲いています。

7月の初旬、高山植物の群落を見る事が出来ます。

log198-09-07-02-0.jpg

log198-09-07-02-01.jpg

log198-09-07-02-02.jpg

log198-09-07-02-03.jpg log198-09-07-02-04.jpg

log198-09-07-02-07.jpg log198-09-07-02-08.jpg

log198-09-07-02-05.jpg log198-09-07-02-06.jpg

     北海道の最高峰旭岳(2291m)の山頂は東川町内です。
     「大雪山国立公園が庭」なんて、ちょっと嬉しいですね。

      ********************************

 旭岳姿見の池へは、旭岳温泉から姿見駅までロープウェーで上がります。
 天空のお花畑、一時間程でまわる事が出来ます。


 私が良く見に行く「大雪山自然学校」のプログ、姿見の池周辺の最新情報が
 見られます。
 
  http://blog.goo.ne.jp/daisetsu_2005/


安全で楽しい登山を祈りました / 旭岳で安全祈願

2009年06月20日

 

 山の安全祈願が、東川神社の宮司さんを迎えて行われました。

 今日の天気は、曇時々雨で山は霧の中でしたが、安全祈願の直前に霧が晴れて
 旭岳が目の前に姿を現われてくれた。


       log194-09-06-20-0.jpg


log194-09-06-20-01.jpg


log194-09-06-20-02.jpg


log194-09-06-20-03.jpg


 今日の午後3時から、旭岳ロープウエイ姿見駅で行われた。
 関係者一同、事故の無い安全で楽しい登山で有ります様にお祈りしました。


 大雪の山々、本格的な登山シーズンに入ります。


    
 
 

 

大雪のお花畑に花たちが咲き始めました / 旭岳姿見の池周辺

2009年06月19日

 旭岳中腹の姿見の池(標高1600m)周辺のお花畑を散策しました。


log193-09-06-19-0.jpg log193-09-06-19-01.jpg


 この日の朝、姿見の池周辺の気象状況は、気温 4℃・天候 曇・風速4m・視界不良
と掲示されていましたが、天気予報の日中は晴れを信じて登りました。
 その後、雲が切れて青空の見える天気となり、残雪の山々とキバナシャクナゲが咲
くお花畑を楽しみました。

            log193-09-06-19-02.jpg

log193-09-06-19-03.jpg log193-09-06-19-04.jpg

 散策路では、木の上からノゴマ(雄)が地上ではシマリス達が迎えてくれました。


        log193-09-06-19-05.jpg

log193-09-06-19-06.jpg

   姿見の池をふさいでいた雪も融け始め、水面が顔を出していました。

log193-09-06-19-07.jpg

   六合目まで足を伸ばしましたが、登山道に雪は有りませんでした。

log193-09-06-19-08.jpg

   天気予報通り雲が切れて、青空の下に旭岳の山頂が顔を見せてくれました。

log193-09-06-19-09.jpg log193-09-06-19-10.jpg

 花は、キバナシャクナゲが見ごろでしが、週替わりでいろいろな高山植物の花が
 咲き乱れます。
  

   
log193-09-06-19-11.jpg

       キバナシャクナゲ・ガンコウランなどが咲いていました。


log193-09-06-19-12.jpg log193-09-06-19-13.jpg


log193-09-06-19-14.jpg

     在来のマルハナ蜂がキバナシャクナゲから蜜を採っていました。
     外来生物セイヨウオオマルハナバチから在来蜂とお花畑を守り
     次の世代にこの花達を残す活動を続けています。


log193-09-06-19-15.jpg log193-09-06-19-16.jpg

       ショウジョウバカマ             メアカンキンバイ
 

           log193-09-06-19-17.jpg

                   エゾコザクラ


  姿見周辺はのお花畑は、シーズン開始といったところで、これから
  美しい高山植物群の花たちを見る事が出来ます。 


雪上散歩 / 残雪の中、水芭蕉が咲く旭岳中腹を散歩しました

2009年05月24日

霧雨が降る朝、旭岳ビジターセンター前に集合です。
残雪の旭岳中腹を散歩しました。


log181-09-05-23-0.jpg log181-09-05-23-01.jpg

 大雪山自然学校の沢辺さんをリーダーに、今年度の大雪山パークレンジャーの
 人達、北海道教育大学の山岳ボランティアグループと山好きな町民の方が参加
 しました。


log181-09-05-23-02.jpg
 

log181-09-05-23-03.jpg

log181-09-05-23-04.jpg  log181-09-05-23-05.jpg

雪が融けた所には、水芭蕉・やちぶきの花などが咲いていました。

log181-09-05-23-06.jpg log181-09-05-23-07.jpg

 雪道を上がったり下ったり滑ったりしながら歩きました。

log181-09-05-23-08.jpg


log181-09-05-23-09.jpg log181-09-05-23-10.jpg

滑る道具の名を聞き忘れましたが、お尻の下に敷いて雪の斜面を滑りました。

log181-09-05-23-11.jpg

 一休み、温かな紅茶を飲んだキャンプ村の炊事場はまだ雪の下でした。

log181-09-05-23-13.jpg

日本で一番長期間滑れるクロスカントリーコース、学生さんが練習に励んでいた。

log181-09-05-23-14.jpg

散歩の終点は元養魚場の池、温泉の影響で水温は温かく魚もザリガニも元気でした。


 まだ残雪の有る山肌、積雪時期のみの自由なコースを思い思いに歩きました。
 雪解けの穴にすっぽりはまってしまった人、山鳥の鳴き声を聞き分ける人、
 植物の名前に詳しい方、大雪山の活動歴史に詳しい人、動物の糞からその種類
 生態まで推測する方、私の様にただ聞いては見ている人と色々ですが、参加者
 さんの見識が重なり膨らんで楽しい自然観察散歩が出来ました。

 参加された若者方に、ずいぶん気を使って頂きました。「 ありがとう! 」


 幸い、霧雨の中を歩き始めた散歩も、終わり頃には日が射し青空が見えてきま
 した。
 この地域、雪解けと共に大雪の高山植物を守る為にセイヨウオオマルハナバチ
 (外来生物)の観察と捕獲に入ります。

  

東川町郊外の住宅地 / 窓から十勝の山々が良く見えます

2009年04月28日

北風が吹いた寒い一日だっが、風が素晴らしい景色を運んでくれた。
お陰で、十勝の山々が美しく見えた。

間もなく五月、山も雪帽子を脱ぎ始めた。
どの山も雄大で美しい山です。今年も登るぞ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

             log160-09-04-27-00.jpg

              窓から十勝の山々が良く見えました。


log160-09-04-27-01.jpg

              十勝岳連邦の山々


log160-09-04-27-02.jpg

              美瑛富士(1888m)と美瑛岳(2052m)


log160-09-04-27-03.jpg

              百名山の一つ十勝岳(2077m)


log160-09-04-27-04.jpg

          上ホロカメットク山(1920m)から三峰山(1866m)の尾根筋


log160-09-04-27-05.jpg

             富良野岳(1912m)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

天気が良いので、丘に上がって山を眺めました

2009年04月09日

早朝、山々がくっきりと見えたので、近くの丘に上がって眺めて来ました。

この丘、大雪の山々から、トムラウシ山、十勝岳・富良野岳そして芦別岳
まで、ぐるり見える、私の好きな、ビューポイントです。


log147-09-04-08-01.jpg
              旭岳と大雪の山々


log147-09-04-08-02.jpg
                  トムラウシ山


log147-09-04-08-03.jpg
          オプタテシケ山から十勝岳・富良野岳


log147-09-04-08-04.JPG
                芦別岳

大雪山の登頂記録 2008年 / この夏登った山頂の写真です。

2008年09月21日

 タイトル、ちょっぴりオバーかもしれませんね。

 この夏、外来生物(セイヨウオオマルハナバチ)のお花畑への飛来監視のために
 大雪の山々に登りました。

 それぞれの山、山頂からの写真を一枚づつアップしました。
 どの山も、ポピュラーの山なので、皆さんも登られたのではと思います。

 
旭岳(2291m)山頂より
log907-01-sasahi.jpg

緑岳(2019.5m)山頂より
log907-02midori.jpg

赤岳(2078m)山頂より
log907-03aka.jpg

白雲岳(2229.5m)山頂より
log907-04hakuun.jpg

十勝岳(2077m)山頂より
log907-05tokachi.jpg

中岳(2113m)山頂より
log907-06naka.jpg

北鎮岳(2244m)山頂より
log907-07hokushin.jpg

比布岳(2197m)山頂より
log907-08pippu.jpg

   地元の利、晴れた日に大雪山の山々をゆったりと登りました。

   どの山も素敵な山でした。
  

大雪の山々は紅葉の季節へ

2008年09月21日

今年の大雪の山々の紅葉は、ちょっと遅れ気味の様です。
昨日、美瑛岳ヘ登りましたが、例年ですとこの時期が紅葉の見ごろですが
今年は、紅葉がこれからしばらくは楽しめそうです。

大雪の山への登山、地元の利で天気予報と快晴の朝焼けを確認してから登山口へ
向かいます。
車で1時間弱で登山口へ望岳台に到着、美瑛岳に向かって登山を開始。
この登山口は、百名山の一つ十勝岳への登山口なのでほとんどの方が十勝へ登山
されます。

登山は、秋晴れに恵まれ、山頂からは素晴らしい景色を見ることが出来ました。
近くは、旭岳、トムラウシ、十勝連峰の山々、遠くには暑寒別の山々、遥か彼方に羊蹄山が
見えていました。

大雪の登山のいいところは、山の近くに温泉がある所です。
登山帰りに露天風呂、最高ですよ。

写真は、登った美瑛岳と山頂から見えた旭岳方面の景色です。

log904-09-20-01.jpg

log904-09-20-02.jpg

北海道の登山 / 紅葉の大雪山を縦走

2007年09月25日

大雪の山々は紅葉が真っ盛り、大雪の山を歩いてみました。

紅葉が美しいく比較的ポピュラーな2つのコースを歩きました。

1日目は層雲峡から出発、ロープウェイとリフトで黒岳七合目まで昇り、そこから山頂に向う。
中腹は紅葉が美しく見えていた。
黒岳の山頂から、北海岳→小泉岳→赤岳へと進み、紅葉がきれいな銀泉台へ降りました。

次の日は、十勝岳温泉から昇り始め上富良野岳→上ホロカメットク山→三峰山→十勝温泉
と十勝岳連峰の山を歩いてみました。

山の紅葉は段々と麓に向って降りてきます。
我家も、間もなく紅葉の季節を迎えます。

07-09-23-01-H.jpg

log772-02.jpg

北海道の登山 / 大雪山系旭岳を登山

2007年09月10日

北海道の最高峰旭岳(2290m)を登りました。
登山は旭岳温泉から姿見の駅(1600m)までロープウェイを利用し、姿見の池から尾根道を約2時間で山頂に到着。
山頂からは、トムラウシ山から十勝連峰など雄大な展望が広がっていました。

大雪から日本の秋が始まると言われていますが、ナナカマドなどの紅葉が始まっており、山は秋の風情で有りました。旭岳も、間もなく秋と共に初冠雪の時期になります。

log768-01-H-500.jpg

log768-02-H-500.jpg

log768-03-H-500.jpg

北海道の登山 / 扇沼山登山

2007年09月05日

ポピュラーな山ではありませんが、十勝連峰の眺めが良いというので
登ってみました。
写真は山頂から、十勝連峰を眺めたものです。

log764-01-H-500.jpg

北海道の山登山 / 富良野岳を登りました

2007年08月31日

早朝、窓を開けたら快晴。
十勝の山が綺麗に見えていたので富良野岳登山へ出かける。

十勝岳温泉凌雲閣横の駐車場に車を止め、富良野岳の山頂を目指す。
山頂からは、十勝岳や旭岳など大雪の山々が雄大に見えた。

大雪山麓から大雪の山々への登山は、前日の天気予報を確認。
次の日の朝、青空の向こうに大雪の山が微笑んだら登山に出かける。

何時でも出かけられるようにリュックは食料だけ入れれば良い状態にしてあり、
登山帰りに入る為の温泉用具セットは何時も一緒に車に積んで行きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log757-H-500.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  地元の利でしょうか、快晴の日に登れます。

北海道の秋山/ 大雪の山々の紅葉 2006  見ごろです

2006年10月06日

     大雪の山々、紅葉が見ごろです。

     十勝岳の二つ登山口、十勝岳温泉と望岳台から見た紅葉です。

log542-01.jpg
        
         <十勝岳温泉から見た紅葉>

log544-02.jpg
         
         <望岳台から見た紅葉>

北海道の登山2006 / 晩秋の十勝岳(2077m)へ登りました

2006年09月25日

     日本の100名山の一つ、十勝岳(2077m)に登りました。

     早朝に家を出発、登山口の望岳台から十勝岳の山頂へ向う
     旧火口を左に、噴煙を右に見ながら山頂直下の急坂を上り
     道標が凍り付いていた山頂に到着。

     昼過ぎに登山口に戻り、近くの吹上温泉へ寄り、露天風呂で
     疲れを癒した後、自宅に戻った。

log528-02.jpg

log528-088.jpg

     まもなく、山にも雪が積もり、真っ白な山に変わっていきます。

大雪山の紅葉が始まりました

2006年09月19日

土曜日(9/16)に大雪山系の最高峰旭岳(2290m)に登りました。
ななかまど等が紅葉しており、見ごろはこれからといった感じでした。
今月の末頃、山頂部雪、中腹が紅葉、裾が緑色という三色の大雪山が
見られるかもしれません。

<旭岳登山>
旭岳の山頂は、東川町です。
朝起きて、山を見たら綺麗だったので、早々、おにぎりを持って出かけました。
登山口まで車で30分、一番のロープウエーで中腹へ、大雪の自然を独り占め
しながら山頂へ、ちょっと靄がかかったていましたが、さすが北海道の最高峰、
360度の自然は絶景でした。

帰り道、温泉によって軽く疲れを癒して家に戻りました。
朝、5時10分に家を出て、家に戻ったのが11時40分、昼飯前の登山?でした。

log518-01.jpg
登山スタート点から見た旭岳

log519-05.jpg
旭岳山頂からの景色

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック