メイン

認知症のおふくろをただいま介護中 / ぼだい樹の会公開講座

2013年03月20日

ぼだい樹の会公開講座「家族の認知症介護を語る集い」を地域活動支援センターで
開催しました。

語り手に旭川サポートセンター会員の北村洋一さんをお迎えして認知症になられた
お母様を自宅で9年、在宅介護し続けられ、認知症を受け入れるまでの試行錯誤の
数々、失敗や喜びをお話頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1107-13-03-14-1.jpg

log1107-13-03-14-2.jpg

                  集いはぼだい樹の会事務局長の村田節子さんの
                  柔らかな司会で始まりました。

log1107-13-03-14-3.jpg    log1107-13-03-14-4.jpg

北村さん、「力を抜いて接してください」と話されました。

  ( 最初はお母様と格闘だったそうですが、長い介護生活を通してお母様の
   今の姿を受け入れ、共に生きられている姿に介護の心を感じました)

             log1107-13-03-14-6.jpg log1107-13-03-14-5.jpg

  参加者の方も、自らの介護体験を語られ、お互いに共感出来た時間でした 

                ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 みなさんご存じ様に、高齢化に伴い私も含めて認知症になる可能性が高くなり
 ます。それに伴って、認知症なられた方を介護する方も多くなります。

 私も、いつの日か認知症を発症するかも知れないし、介護する立場になるかも
 しれません、北村さんのお話を大事にしながら、認知症について理解を深めた
 いと思います。
 

ぼだい樹の会事務局長 村田節子さんが福祉学校で介護支援を語る

2013年02月08日

ぼだい樹の会事務局長で社会福祉士の村田節子さんが福祉学校で講演をしました。

受講生はこの春卒業する生徒さん25名、介護者支援の会の設立から今日までの
 
活動や意義、長い介護支援者としての体験をまじえて介護支援の心と思いを語ら

れた。

村田さんの長い介護者支援体験で育てられ語られた「人を支える心」の話は

間もなく福祉社会に育って行く生徒さん達の胸に伝わった事と思います。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1096-13-02-08-.jpg

log1096-13-02-08-%20%282%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 
 

 

介護の思いを込めて/ ぼだい樹の会例会で手作り介護カルタとり

2013年02月01日

 ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)の例会。

 会員さんの思いがこもった、ぼだい樹の会オリジナルの介護カルタとりが
 行われました。

 読み手は参加者全員、配られたカードを読んで、ご自分の体験がダブり
 声が詰まる場面もありました。

 例会、懇談や会食、お楽しみ、個人相談などで会員さんたちの日ごろの
 ご苦労が少しでも癒されたらうれしいです。
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

             log1089-13-01-23-.jpg

   東川町の地域活動支援センターかたくりをお借りして例会を開催しました。 

log1089-13-01-23-%20%282%29.jpg log1089-13-01-23-%20%283%29.jpg

              会員さんの声から作った介護カルタ 

              log1089-13-01-23-%20%289%29.jpg

         「 や~ やすらぎは 妻からこぼれる笑顔です 」

        log1089-13-01-23-%20%284%29.jpg

 事務局長の村田節子さんと藤田亜矢子さんが会員さんの声を聞いて作成しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1089-13-01-23-%20%285%29.jpg log1089-13-01-23-%20%287%29.jpg

  地域の高橋さん、おいしい手料理とオリジナルの枝豆プリンを作ってくれました。

            log1089-13-01-23-%20%286%29.jpg

     お楽しみは、昔懐かしい宝引、大当たりに全員が大爆笑でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   log1089-13-01-23-%20%2810%29.jpg

   2月4日(月)東川町社会福祉協議会内いきいきセンターホールで
   家族介護者のサロン活動を開催します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

仲間の冥福を祈る / もう少し元気で生きていてほしかった・・・

2012年12月14日

  ぼだい樹の会の会員さんの葬儀が終わった。
  障害の有る妻を残して先に旅立ってしまった。
  奥様の寂しそうな顔、こみ上げてくるものが有りました。
  奥様を老老介護されていたご本人、無念さが伝わってきます。
  心からお悔やみ申し上げます。

  我々高齢者、何時お呼びがかかるか分からないが、今日、元気で過ごせる
  ことを喜びとしたいと思います。 
                       ぼだい樹の会

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ぼだい樹の会は介護者支援の会ですが、私か第三地域で所属しているのが
 「喜楽ほのぼのクラブ」、昔の名前は「喜楽老人会」でした。
  今は、町内の老人会は〇〇クラブと名前を変えて活動しています。
 
  喜楽ほのぼのクラブは最高齢は96才 ( 平均年齢79.6才) ですが、皆さん
  元気です。
  でも、残念ながら、毎年、数人の方が亡くなられる。
  とわいえ、ピンピンコロリを目指して、定期的に集会をし支え合っています。


              喜楽ほのぼのクラブ12月例会 
        
log1070-12-12-6-%20%282%29-01.jpg

log1070-12-12-6-%20%285%29.jpg log1070-12-12-6-%20%284%29.jpg

          log1070-12-12-6-%20%283%29.jpg

  
 此の会、一番の喜びは、いろいろな行事に元気で参加してくれる会員さんの顔が
 見られることで、高齢になっても健康でありたいと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 


 
  

家族介護者の方のサロンとシニア(高齢者)世代の方のサロンが開催された

2012年12月08日

 東川町の家族介護者のサロン活動と地域のシニア世代のサロン活動が開催
 されました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)の今年度4回目のサロン活動

           log1066-12-12-03-.jpg

       log1066-12-12-03-%20%281%29.jpg

  今回は、東川町在住の渡辺俊憲さんをお迎えしてお話し会を開催しました。

  渡辺さんの紹介
  少年時代の引きこもり経験を乗り越えて、海外で人々とふれ合い、日本を
  台車を引きながら徒歩縦断で各地方の人達との交流そして東日本の被災地
  でのボランティア活動などを通し自分を見つめ直してたどり着いた生き方、
  「お金に依存しない生活」を奥様と共に目指されています。

  ぼだい樹の会事務局長の村田節子さんの司会進行で渡辺さんの深い人生と
  生き方への思いと参加者からの本音が重なり有意義な時間を過ごせました。

  次回はサロンは、平成25年2月4日(月) 午前10時~12時まで
          東川町社会福祉協議会内 いきいきセンターで開催致します。

  平成25年1月は会員さん中心に、手作りの料理での会食定例会を
  開催します、目下、事務局で企画中です。決定次第ご案内致します。

  ぼだい樹の会は家族介護者の方を支援しています。
  

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

        東川町第三地域ふれあい・ほのぼのサロン活動 


log1067-12-12-03.jpg

  東川町社会福祉協議会 藤田亜矢子さん、みんなを元気にしてくれました。

log1067-12-12-03%20%281%29.jpg log1067-12-12-03%20%282%29.jpg
 
  東川町社会福祉協議会 長谷川哲也さん、みんなを楽しませてくれました。

    log1067-12-12-03%20%284%29.jpg log1067-12-12-03%20%283%29.jpg

     金・銀・銅 ささやかな商品が福祉部安井副部長から贈られた。

log1067-12-12-03%20%285%29.jpglog1067-12-12-03%20%288%29.jpglog1067-12-12-03%20%287%29.jpg

    東川町第三地域のシニア世代の方を対象に開催しているサロン活動、
    今回は、地域の福祉部と女性部の方でトン汁を作り、シニアの方、
    スタッフの皆で懇談しながら会食しました。

    午後は、藤田さんと長谷川さんの進行でゲーム大会を開催、みんなで
    楽しみました。
    シニアの皆さんは閉会後は、雪の中、スタッフの車で家路に着かれました。

    次回は来年2月に開催をします。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    問い合わせ  村田節子(事務局長)
             室林亮子、丸谷泰寛

家族介護者を支えるサロン活動 /ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)

2012年10月01日

男性介護者のみの支援から男女家族介護者支援に今年度から変わり、サロン活動を
定例的に開催しています。

介護される方、介護をしている方、支援者が集うサロン。
介護される方は多様でどんな状態に有ってもたいへんですが、最近は認知症ご家族
を介護されいる方の大変さが際立ってきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  介護体験談、自分の介護とダブルと介護場面が浮かんで目頭が熱くなります。
      
         log1036-12-10-01-.jpg

  介護されている方のご苦労、大変です。
  24時間、介護事が頭から離れません、積もるストレスも大変です。
  
  体験談をお聞きしていると、自分の介護経験より、もっと、もっと
  問題を抱えられて介護されている様子が伝わってきます。

  介護のたいへんさも、そんな中での小さな喜びも、体験としてお持ち
  人達が、お互いをわかりあい事象を認め合えて、精神的にほっと出来
  る瞬間かもしれません。

  サロン活動、来月は11月5日(月)午前10時から社会福祉協議会内の
  いきいきセンターをお借りして開催します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    大雪山麓10月1日の朝は、台風が北海道の沖合を通過中でした

log1036-12-10-01-%281%29.jpg

log1036-12-10-01-%282%29.jpg log1036-12-10-01-%283%29.jpg

         幸いに、台風の影響は少なく、ほっとしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  
  

家族介護者のサロン活動をスタートしました / 東川町「ぼだい樹の会」

2012年09月03日

 ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)は、家族の方を介護されている方との
 サロン活動をスタートしました。
  
 ぼだい樹の会は家族介護者の訪問を主に活動していましたが、町内でご家族を
 介護されている方々や支援者の方、みんなで語り介護の思いを共有出来たらと
 サロン活動をスタートしまた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
九月に入り、稲穂も黄金色に変わりましたが、まだ残暑、暑い日が続いています

log1020-12-09-03-.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

サロン活動がスタート、介護のご苦労、介護されている方への思いを共有しました。

log1020-12-09-03-%20%281%29.jpg log1020-12-09-03-%20%283%29.jpg

          log1020-12-09-03-%20%282%29.jpg 


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1020-12-09-03-%20%284%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  家族を介護されて12年の方のお話し、ご苦労がたくさんたくさん有ります
  24時間、介護されている奥様への思いが離れません。
  介護生活でのいろいろな出来事、精神的な負担、聞かせて頂きました。
  私のささやかな介護体験と重なる所では、目頭が熱くなりました。
  でも、お話しを聞かせて頂いているうちに何故か此方が元気になります。
  介護されている方の熱い思いが伝わって来るからでしょうか。

  介護はたいへんです。
  時には、ほっとする時間も必要ですよね。
  このサロンがそんな時間になると嬉しいですね。  

ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会) ひまわりの里へバスハイク

2012年08月10日

 ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)は、北竜町のひまわりの里へ
 バスハイクしました。

 北竜町では、若年認知症家族会「空知ひまわり」方々と交流をさせて頂いた後に
 130万本のひまわりが咲く「ひまわりの里」を見学しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

              ひまわりは、ちょうど見ごろでした。

log1011-12-08-08-.jpg

log1011-12-08-08-%20%281%29.jpg log1011-12-08-08-%20%282%29.jpg

ぼだい樹の会会員さんや介護されているご家族、支援者に支えられて出かけます。

log1011-12-08-08-%20%283%29.jpg

   log1011-12-08-08-%20%286%29.jpg
                     log1011-12-08-08-%20%285%29.jpg

 「空知ひまわり」の中村事務局長さんから、支援活動の状況をご説明頂きました

log1011-12-08-08-%20%287%29.jpg log1011-12-08-08-%20%288%29.jpg

   ぼだい樹の会の村田事務局長、空知ひまわりの干場代表さんをはじめ
   会員さん相互の活発な意見交換がなされました。

log1011-12-08-08-%20%289%29.jpg

        最後に、みなさんで記念写真を撮って頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1011-12-08-08-%20%2811%29.jpg log1011-12-08-08-%20%2812%29.jpg

      広大なひまわり畑、遊覧車に乗り、ひまわりを観賞しました。

      log1011-12-08-08-%20%2813%29.jpg

 男性介護支援から男女家族介護者支援の会になって、初めてのバスハイクで
 介護されている方も、介護されている方も、一日、ゆったりと楽しみました。

 会員さん、ご家族の皆さん、支援で同行された皆さん、お疲れ様でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 「空知ひまわり」の皆さんには温かなお世話を頂き、ありがとうございました。
  
  交流会からひまわり畑の見学、最後のお見送りまで、心くばりされた対応を
  して頂き、感動でした。

  会員さんの信治さんの笑顔、素敵でした。
  支えている支援者の皆さんの活動とお気持ちが、笑顔から伝わってきました。


若年認知症家族会「空知ひまわり」さんが活動をアップされているブログです。

     http://blog.canpan.info/sohimawari/daily/201208/09  

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
  
   

       

男女まるごと介護者支援へ / ぼだい樹の会総会を開催し新体制をスタート

2012年06月23日

ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)は、地域活動支援センター「かたくり」で
総会を開催、男性介護者支援から男女家族介護者支援体制をスタートしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                   総会の様子

log976-12-05-21-.jpg

    会員さん相互のお話しに支援者も仲間入りして懇談が続きました

                  log976-12-05-21-%285%29.jpg

     東川町社会福祉協議会 川上会長さんから激励のお言葉を頂きました。

log976-12-05-21-%20%281%29.jpg log976-12-05-21-%20%282%29.jpg

      会員さんの自己紹介と介護体験のお話し、支援者の紹介

                   log976-12-05-21-%20%283%29.jpg

      会員のUさん、ハンドカラオケで出席者を和ましてくれました。
   

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  総会は、新体制の書記局の皆さんが準備し進められ、和やかな雰囲気でした。
  司会は事務局長の村田さんがゆったりと進行、総務会計担当の丸谷さんが報告
  事項を説明、室林さんの温かなインタビューで総会は進んで行きました。

  会員さんの介護体験談、20年も在宅介護されたお話しに頭が下がる思いでした。
  重い認知症のご家族を介護する大変さは目いっぱいの涙が物語って熱い思いが伝
  わってきました。

  介護が必要な家族、介護する人、する人もされる人も大変です。
  介護から逃げることなど出来ません、会員さん同士、支援者皆でこれからも支え
  ていきたいと思います。

  ぼだい樹の会、小さな町の草の根的な小さな会です。
  出来ることは、ささやかな事かもしれませんが、支援者のみなさんは温かく、
  一生懸命に会員さんの事を考えて支援してくれます。
  
  ぼだい樹の会、間もなく活動5年目に入ります。

     ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会) 会員 鶴岡恒男

 P.S.
  この会、ゆるやかな住民主導の会ですが、地域包括支援センターや保健福祉課の
  メンバーや保健師さん、社会福祉協議会やボランティアセンターのメンバーに
  民生委員の会長さんや民生員OGの方、町民有志の方が支援者として支えてくれて
  います。

     事務局 東川町社会福祉協議会内  電話 0166- 82-7505                       
                     

ぼだい樹の会はまるごと介護にリニューアル / 東川町家族介護者支援の会

2012年06月20日

  ぼだい樹の会はリニューアルしました。
  男性介護者支援から男性も女性もまるごと介護支援する会となり活動します。

  会の名前もぼだい樹の会( 東川町家族介護者支援の会 )となりました。
                 ( 旧 東川町男性介護者の会 )

  明日、6月21日(木) かたくり(地域活動支援センター)で午後1時30分より
  総会を開催、新しい体制をスタートします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       手作りですが、ぼだい樹の会の「しおり」が出来ました。 

log974-12-06-20-1.jpg

log974-12-06-20-2.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 在宅介護を続ける事は大変です。
 抱え込みがちな男性家族介護者の介護は手探りで心にも体にも負担がかかります。
 もち論、女性家族介護者も同様です。

 男性介護者支援でスタートしたぼだい樹の会は「性差を超えて支援を」との考えと
 町民の方からの「女性も含めて」との声に応えて、男性も女性も含めた家族介護者
 支援の会に一新しました。

 東川町は小さな町、手作りのささやかな思いやりで、介護者、支援者、町民の皆様
 が、お互いが支え合って行けたらと活動を続けます。

 町内で家族介護されている皆さま、会をちょっとのぞいてみてください。
 

    ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)の事務局

            東川町社会福祉協議会内
             電話 0166-82-7505
             FAX  0166-82-7301 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆   
 

社会福祉士・村田節子さん(ぼだい樹の会事務局長)が介護支援を語る

2011年10月25日

10月22日(土)東川町改善センターで行われた介護フォーラムのシンポジュウムで
ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)事務局長の村田節子さんが、介護支援者の
立場から、介護の有り方について、想いを熱く語ってくれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log835-11-10-22-.jpg

log835-11-10-22-%20%282%29.jpg

シンポジュウムは、旭川大学 学長 山内コーディネーターのもと、各立場からの
活発な意見が交わされました。

log835-11-10-22-%20%286%29.jpg

log835-11-10-22-%20%281%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

   log835-11-10-22-%20%284%29.jpg log835-11-10-22-%20%283%29.jpg

  村田さんは、介護保険制度以前からの介護の現場と現実を把握、加えて豊富な
  介護経験から、要介護者本人の自立と意思決定の重要さを対応された事例を
  踏まえて語ってくれました。
  男性介護者支援の立場からは、男女共に介護する人への支援活動の大切さを
  付け加えられていました。

  村田節子さんのプロフィール  
     北海道ホームヘルプサービス協議会 会長を務める。
     東川町社会福祉協議会介護支援事業所・訪問介護事業所 所長を務める。
     社会福祉士・介護福祉士・ケアーマネジャー等々福祉関連の資格を取得。
     ( 平成4年(1992年)から約18年ホームヘルパーとして介護に従事 )
     ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)立上げのメインメンバー。
     現在、東川町安全生活創造事業に従事し高齢者を支えている。
     また、講演や講座活動、パネリストとしても活躍中です。  

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
  
          log835-11-10-22-%20%285%29.jpg

講演では、スウェーデンのエミール・オストバリ氏が、母国の高齢者の自立に
主眼を置いた介護制度について、日本の有り方と対比しながら話されました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)

    問い合わせ  村田節子(事務局長)
             室林亮子、丸谷泰寛

認知症介護を語る集いを開催 / ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)

2011年10月14日

  東川町の田んぼは、稲作も終わりキトウシの山も紅葉が進んでいます。
  ぼだい樹の会は、NPO法人 地域活動支援センター「かたくり」で恒例の
  公開講座を開催しました。

  今年度は、グループホーム「ゆう」の施設長で豊富な認知症介護のご経験を  
  お持ちの村上那奈子さんにお話をして頂きました。

  講座は、アットホームの雰囲気の中、認知症家族と向き合って介護し看取り
  場面までの介護の有り方をお話し頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log824-11-10-12-%20%282%29.jpg log824-11-10-12-%20%281%29.jpg 

会場をお借りした、NPO法人地域活動支援センター「かたくり」中條センター長さん。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

01234-01-400.jpg

log824-11-10-12-%20%284%29.jpg log824-11-10-12-%20%285%29.jpg

  認知症介護の有り方、認知症のお母様への思いを熱く語ってくれました。

log824-11-10-12-%20%286%29.jpg log824-11-10-12-%20%287%29.jpg log824-11-10-12-%20%288%29.jpg

   村上さん、参加者からの悩み、質問、などに丁寧に答えてくれました。

                  001122-01-100.jpg

   司会進行は 社会福祉士で事務局長の村田節子さん、柔らかな雰囲気で集いを
   まとめてくれました。

   お話をして頂いた村上さん、参加頂いた方々、集いを進めて頂いたスタッフの
   皆さま、ありがとうございました。  
                   
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ★山じ~のボケ体験 「メガネをかけたまま、目薬をさす」 

 私も高齢者の一人、日常生活の中で「あれ~」という様なボケ体験が顕著に
 なってきました。そこで、あれ~れ~体験をアップする事としました。
 
 お医者さんから目薬を頂き、老眼鏡をはずして点すのですが、目薬の先は
 ボーとして見えません、適当に見当を付けて点すのですが的中率は三割と
 いうところでしょうか、何時も目の周りは目薬だらけとなってしまいます。

 ある日、さあ~目薬を点そうと構えた所、なんと、目薬の液が何時もより
 はっきり丸く見え、目の位置とぴったり合いました。
 「良し!」と点眼したところ目薬は瞳の真ん中を目指して落下して来ました。
 「やったー」と思った瞬間、目には感触がなく、目の前に丸い飴の様な物が、
 あれ~れ~、メガネの上から目薬を点していました。

 あれ~れ~体験、毎日しています。
 今日のあれ~れ~体験、思い出して記録し、認知予防になればと考えましたが
 思い出せ無い事が多々有りそうですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    問い合わせ  事務局長 村田節子
              室林亮子、丸谷泰寛
    


                     
 

認知症についての公開講座を開催します / ぼだい樹の会

2011年09月29日

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)は公開講座を開催します。

 草の根的に介護する人々の支援活動を続けているぼだい樹の会は恒例の
 公開講座を開催します。

 今年度は、グループホームで認知症を持つ方と介護するご家族と一緒に
 介護に携わってこられた、グループホーム「ゆう」の村上那奈子さんを
 お迎えしてお話をして頂きます。
 お話の後、介護体験の懇談会を開催します。

 この講座、小さな会場で開かれるアットホームな集いです。

   log812-11-09-29-00.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
    
       log814-11-09-29.jpg

           東川町の今朝、朝もやが癒してくれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

      22日に初冠雪した旭岳、山頂付近には雪が残っていました。
      
log813-11-09-28.jpg

log813-11-09-28%20%281%29.jpg

log813-11-09-28%20%282%29.jpg

       9月28日15時8分 中鶴根山 (標高678m) 山頂から撮影

   午後、時間が空いたので妻の膝のリハビリを兼ねて、登ってきました。
   30分ほど歩いて山頂へ、紅葉はこれからでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  北海道内、あちこちに「熊出没!」の立て札が立っています。
  図柄は、その地区独特のデザインでおそろしいものからちょっぴり可愛いもの
  まで、いろいろと有ります。
  熊さんから見ると「人間侵入!」なのでしょう。
  熊への対応、自分の存在を知らせる備えと、熊のエリアに入れてもらう気持が
  あれば、そう簡単に鉢合わせることは無いと思います。
  でも、山の稜線から遥か下に豆粒程の熊を見た事は数回あります。

  地元の方のお話では、「北海道どこにも熊はいるよ」との事で、こんな看板
  が、立っているのでしょう。

             log813-11-09-28%20%283%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


   ぼだい樹の会事務局  東川町社会福祉協議会内 Tel 0166-82-7505
   問合せ先       事務局長 村田 節子
                室林 亮子、丸谷 泰寛            
  


 

  
 

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の集い / やっぱり自分の家がいいな~

2011年06月23日

ぼだい樹の会の総会を「東川町共生サロンここりん」で開催しました。
会員さん、支援者のみなさんが集まり、和やかな雰囲気の中で始まりました。

事務局長の村田節子さんの柔らかな司会でプログラムは進み、会のメインで有ります
Hさんのお話が始まりました。妻を介護している自分が脳梗塞で倒れ、病院、施設と
移り、リハビリを続け、奥様ためにとの強い意志で、奇跡的に回復をされ、自宅に
戻るまでの体験談です。
「強い思いを持つこと・・・。やっぱり自分の家がいいな~ 」は印象的でした。
「応援してくれた方、支援をしてくれた皆さん、ありがとう」で話を終えられました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
         000-250.jpg

  Hさんは、村田節子事務局長と対話式で倒れられてから自宅へ戻るまでの
  体験を話してくれました。

001-200.jpg 002-200.jpg

  会員さん、支援者の皆さんがそれぞれの体験や想いを話されました。

      003-150.jpg   004-140.jpg

     奥様へのプレゼント作り、室林支援員と一緒に作りました。

005-135.jpg                006-135.jpg

007-95.jpg 008-95.jpg 009-95.jpg 010-95.jpg

 奥様へのプレゼントが出来上がりました。奥様、きっと喜んでくれると思います。
      
     012-150.jpg 011-180.jpg 

         プレゼントの中には、奥様へのカードを入れました。

       019-300.jpg

  お昼は「ここりん」のお姉さま方の心のこもったお弁当を皆で頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
                 事務局 東川町社会福祉協議会内 
                     事務局長 村 田 節 子
                            室 林 亮 子
                            丸 谷 泰 寛  
 

旭川大学教育活動報告会 / 東川町・地域福祉活動の調査分析結果を発表

2011年03月13日

旭川大学のゼミナール等教育活動発表・報告会へ妻と二人で出かけた。

発表の中に、東川町の福祉活動の調査分析や学生さんが企画実施した東川地域での
活動についてのプレゼンが有り聴かせてもらった。

発表は保健福祉学部コミュニティ福祉学科 大野ゼミナールの伊藤 毅 さん
題目は「中山間地域における誰でもが安心して暮らす事が出来るコミュニティ」づくり
    -北海道東川町「ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)」の実践ー

        log715-11-03-12-00.jpg

log715-11-03-12-00%20%281%29.jpg

     教授の皆さんからは、多角的な見地からの質疑応答がなされていた。

log715-11-03-12-00%20%282%29.jpg

           log715-11-03-12-00%20%283%29.jpg

               発表をした伊藤さんと ゼミの大野先生

    伊藤さんの発表、実態の調査・分析・考察から提言へと立派な発表でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  主は、ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の調査結果でした。
  将来は、男性介護だけでなく、女性介護者・男性介護者をまるごと介護支援へ
  との提言がなされた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
                事務局 東川町社会福祉協議会内  

男の料理教室 / 料理方法と味付けを学習しました

2011年02月03日

       町の栄養士さんが開催してくれました男の料理教室に
       ぼだい樹の会から2名、参加をさせてもらいました。

          log697-11-02-03-00.jpg

            今日の献立は
             1..具たくさんの味噌汁
             2.小松菜とささみのじぶ煮風
             3.かぼちゃとキャベツのレンジ蒸し
             4.フルーツ盛り合わせ
             5.ご飯

  log697-11-02-03-01.jpg

     生活習慣病予防と食生活についても学習しました。

         log697-11-02-03-01%20%281%29.jpg

  log697-11-02-03-01%20%282%29.jpg

 男の料理教室、町の食生活改善委員のお姉さまにちょっぴりお手伝い
 頂きながら、参加者16名で料理を作り、美味しく頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 今日は立春、暖かな一日だった

     一月の大雪と寒波が何だったろうと思わせる様な暖かさで
     我が家の外気温度計、最高温度が6.1℃を示しました。
     道路は雪が融け水浸し、水しぶきをあげて車が走っていた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
                事務局 東川町社会福祉協議会内  

   

ヘルパーさんの仕事 / 普通の暮らしを守り支える 村田節子さんのコラム

2011年02月02日

  北海道新聞に、ぼだい樹の会事務局長 村田節子さんの投稿が掲載されて
  いましたので、紹介させてもらいます。

             log695-11-02-02-01.jpg

log695-11-02-02-00.jpg

                     掲載された記事

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

文中に
 「ヘルパーは”普通の暮らし”を支援するたために今日も、里山を訪問している」
  と有りました。
  
  私も、沢山のヘルパーさんにお世話になりました。
  今日も、全国のヘルパーさんは、沢山の家庭をまわっているのでしょね。
  頑張っているヘルパーのみなさん、ありがとう!そして、お疲れ様です。
                     

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会) / 福祉のまちづくりセミナーで活動発表

2011年01月19日

北工学園 北海道環境福祉専門学校 主催の福祉のまちづくりセミナー2011が
旭川市障がい者福祉センターで開催されました。
 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ぼだい樹の会からは、事務局長の村田節子さんが代表して活動発表されました。

log681-11-01-16.jpg

log681-11-01-16%20%281%29.jpg 
           log681-11-01-16%20%283%29.jpg

         発表する、ぼだい樹の会 村田節子事務局長

log681-11-01-16%20%282%29.jpg log681-11-01-16%20%285%29.jpg

            log681-11-01-16%20%284%29.jpg
             
         支援活動の体験を話された支援者の久保さん

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 開催者から開催の趣旨の説明が有りました。

   年令や性別、障害、文化の近いに関わりなく誰もが地域社会の一員として自由
  に行動し、様々な分野に社会参加し、お互いが支えあう中で安心して暮らし元気
  に活動できる、そんなユニバーサル社会が意味、求められています。
   そこて゜、北海道福祉のまちづくり条例を基本とした、地域における住環境の
  整備や社会参加支援などを地域全体の問題とし、この度「福祉のまちづくりセミ
  ナー2011」を開催します。

log681-11-01-16%20%286%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


 今回は、北海道まちづくりコンテストに入賞した団体が、活動を発表された。
 ぼだい樹の会は、発足の経緯から現在までの活動状況、会員・支援者の思いなど
 男性介護者支援の実体を参加された方へ伝えました。


    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛


 

 
  


男性介護 / ぼだい樹の会の活動をテレビで紹介してくれました。

2010年12月23日


  ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の活動をNHKが紹介してくれました。

    活動の主体は、毎月の訪問活動と支援ための運営(支援)会議、 
    会員さん同士の交流定例会です。


    log667-10-12-23-00.jpg

          log667-10-12-23-00%20%281%29.jpg

log667-10-12-23-00%20%282%29.jpg log667-10-12-23-00%20%283%29.jpg

   支援者のみなさんです。会員さんの毎月の訪問結果を報告、問題点などを
   皆で考え支援、いろいろな企画を話しあいます。
   運営委員会は、有る意味で、福祉の専門集団でも有ります。

       log667-10-12-23-00%20%284%29.jpg

         定例会では、ハンドマッサージをしてもらいました。

          log667-10-12-23-00%20%285%29.jpg

               訪問活動の一場面です。


  ぼだい樹の会は、妻を介護されている男性介護者を草の根的に支える事から
  スタートした、小さな町の小さな会です。

 ★画像は12/21、NHKニュース「おはよう北海道」からのものです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

      今日の朝、天気は曇り 外気温はマイナス3℃でした。
         積雪量は10cmで昨日と変わりません。

       log667-10-12-23-00%20%286%29.jpg

        キタキツネが何故か庭を通りすぎて行きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

ぼだい樹の会 / 毎月一回支援者運営委員会で家族介護者を支援

2010年12月17日

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 
     ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)運営委員会開催 ( 12月度 )

  ぼだい樹の会の運営委員会は、毎月一回開催されます。
  支援者の皆さんから会員さん宅をを訪問した時の様子や、問題点をみんなで
  話し合い対応策を考え対応をします。  

  今回の課題は、介護されている会員のご主人が具合が悪くなり一時入所、
  お一人になってしまった奥様、娘さんが通って来られ、様子を見ておられま
  す。でも、ちょっぴり寂しそう、訪問された支援者の久保さん、何か解決策
  は無いかといろいろとお話をししました。
  ディサービスの回数を一回増やす、これは介護保険の制度的な問題で出来な
  い、では、お話しボランティアの訪問はと提案をし、まとまりました。
  この件は、支援者でボランティアコーディネーターの丸谷さんが、中心と
  なって対応を進めてもらうことになりました。

  私は、会員の一人ですが、短期間の介護経験が有るだけで専門的な知識は有
  りません。
  でも、支援者の方々は民生委員さんから地域包括センターの職員さん、ケア
  マネジャーさん他と、福祉の道の専門家の集団です。
  難しい課題や複雑な問題も、介護支援に豊富なご経験お持の事務局長で
  社会福祉士の村田節子さんが、アイデアを提供してくれます。

  ぼだい樹の会の運営委委員会、支援者皆さんの人柄なのでしょうか、ほっと
  出来る時間です。

     ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
     
     問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛

  P.S.
   ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)運営委員メンバーは、会に賛同されて
   自主的に参加されている皆さんで、福祉関係への関わりは、巾広く多岐に
   わたって経験された方々です。

   「地元で男性介護者の支援を・・」と、ごく普通で平凡な住民の皆さんが
   主導で立ち上げた会ですが、その思いを地域の多くの福祉の専門家さん達
   が、支えてくれています。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  今日の天気は晴れ、青空も夕日もきれいな一日でした。

  log664-10-12-17-00.jpg log664-10-12-17-00%20%281%29.jpg

           庭も雪、屋根から落ちた雪で出来た雪山と青空

     log664-10-12-17-00%20%282%29.jpg

           町内のキャンモアスキー場と旭岳です。

 追記 スキー場のオープン 雪不足の為23(木)に延期されました。

log664-10-12-17-00%20%284%29.jpg

         一面がまっかに染まる雪原の夕日です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


   


      
  
                

  

癒しの定例会でした / ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)

2010年11月19日

      ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の定例会が東川町共生サロンの
      集会場をお借りして開催されました。

      事務局長の村田節子さんの司会進行で、会員さんの近況報告や
      懇談、事務局からの連絡事項が盛り上がりながら進みました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

       log643-10-11-05-00.jpg

  今回の定例会、北海道福祉の町づくりコンテスト受賞のお祝いも兼ねています。
  皆さんで、記念写真を撮りました。


log643-10-11-05-00%20%281%29.jpg log643-10-11-05-00%20%282%29.jpg

 支援者の皆さん達も、思いを語ってくれました。
 立上時からご支援頂いた社会福祉協議会小坂会長さんも駆けつけてくれました。

              log643-10-11-05-00%20%283%29.jpg

  イベントは、北海道環境福祉専門学校の生徒さんにハンドマッサージをして
  頂きました。
  バックで生徒さんがシンセサイザーで柔らかな音楽を演奏してくれました。
  生徒さん、ありがとうございました。

log643-10-11-05-00%20%284%29.jpg log643-10-11-05-00%20%285%29.jpg

     ぼだい樹の会も立上から二年半、ささやかな活動しか出来ませんが
     男性介護者の巾を広げた第二ステップの活動に入った様に思えます。

   会員のみなさん、支援者みなさん、地域の皆さん、ありがとうございます。


 P.S.
 定例会の開催の様子、NHKの取材を受けました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
   
   ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
  
  問い合わせ  事務局長 村田節子、
            室林亮子、丸谷泰寛

福祉のコンクールに入賞 / ぼだい樹の会の草の根的活動に共感を頂きました。

2010年10月16日

  ちょっぴり、ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の宣伝みたいになります。

  ぼだい樹の会は、北海道主催福祉のまちづくりコンクールに入賞、15日から
  アクセスサッポロで開催された" いきいき福祉・健康フェア2010 " で行わ
  れた表彰式に参加しました。

log633-1010-15-00.jpg

log633-1010-15-00%20%281%29.jpg log633-1010-15-00%20%282%29.jpg

会場には、福祉用具の展示や社会福祉協議会の活動を紹介するブース等が
沢山展示されていました。

    log633-1010-15-00%20%283%29.jpg

log633-1010-15-00%20%284%29.jpg

表彰式では、公共施設部門・福祉用具部門・活動部門の入賞団体が発表されました。

     log633-1010-15-00%20%285%29.jpg

log633-1010-15-00%20%286%29.jpg

   log633-1010-15-00%20%287%29.jpg

ぼだい樹の会は、小さな町で男性介護者の訪問を主に支援活動している小さな会です。
この度の評価は、会員・支援者の活動とそれを支えてくれている東川町の地域の皆様
に対して頂いた賞だと思います。

高橋知事から頂いた表彰状は、会長が受け取り、東川町社会福祉協議会内の事務局
村田節子事務局長に渡されました。

P.S.
  表彰状は東川町社会福祉協議会 小坂会長のご厚意で、事務局の有る
   社会福祉協議会の壁に掛けさせてもらいました。 


男性が介護するということin北海道 / 講演とリレートークの集い

2010年09月18日

   男性が介護するということ in 北海道 と題して 講演とリレートークが
   札幌のポルト(北翔大学北方圏学術情報センター)で開催されました。
   主催は「北海道男性介護者と支援者のつどい」であります。

   講演は「男が介護するということ」と題して、立命館大学の津止教授
   からお話が有りました。
   続いて、北海道各地から参加された方の介護体験がリレートークの
   形で、話されました。

log606-10-09-18-01.jpg log606-10-09-18-02.jpg

    東川町の最寄り駅旭川駅から1時間20分、札幌駅に到着
    大都会札幌、人・人・人 目が回りそうでした。

log606-10-09-18-03.jpg

         主催者の挨拶で集いが開催されました。

log606-10-09-18-04.jpg log606-10-09-18-05.jpg log606-10-09-18-06.jpg 
   
         来賓の方々は、介護への思いをお話しされました。

log606-10-09-18-07.jpg

          log606-10-09-18-08.jpg

           司会進行は、副代表さん  

log606-10-09-18-09.jpg
 
           津止教授の講演の様子

log606-10-09-18-10.jpg

  リレートークは私も含めて4名の方から、介護体験や思いが語られました。 


 今や介護者の3人に1人は男性、介護する男性は100万人の時代に入りました。
 介護保険が実施されて10年、時代と共に家族の体系も変化し介護の有り方も様変
 わりし、男性が介護の主役になりつつ有ります。
 介護する男性を支援すると共に、性差なく介護する人を包括した、まるごと支援を
 進めなくてはと感じました。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛
  

       

認知症家族の介護体験を語る集いを開催 / ぼだい樹の会

2010年09月10日

  ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)では、認知症のお母様を介護された
  お二人の方をお迎えして、介護の生の体験を語って頂き、参加された者も
  認知症への思いを話して頂き、認知症の介護について、考え・感じて頂く
  集いを開催しました。

  開催場所は東川町地域活動支援センター「かたくり」

log597-10-09-08-00.jpg

 介護経験や思いを語って頂くためのコンダクターは事務局長の村田節子さん

log597-10-09-08-00%20%281%29.jpg

 認知症のお母様を介護されている、Mさん・Tさんには、認知症に気がついた時の
 驚きや認知症介護の実体験例を語って頂き、介護する側の思いを話して頂きました。


      log597-10-09-08-00%20%282%29.jpg

                 log597-10-09-08-00%20%283%29.jpg

 参加者の方からも、共感したことや、それぞれの介護有り方、いろいろな場面での
 介護の体験談を話して頂き、認知症介護への思いを深くしました。


    log597-10-09-08-00%20%284%29.jpg log597-10-09-08-00%20%285%29.jpg

 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

       アトラクションは、ママさんで構成し演奏活動をされている
       リコーダーサークル イコロの皆さんに演奏して頂きました。
       司会は、支援者の丸谷泰寛さん
 
          log597-10-09-08-00%20%286%29.jpg

           子供達の応援付きの演奏、楽しく癒されました。
            ママさんのみなさん、有難うございました。 

    log597-10-09-08-00%20%287%29.jpg

  認知症の介護、心にも体にもたいへんな負担が掛かります、身近に介護している
  人以外に認知症で有る事を理解して頂けない場合も有り、一人で抱え込んでしま
  う事も有るそうです。
  そんな介護者の話を暖かく聞いてあげ、認知症の方をそっと見守ってあげられる
  地域住民になりたいですね。

          %EF%BD%8C%EF%BD%8F%EF%BD%87597-10-09-08-00%20%288%EF%BC%89.jpg
    
      介護体験を語って頂いたMさん・Tさん、参加頂いたみなさん、
      講座の準備を頂いた支援者のみなさん、有難うございました。


  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

        ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
         事務局 東川町社会福祉協議会内  


    
 

      

   

可愛い猫ちゃんが介護? 会員さん宅の訪問 / ぼだい樹の会の活動

2010年08月27日

 ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の会員さん宅を訪問しました。

 老老介護をされている会員さんのお宅ですが、ご主人が奥様を献身的に
 お世話をされています。

 今回訪問した時、生まれて間もない子ねこが、寝たきりのおばあちゃんを
 愛らしい顔で癒していました。

 log592-10-08-24-00.jpg

      log592-10-08-24-00%20%281%29.jpg

log592-10-08-24-00%20%282%29.jpg

      子ねこ、可愛いですね。
      
      定期的に会員さん宅を訪問していますが、子ねこちゃんは
      訪問させて頂いた私達をも、ホットさせてくれました。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

    ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
         事務局 東川町社会福祉協議会内  


P.S.
  介護支援専門員で社会福祉士の村田節子さんの介護する犬のお話し

    認知症のお母さんを、介護犬が見守っている。
    お母さんはも家から出てしまうと帰れなくなってしまう。
    この犬は、お母さんが出かけようとするとお母さんを引き留め
    家族に知らせる。
    ご家族と介護する犬とで、認知のお母さんを見守っているとの
    ことでした。

認知症の状態にある家族の介護体験を語る集い/ ぼだい樹の会公開講座 

2010年08月13日

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)は、認知症の状態にある家族の方を
介護された方の生の声を聞かせて頂きながら、認知症の人の介護に付いて
の現実を生の声で語り合う集いを開催致します。
log578-10-09-08%E5%85%AC%E9%96%8B%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg

       ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

            町ぐるみで 認知症見守る「サポーター」

 北海道新聞に掲載された、ぼだい樹会の事務局長で社会福祉士の村田節子さんの
 記事を紹介します。

log579-10-09-08%E6%96%B0%E8%81%9E%E8%A8%98%E4%BA%8B.jpg

     村田さんの「町ぐるみで、温かく見守る目」、素敵なまなざしですね。


log580-10-08-13-01.jpg

       ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

認知症の状態にあるご家族を介護するのは、温かな介護の中に大変なご苦労の日々
かと思います。
私達は、ささやかな事しか出来無いかもしれませんが、介護する方される方を見守
っていきたいと思います。
 

  


手打ちそばを楽しみました/ ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)総会

2010年05月28日

山も残雪模様が素敵な季節となりました。
そんな中、かたくり(地域活動支援センター)をお借りしてぼだい樹の会総会を
開催、今年度の活動内容を会員さんや支援者皆で審議し決定をしました。

会議の後は、東川町社会福祉協議会小坂忠会長さんの手打ちそばを頂きながら
近況報告や日頃のご苦労されたお話、昔話などで楽しい時間を過ごしました。

log545-10-05-26-00.jpg log545-10-05-26-00%20%281%29.jpg

      log545-10-05-26-00%20%282%29.jpg

log545-10-05-26-00%20%283%29.jpg

log545-10-05-26-00%20%284%29.jpg log545-10-05-26-00%20%285%29.jpg

        心いっぱい、お腹いっぱいの総会でした。
 
 いろいろとお世話を頂いた関係者のみなさん、ありがとうございました。
                    ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
 
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                 手打ちそば作り

  小坂会長さんからご指導を受けながら、皆で手打ちそば昼食を作りました。

log545-10-05-26-00%20%287%29.jpg log545-10-05-26-00%20%288%29.jpg

      log545-10-05-26-00%20%289%29.jpg

          log545-10-05-26-00%20%289%29-1.jpg   


log545-10-05-26-00%20%2810%29.jpg log545-10-05-26-00%20%2811%29.jpg

log545-10-05-26-00%20%2812%29.jpg log545-10-05-26-00%20%2813%29.jpg

 北海道へ移住してくるまで、北海道がそば生産量日本一とは知りませんでした。
 ソバの実を栽培、収穫したそばをこだわりながらそば粉に、熟練の技でそば打ち
 そして、打ち立てのそば、そば生産地ならではの美味しいそばを頂きました。
 
        「小坂会長さん、とても美味しかったですよ」

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

    ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
         事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
     
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛


ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会) 落語を楽しみました。

2010年03月29日

   ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の例会、落語を楽しみました。

   落語は、鶴亀山金坊師匠に「看板のピン」を演じて頂きました。
   落語の後は、茶話会で日頃の様子を語りあいました。

     log311-10-03-27-00.jpg

     師匠は、町内の高校の先生、プロ並みの落語でした。
     先生から「私の担当科目は何でしょう?」と質問が出ました
     ヒントは、お名前に有るそうです。

log311-10-03-27-00%20%281%29.jpg log311-10-03-27-00%20%282%29.jpg

  茶話会では、日頃の介護の様子や生活のやりくり工夫などを情報交換を
 しました。

   同じ介護をされている会員さん同士、久し振りに顔を合わせて話が
    つきませんでした。
  
           ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)
           事務局  東川町社会福祉協議会内


P.S.
   先生の担当科目 鶴亀山→つるかめ算→数学の先生でした。

  

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)で落語会を開催します

2010年03月16日

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)定例会で落語会を開催します。

ぼたい樹会の今月実施の定例会は落語会と懇談(情報交換)を行います。
介護をちょっと一休み、皆で落語を楽しみたいと思います。

今回は、ぼだい樹の会支援者の丸谷泰寛さんがボランティアセンターの
メンバーの方との共催を企画をしてくれましたので、開催の運びとなり
ました。


   log306-10-03-16-01.jpg

落語は、東川高校のK先生に一席設けてもらえることになりました。
当日が楽しみです。

介護支援専門員 村田節子さんの講演を聞きに行きました。

2010年03月05日

   東川町社会福祉協議会 介護支援専門員の村田さんの講演を聞きに
   行きました。

log295-10-03-05-00.jpg

  村田節子さんは、元北海道ホームヘルプサービス協議会の会長で
  現在は、東川町社会福祉協議会介護支援事業所・訪問介護事業所
  の所長をされています。
  ホームヘルパーは平成4年からされ、幅広い経験の持ち主です。

  今回の講演は「介護する人される人」と題し、今までの介護支援の
  体験から、介護の心や喜びを温かな語りで話されました。
  
        log295-10-03-05-01.jpg

  村田さんは、講演の最後に樋口了一さんが歌う手紙の詞を朗読され
  講演を終わられました。

      ”年老いた私が ある日・・・ ”

  手紙 ~親愛なる子供たちへ~ の作詞や 樋口了一さんの歌声は
  このHPを訪ねてください。
 ( 歌声はWeb ニッパーズギンザ インターネットライブのlinkのアドレスを
  クリックしてください )

http://www.teichiku.co.jp/artist/higuchi/disco/cg17_lyric.html

  P.S.
この講演は、東川町内の永楽寺さんが主催され、寺内のホールにて 
   開催されました。 

  村田節子さんは、ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の立上から現在まで
  関わられ、事務局長として東川町の地域福祉の為に活躍されています。
  加えて、下記の資格をお持ちになっています。

    ケアマネージャー(介護支援専門員)
    介護福祉士
    社会福祉士 
   

男の料理教室 / ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)

2009年12月08日

東川町のしらかば学級とぼだい樹の会の共催で「男の料理教室」を開催しました。

本日献立 ・白菜とひき肉の重ね蒸し
       ・じゃこ入りきんぴら風煮
       ・具いっぱい味噌汁
       ・ご飯
       ・フルーツヨーグルト

 町の栄養士さんの楽しい講座と料理方法の説明の後、調理室で料理に入りました。
 何時も料理をされている男性、食べるのが担当の男性の方々が楽しく料理しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log261-09-12-08-00.jpg log261-09-12-08-00%20%281%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  栄養士さんから、食べ物のバランスや塩分の取り方についてのお話に続き
  今日の献立、料理方法についての説明を受けました。
  
     log261-09-12-08-00%20%282%29.jpg

     「漬物は美味しいですが、塩分の取り過ぎは、いけませんよ」


     log261-09-12-08-00%20%283%29.jpg log261-09-12-08-00%20%284%29.jpg

           大さじ、小さじ、計量の仕方の確認です。

log261-09-12-08-00%20%285%29.jpg log261-09-12-08-00%20%286%29.jpg

               なかなか、良い手付きです。

log261-09-12-08-00%20%287%29.jpg log261-09-12-08-00%20%288%29.jpg

           どんどん料理が出来上がっていきます。

           log261-09-12-08-00%20%289%29.jpg

               レザートはフルーツヨーグルト

      log261-09-12-08-00%20%2811%29.jpg

               さあ、出来上がりです。

log261-09-12-08-00%20%2810%29.jpg log261-09-12-08-00%20%2812%29.jpg

                    「 いただきま~す ♪ 」

        log261-09-12-08-00%20%2813%29.jpg

                   完食です。


  この行事は、東川町の調理室で開催、町の住民福祉課の方や食生活改善委員の方
  のご支援を受けて楽しく美味しく終わりました。
  いろいろとな準備や料理指導をして頂いた方々に感謝申し上げます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛


年代を超えて若者との交流 / ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)

2009年12月01日

   雪の降る日、ぼだい樹の会戸外行事として福祉学校生徒さんとの交流会を
   開催しました。

   会員さんにとってはお孫さんぐらいの若い学生さんと懇談したり、生徒
   さんによる手浴とハンドマッサージをしてもらったりと楽しい時間を過
   ごしました。

   その後、食堂で昼食会と懇談会を行い、お互いの介護状況・日頃の生活
   などの情報交換を行いました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log253-09-11-30-00.jpg log253-09-11-30-00%20%282%29.jpg
               北海道環境福祉専門学校
       log253-09-11-30-00%20%281%29.jpg

       雪道を町内の北海道環境福祉専門学校内の地域生活支援センター
       「ふれ愛の郷」へ向かいました。

    log253-09-11-30-00%20%2810%29.jpg
    
    施設長の澤谷先生から「ようこそいらしゃいました」と挨拶を頂きました

log253-09-11-30-00%20%289%29.jpg log253-09-11-30-00%20%288%29.jpg
  
  生徒さんの自己紹介と会員さんへの行事手順の説明やぼだい樹の会の
  会員さんと支援者の紹介、会の目的や活動状況を知って頂きました。


log253-09-11-30-00%20%287%29.jpg log253-09-11-30-00%20%286%29.jpg

log253-09-11-30-00%20%284%29.jpg log253-09-11-30-00%20%285%29.jpg
 
 いよいよハンドマッサージ、生徒さんに優しく手浴とマッサージをして
 もらいながら、スキンシップで年代を超えた会話が弾みました。
 おかげさまで、体も心も温かくなりました。

 
     log253-09-11-30-00%20%283%29.jpg

  終了後、生徒さん全員が「ふれ愛の郷」の前で見送ってくれました。

 P.S. この地域生活支援センター「ふれ愛の郷」の活動は、今年度北海道
    「福祉のまちづくりコンクール」に入賞しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
   
    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛
  

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)特別講演会/地元で支える家族介護

2009年09月11日

 ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)では、立命館大学の津止先生をお迎えして
特別講演会を開催致しました。

「地元で支える家族介護」と題してのご講演を頂きましたが、改めて、介護される人
と介護する家族の方のご苦労と、地元での温かな支えがだいじで有るかを教えて
頂きました。

log221-09-09-08-00.jpg

log221-09-09-08-00%20%281%29.jpg

 津止先生は、社会福祉・地域福祉・ボランティアがご専門であると共に
男性介護者と支援者の全国ネットワークの事務局長としてご活躍中です。

log221-09-09-08-00%20%282%29.jpg

私には、ちょっと難しい所もありましたが、介護社会、介護の現状、介護の在り方
など、現場体験を踏まえて分析、今後の指針等をお話し頂きました。
ぼだい樹の会の今後の活動へ向け、活動の方向・支援者の在り方など、とても参考
になりました。

log221-09-09-08-00%20%283%29.jpg

 参加者からの質問に、先生は真剣に答えてくれました。

log221-09-09-08-00%20%284%29.jpg

 情熱的に介護支援を語られる先生、
 
log221-09-09-08-00%20%285%29.jpg

地元の材料を使ったお弁当と、大雪山の伏流水「大雪源水」でお腹も満足でした。


講演終了後、先生と会員さん・支援者による懇談会を開催させて頂きました。

会員さんの体験や支援者の本音のトーク、先生よりの全国の男性介護者の叫びや
感動のお話をして頂き、男性介護者への支援の有り方と共に介護される方・介護
家族・支援者を包み込んだ介護支援活動を地元に根付かせ、皆で支えていく活動
が大切である事を感じました。

ぼだい樹の会は、設立して一年が経ち、会員さんの範囲を、妻のみから、父母や
兄弟など、介護範囲を広げて支援活動を進めています。
とわいえ、ぼだい樹の会は、小さな介護支援グループですので、たいそうな事は
出来ませんが、男性介護者のポストになり、湯たんぽの様な温かな介護を続けて
行きます。


最後に、京都からはるばる大雪山の麓、東川町までお出で頂き、講演を頂きました
津止先生に、お礼申し上げます。

これをご縁に、男性介護者の支援活動のご指導を今後共にお願い申し上げます。

立命館大学 産業社会学部人間福祉学科

津止教授研究室のホームページアドレスです。

http://www.ritsumei.ac.jp/~tsudome/   


良い夫婦の日 ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)総会が開催されました

2009年04月22日

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)春の総会が開かれました。
出席者は、会員さん支援者合わせて18名
開催場所は、NPO地域活動支援センター「かたくり」

今年度の会活動計画の承認後は、支援者さん手作りのお菓子とコヒーを
飲食しながら、介護の思いを全会員さんにお話し頂きました。
その後、奥様へのメッセージ付きのブーケづくり、お楽しみはカラオケと
歌の集いで身も心もリフレッシュ。
最後に、福祉担当の支援者による、介護や生活に直結した事柄の説明を
してもらいました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log157-09-04-22-01.jpg
      支援者さんの手作りのお菓子もならびました。

    log157-09-04-22-02.jpg  log157-09-04-22-02-1.jpg
    91歳の会長さんのご挨拶    会員さんが思いを語ってくれました

log157-09-04-22-03.jpg log157-09-04-22-04.jpg
      奥様へのブーケ作り         カードに愛のメッセージ

              log157-09-04-22-041.jpg
                  奥様を思いながら・・・

            log157-09-04-22-05.jpg
              ブーケが出来上がりました

log157-09-04-22-06.jpg log157-09-04-22-07.jpg
            お楽しみ、歌の集いで盛り上がりました

          log157-09-04-22-08.jpg
      介護や生活に直結した、制度改定や防火器具の助成制度についての説明


何かの巡り合わせか、今日、4月22日は良い夫婦の日でした。

長年介護されている会員さんの奥様への思いが込められたお話には、心を
打たれるものがありました。
 
ブーケに付けるカードのメッセージをちょっとのぞかせてもらいましたが
カードには奥様への感謝の言葉が書かれていらしゃいました。
嬉しくなると共に、感激と元気をもらいました。

               log-157-09-04-22-09.jpg

 東川町社会福祉協議会 小坂会長さんから励ましのお言葉を頂きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

     ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
     問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)運営会議に出席しました。

2009年04月16日

朝は、雪が舞う天気でしたが、その後は真っ青な空になり、大雪の山々もくっきりと
顔を見せてくれました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log153-09-16-01.jpg

夕方、ぼだい樹の会定例運営委員会に出席しました。

定例運営委員会は、毎月一回開催され、支援者が会員さん宅を訪問した時の
状況等を報告、問題等があれば、みんなで話し合い対応しています。

今回は、今年度の総会の実施についてで、参加する方の確認、送迎の対応や
総会の進め方、役割分担などについて打ち合わせをしました。

お楽しみとしては、奥様へのブーケづくりをする事にしました。
可愛い花に奥様への思いをひとことカードに書いて頂く。


log924-07-04-07%5B1%5D.jpg

春、手作りのブーケが、奥様に笑顔の花を咲かせてくれると嬉しいですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
    
log153-09-16-02.jpg

総会の案内状、会員さんへは家庭訪問時にご案内しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛


ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)会員さん訪問

2009年03月18日

ぼだい樹の会の会員さん宅を東川町社会福祉協議会Mさんと伺いました。

奥様は、顔色も良く、ベットの上に座っておられました。
山菜のこと、漬物のことなどを暫くお話ししてくれました。
雪が融けて、山菜が芽吹く頃になったら、車いすで山菜狩りに出かける約束を
しました。

ご主人は、春に向けてハウスのビニール張り、野菜の苗床作りをされており
お元気の様子でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log131-09-03-17-01.jpg
          会員さんのお宅は、この小川の上流です。

log131-09-03-17-02.jpg log131-09-03-17-03.jpg
             会員さんの玄関付近、まだ雪は残っています。


log131-09-03-17-04.jpg log131-09-03-17-05.jpg

帰りに、ご主人手作りの、キャラメルと7種類の野菜を漬け込んだ漬物を頂きました。

log131-09-03-17-06.jpg
      雪融けも進んできましたが、まだ東川町郊外は、雪野原です。

 ご主人が、奥様に作られた、キャラメル(生キャラメルの元祖?)と、漬物のために
 畑で育てた野菜7種類をきざんで漬け込まれた、漬物を頂きました。

 キャラメルは、北海道らしいなめらかな味、漬物は味わい深い美味しいものでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛
    
  

男の料理教室が開催されました / 男性介護者の会

2008年12月03日

男性介護者の会(ぼだい樹の会)と高齢者学級の合同で「男の料理教室」が、
開催されました。
男性介護者の方と高齢者学級の男性の方が講座に参加しました。
料理の作り方は、町の栄養士さんや食生活改善協議会のお姉さま方々から
指導を受けながら、わいわいがやがやと楽しく美味しい料理を作り上げました。

今日の献立は
 具がいっぱいの味噌汁
 スキムDEムニエル
 きゃべつとにらの辛子和え
 レザートはフルーツヨーグルト

参加された皆さん、料理の腕が上がった事と思います。

log072-12-03-00.jpg
 いただきま~す

log072-12-03-01.jpg log072-12-03-02.jpg
 なかなかのお手並みです 

log072-12-03-03.jpg log072-12-03-04.jpg
 出来あがった料理です            完食でーす

 住民福祉課のSさん、Kさん、栄養士さん、食改さん、ありがとうございました。


男性介護者の会の例会で介護体験のお話にちょっと感動しました。

2008年10月14日

 先日、東川町の男性介護者の会(ぼだい樹の会)の例会が開かれました。
東川町で奥様の介護をされている男性18人の方と支援者がこの会の会員です。

 この例会では、茶話会で始り、会員のみなさんから、介護の様子や介護での
ご苦労話、相談事等を積極的にお話しを頂いています。
 介護期間の長い方は20年余り、沢山のご苦労が有った事と思いますが、
にこやかな顔で「楽しく介護してます」と話された時は参加者一同感動でした。
この例会で、会員さん相互の交流や、絆を深める事が出来ました。

 会は、事務局のM女史のさわやかであたたかい司会進行とMKさんの手作りお菓子で、
参加者一同、楽しく、有意義な時間を過ごしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log942-10-09-01.jpg

 例会の場所は、東川町唯一の障がいを持った方が働かれている地域活動支援センター
 「かたくり」で開催させて頂きました。

log942-10-09-02.jpg

      *****************************************************
北海道新聞の記事に「07年度高齢者虐待27人死亡 被害の8割は女性」とあります。

 更に記事の中に「高齢者家族の核家族化が進んで、老老介護など限られた家族だけが
 介護するケースが増え、介護者が悩みをため込んで孤立化する悲劇が続く。地域社会の
 見守りやボランティアの定期的な訪問が大切になってくる・・・・」とありました。

  私たちは、たいそうな事はできませんが、見守りや、介護する方もされる方もホット出来る
 出前活動を進めて行きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆      

   ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)

   問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛
  
 


ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の立ち上げました。

2008年09月23日

東川町の男性介護者を支えるボランティアの会を支援者の方々と立ち上げました。

東川町は人口7,800人程の小さな町ですが、高齢なご主人が奥さまの介護をされている
方がいらしゃいます。
介護をされている男性の皆さん、いろいろな工夫や思いやりで奥さまの介護をされています
が、老老介護には大変なご苦労がある様です。

男性の介護、一般論ですが、ひとりで頑張り過ぎて、思いつめてしまう事があります。
世の中には、男性介護者が精神的に追い込まれた後に、思い余って悲劇につながった事例
が多々報道されています。
ますます高齢化が進む社会、介護は男女の性差無く押し寄せてきます。

ぼだい樹の会は、草の根的会で介護されている男性介護者と支援者がこの町で支えあって
暮らせる様にと立ち上げました。
この会、たいそうな事は出来ませんが、心も体も、ちょっぴりホット出来る出前活動を進めてい
ます。
        
 *町内の男性介護者のみなさんを主役に、ボランティアさん、役所の福祉担当の方、
  保健婦さん、民生委員さん、ヘルパーさん等参加し、仲間の輪を作って運営している
グループです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log887-07-24-01.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
   
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック