« 妻のガーデニング / 春うらら、庭に 水芭蕉の花が咲いた | メイン | 北海道の旬の山菜 /行者ニンニクが食べ頃となりました »

大雪山のお花畑を外来生物から守ろう / 外来蜂の駆除活動をスタート

2013年04月25日

  気温が10℃を超えた。
  いよいよ越冬していた外来生物のセイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)が
  越冬から目覚め活動する季節となった。
 
  セイヨウは日本在来のハチを駆逐、お花畑の生態系を破壊しその結果として
  高山植物の花が枯れてしまう可能性があるので、駆除活動をしている。

  花が咲き、ハチたちの活動と共に私たちも捕獲活動に入る。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log1127-13-04-23-0.jpg

      log1127-13-04-23-2.jpg

          自宅にやって来た、日本在来のオオマルハナ蜂

         log1127-13-04-23-3.jpg

             キトウシ山ではアカマルが活動していた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  まだまだ、咲いている花は少なく気温も低く、ハチたちの活動も緩やかだ。
  この日は、自宅周辺とキトウシ山のエゾエンゴサクとカタクリの群生地を
  監視したが、在来バチの活動は確認できたが、セイヨウの飛来は無かった。


   来月(5月)には、東川町羽衣公園で「大雪山のお花畑を守ろう」と
   セイヨウの捕獲イベントを開催します。
   
   春の女王蜂の捕獲、巣一個分と新女王の発生が防止できるので、ぜひ
   セイヨウを見かけたら捕獲してください。

       log1127-13-04-23-4-3%20%282%29.jpg

        駆除対象の外来生物セイヨウオオマルハナバチ


                  大雪と東川町の自然を守る会
      

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20512

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック