« 初夏 / 桜前線は標高1100mの旭岳温泉へたどり着き花を咲かせました | メイン | ゴルフ三昧 / 河川敷でパークゴルフ ・ 白金GCでゴルフを楽しみました。 »

旭岳「山のまつり」でアイヌの方と夏山の安全を祈願しました / 旭岳ファンクラブ

2010年06月25日

  夏山シーズンを迎えて、アイヌの方と夏山の安全を祈願しました。
  いよいよ大雪の山々は登山シーズンに入ります。

  「山のまつり」、旭岳ファンクラブも会場の旭岳青少年野営場に
   クラブブースを設営し、いろいろな体験を企画実施しました。

    ・バードコールとみつろうキャンドルの体験コーナー
    ・安全登山の相談コーナー
    ・カムイの森ウォーク(探索路散策)
    ・登山講座 「死なない登山〝考〝座」

  夜は、アイヌの方の儀式と民謡・踊りを見せて頂き、最後は大きなファイヤーを
  囲んで、アイヌの舞いをみんなで踊り、まつりを終わりました。


log556-10-06-19-00.jpg

  旭岳は、残雪とキバナシャクナゲのコントラストきれいな時期でした。

log556-10-06-19-00%20%281%29.jpg

       会員の皆さんと一緒、ブースの準備が出来ました。

           log556-10-06-19-00%20%282%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%283%29.jpg log556-10-06-19-00%20%284%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%285%29.jpg log556-10-06-19-00%20%286%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%287%29.jpg log556-10-06-19-00%20%288%29.jpg

  山楽舎 BEAR 山岳ガイド 佐久間 弘さん による登山講座と探索路散策を
  行いました。

log556-10-06-19-00%20%289%29.jpg
 
  アイヌ記念館の川村ご夫妻からアイヌ文化をご紹介頂きました。

log556-10-06-19-00%20%2810%29.jpg

           ムプリコロカムイノミ(アイヌの儀式)

log556-10-06-19-00%20%2811%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2812%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2813%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2814%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2815%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2816%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2817%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2818%29.jpg

000
log556-10-06-19-00%20%2823%29.jpg
log556-10-06-19-00%20%2824%29.jpg
log556-10-06-19-00%20%2825%29.jpg

    最後は、大きな炎を囲こみ、アイヌの踊りでまつりの幕を閉じました。


log556-10-06-19-00%20%2819%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2820%29.jpg

log556-10-06-19-00%20%2822%29.jpg

 まつりに参加された皆さん、たいまつ行列を楽しんだり、旭岳温泉のホテルや旅館
 ユースホステルの方々の飲食コーナで鹿肉シチューや石狩鍋・ジンギスカン等等を
 味わいていました。

log556-10-06-19-00%20%2826%29.jpg log556-10-06-19-00%20%2827%29.jpg

 観光協会の浜辺会長さんや東川町松岡町長さんからご挨拶が有りました。


山のまつりは実行委員会方式で開催、旭岳ファンクラブも仲間に入れて頂きました。

 観光協会の職員の方、旭岳温泉のホテルや旅館・ユースホテルの関係者の方々
 ロープウェイ会社の関係者、町の観光担当方々、大雪山自然学校の皆さん他が
 まつりを運営されました。みなさまお疲れ様でした。

まつりに参加された、旭岳ファンクラブの皆様

 計画から準備、当日の運営から後始末まで対応をしてくれました会員の皆様、
 お陰様で楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 それぞれの皆様に、いろいろな仕事をして頂き、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。
 
 おでんを作って差し入れてくれた田上さん、美味しかったですよ。
 
                    旭岳ファンクラブ

   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

      
log556-10-06-19-00%20%2821%29.jpg

 会場から500m程登ると旭岳中腹のお花畑で、そこには高山植物が咲いています。
 お花畑に、外来生物・セイヨウオオマルハナバチを入れてはいけません。

   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12623

コメント

お久しぶりです。いつも美しい北海道を知ることができ嬉しいです!山のまつりはいつか絶対に参加して踊りたいと願っています。こころから願うことっていつか叶うと信じて。縁あって奥多摩の山に囲まれた里に暮らし始めました。じゃがいもさんを見習って皆さんと仲良くそして夫婦仲良くしようと思ってます。いつもありがとうございます。川瀬

川瀬 美智子さま、こんばんは。
山のまつり、いつかお出で頂けると嬉しいです。

そうですか、奥多摩に移られたのですね。
奥多摩の山に囲まれ、素晴らしい生活をされている事と思います。

「奥多摩」懐かしい響きです、昔々、奥多摩湖の更に奥の小菅村に
数年通った事が有り、奥多摩の春夏秋冬を見せてもらいました。

私の移住経験では、地域の方と知り合いになれると、その地での生活に
広がりが出来る様に思えます。

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック