« 春の陽射しが冬将軍の嫉妬雪を解かしてくれました/東川町の春の景色です | メイン | 大雪山麓、湖面の春 / 氷結が融けてさざ波が立っていた »

大雪山のお花畑を守ろう / 外来生物 セイヨウオオマルハナバチを初捕獲

2011年04月21日

    東川町もだいぶ暖かくなり、蜂達の活動温度に近付いてきた。
    4月1日から始めた、外来生物セイヨウオオマルハナバチの監視活動
    エゾエンゴサクが群生する森で、今年、初めて捕獲された。
    いよいよ、越冬していた女王蜂が飛ぶ時期に入った。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log743-11-04-20-00.jpg

       NPO法人ねおす 大雪山自然学校の方々と、捕獲活動を開始

       log743-11-04-20-00%20%281%29.jpg

       log743-11-04-20-00%20%282%29.jpg

log743-11-04-20-00%20%283%29.jpg

 log743-11-04-20-00%20%284%29.jpg log743-11-04-20-00%20%285%29.jpg

          カタクリの花とエゾエンゴサクの花盛りでした。

            log743-11-04-20-00%20%286%29.jpg

     今年、会としては初めて捕獲した外来生物セイヨウオオマルハナバチ
     午前10時、外気温は7℃と寒く、飛来する蜂も少なく、捕獲は1頭
     に留まった。 

log743-11-04-20-00%20%287%29.jpg

        「おじさん、大昔からの友達の花達が外来生物によって
         消えてしまわない様に、頑張ってくれよな~」

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                     大雪と東川町の自然を守る会


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/15437

コメント

外来蜂駆除もう始まったんですね。
地元の花たちを守って下さい。
こうした地道な事が大事なんですね。
大変な作業ですがお願いします。

サンダーソニアMさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

生態系の変化、半世紀~一世紀に亘る変化かもしれません。
諦め無い事が、大事なことだと思います。

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック